北海道
北海道旅客鉄道 函館本線(はこだてほんせん)
函館
HAKODATE
旭川
ASAHIKAWA
駅一覧へ
上目名
かみめな
目名
熱郛
駅一覧へ
HOME駅のある風景北海道函館本線(駅一覧) > 函館本線 H
蕨 岱
わらびたい
二股
黒松内
201505月撮影
目 名
め な
目名
蘭越
201505月撮影
黒松内
くろまつない
蕨岱
熱郛
201505月撮影
駅舎内の様子。
改札窓口はシャッターが下り、出札・手荷物窓口は掲示スペースになっている。
有人駅時代のまま、改札のラチが残されている。
熱 郛
ねっぷ
黒松内
目名
201505月撮影
明るく清潔な駅舎内。
駅ノートが置かれていた。
下り2番のりば西端(黒松内寄り)から、下り旭川・目名方面を見る。
未訪問
二 股 行
For  FUTAMATA
駅名  蕨岱(わらびたい)
駅構造
 単式ホーム11の地上駅。
 かつては
盛土式相対ホーム2面を有した。
駅舎
 なし。(貨車を改造した待合室を有する)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。  自動券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 なし。

乗車人員  8人/日(1992年度平均)。
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 長万部駅。
発着列車  下り旭川・黒松内方面7本/日、
 上り函館・二股方面7本/日
 の発車があり、普通列車のみ停車する。
主な歴史

 1904年(明治37年)1015
  北海道鉄道の蕨岱駅として開業。
 
1907年(明治40年)71
  北海道鉄道の国有化に伴い、国有鉄道
  (逓信省 帝国鉄道庁)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 1949年(昭和24年)61
  日本国有鉄道(国鉄)に継承。
 1986年(昭和61年)111
  交換設備廃止と同時に無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

所在地
 北海道山越郡長万部町字蕨岱。
接続バス  並行する国道5号線の駅入口付近に
 ニセコバスの『二股』停留所が置かれ、
 黒松内・長万部線が
 長万部駅前-寿都ターミナル間を
 朝夕2往復運行している。
駅周囲
その他
 駅付近に民家は非常に少ない。
 (建物はあるが、人の気配がない)
 かつては駅前に小さな集落があったようで、
 駅から南東へ1km程離れて
 長万部町立蕨岱小学校があったが、
 2001年(平成13年)331日をもって
 閉校となっている。
 国道5号線に面しており、駅前はそこそこの
 交通量はあるが、駅としての秘境度は高い。

 ちなみに、全JRの駅を五十音順に
 並べると最後に来る駅とのこと。
蕨岱駅待合室。
有蓋貨車を改造したものである。
駅名  目名(めな)
駅構造
 2線の交換設備の1線にのみ単式ホームを
 有する。
駅舎
 木造の地上駅舎。
駅前広場  −
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : −。  自動券売機 : −。

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −。 自動販売機 : −。

連絡通路

 −

乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 本社。
管理
 倶知安駅。
発着列車  −
主な歴史

 1904年(明治37年)1015
  北海道鉄道の磯谷(いそや)駅として開業。
 1905年(明治38年)1215
  目名駅に改称。
 
1907年(明治40年)71
  北海道鉄道の国有化に伴い、国有鉄道
  (逓信省 帝国鉄道庁)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 1949年(昭和24年)61
  日本国有鉄道(国鉄)に継承。
 1982年(昭和57年)31
  簡易委託駅となり、無人化。
 1986年(昭和61年)111
  交換設備廃止。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

 1992年(平成4年)41
  簡易委託廃止、完全無人駅化。
 年月日不詳
  交換設備を再度設置。

所在地
 北海道磯谷郡蘭越町目名町。
接続バス  −
駅周囲
その他
 
 未訪問。
 
北海道道265号熱郛白井川線にて西(寿都方面)を見る。
横断歩道を右手へ200m程で駅である。
路線廃止のご案内
寿都鉄道 寿都鉄道線
黒松内 ⇔ 寿都
黒松内駅駅舎。
壁面の建物財産標には、『鉄 本屋1号 昭551月』とある。
上り1番のりば北端(熱郛寄り)から、下り旭川・熱郛方面を見る。
構内跨線橋の通路幅は広めに取られている。
かつては寿都鉄道(私鉄)の乗換駅であり、国鉄時代は、特急『北海』、
急行『ニセコ』が停車したため、多くの乗降客があったと思われる。
駅名  熱郛(ねっぷ)
駅構造
 相対式ホーム22の地上駅。
 (
盛土式ホームを有する)
駅舎
 木造の地上駅舎。
 【黒松内町熱郛ホール】を併設。
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。  自動券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  有り。(駅舎内に併設、出入口はホーム側)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 構内踏切。(警報機:有り、遮断機:なし)

乗車人員  44人/日(1992年度平均)。
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 長万部駅。
発着列車  下り旭川・目名方面7本/日、
 上り函館・黒松内方面7本/日
 の発車があり、普通列車のみ停車する。
主な歴史

 1903年(明治36年)113
  北海道鉄道の熱郛(ねっぷ)駅として開業。
 1904年(明治37年)1015
  歌棄(うたすつ)駅に改称。
 1905年(明治38年)1215
  熱郛駅に再改称。
 
1907年(明治40年)71
  北海道鉄道の国有化に伴い、国有鉄道
  (逓信省 帝国鉄道庁)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 1949年(昭和24年)61
  日本国有鉄道(国鉄)に継承。
 1986年(昭和61年)111
  簡易委託駅化により無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

 1992年(平成4年)41
  簡易委託の廃止により、完全無人化。

所在地
 北海道寿都郡黒松内町字白井川8番地92
接続バス  なし。
駅周囲
その他
 駅前および駅より300m程南の国道5号線
 沿いを中心に集落が形成されている。
 また、国道5号線に面して
  『道の駅くろまつない』 があり、
 当駅からは700m程離れている。
入口部に 【熱郛ホール】 と書かれた熱郛駅駅舎。
壁面の建物財産標には、『鉄 本屋1号 平成212月』とある。
駅名  上目名(かみめな) : 廃駅。
駅構造
 盛土式島式ホーム12の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : −。  自動券売機 : −。

改札  −。
トイレ  −。
駅内店舗

 有人店舗 : −。 自動販売機 : −。

連絡通路

 構内踏切。(警報機 : −、遮断機 : −)

乗車人員  1人/日(1981年度平均)。
管轄
 日本国有鉄道 北海道総局。
管理
 
発着列車  −
主な歴史

 19013(大正2年)921
  国有鉄道(内閣鉄道院)の上目名駅
  として開業。
 1949年(昭和24年)61
  日本国有鉄道(国鉄)に継承。
 
1982年(昭和57年)31
  出札・改札業務を停止し、簡易委託化。
 1984年(昭和59年)331
  利用者僅少に伴い、廃駅。

所在地
 北海道磯谷郡蘭越町字上目名。
 熱郛駅から国道5号線を目名方面へ
 約7.5kmの地点を右折(西)し1.5km程で
 線路を渡り、左(南)へ600mの地点。
接続バス  なし。
駅周囲
その他
 目名峠に近い山中であり、
 駅(跡)付近に民家はない。
すみません! 未訪問です。
大凡の場所はわかっていますので、その内行ってきます
蘭越駅へ
HOME駅のある風景北海道函館本線(駅一覧) > 函館本線 H
 北海道旅客鉄道 函館本線 : 蕨岱駅黒松内駅熱郛駅目名駅蘭越駅
待合室内は大変きれいだ。
壁には駅ノートが下げられている。
ホーム北端(黒松内寄り)から、上り函館・二股方面を見る。
ホーム南端(二股寄り)から、上り函館・二股方面を見る。
当時の航空写真によると、かつてはこのホーム単に構内踏切があり、
相対式ホームが右手に前方に延びていた(千鳥配置)。
また、このホーム先には貨物側線が敷設されていた。
ホーム中程より、上り函館・二股方面を見る。
待合室前より、駅前広場を見る。
駅前を左右(南北)に走っているのは、国道5号線である。
国道の向こうには小さな神社がある。
神社名不明(蕨岱神社?)だが、稲荷神社と思われる。
ホーム北端(黒松内寄り)から、下り旭川・黒松内方面を見る。
左手にかつての交換設備の路盤が残っている。
ホーム中程より、下り旭川・黒松内方面を見る。
ホーム南端(二股寄り)から、駅全景と下り旭川・黒松内方面を見る。
ホーム側から待合室を見る。
右側出入口に喫煙スペースが設けられている。
駅前の国道5号線にて、北側(黒松内方面)を見る。
200m程先で北海道道9号寿都黒松内線が右手へ分岐している。
駅前の国道5号線にて、南側(二股方面)を見る。
横断歩道を右手へ駅である。
駅名  黒松内(くろまつない)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
 盛土式ホーム2面を有する。
駅舎
 S造の地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : 閉鎖。  自動券売機 : なし。

改札  なし。(ラチは残されている)
トイレ  あり。(待合室内)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 構内跨線橋。

乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 長万部駅。
発着列車  下り旭川・熱郛方面7本/日(札幌・小樽行き)
 上り函館・蕨岱方面7本/日(長万部行き)
 の発車があり、普通列車のみ停車する。
主な歴史

 1903年(明治36年)113
  北海道鉄道の黒松内駅として開業。
 
1907年(明治40年)71
  北海道鉄道の国有化に伴い、国有鉄道
  (逓信省 帝国鉄道庁)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 1920年(大正9年)1024
  寿都鉄道開業。
 1949年(昭和24年)61
  日本国有鉄道(国鉄)に継承。
 1972年(昭和47年)511
  寿都鉄道線廃止。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

 
2007年(平成19年)41
  無人駅化。

所在地
 北海道寿都郡黒松内町字黒松内。
接続バス  駅舎前に、ニセコバスの『黒松内駅』
 停留所が置かれ、
 長万部駅−寿都ターミナルを結ぶ
 黒松内・長万部線の運行がある。
 (寿都鉄道線の代替バス路線となっている)
駅周囲
その他
 黒松内町の中心駅であり、
 駅周辺は市街地になっている。
下り2番のりば中程より、上り函館・蕨岱方面を見る。
下り2番のりば北端(熱郛寄り)から、上り函館・蕨岱方面を見る。
下り2番のりば南端(蕨岱寄り)から、下り旭川・熱郛方面を見る。
下り2番のりば北寄り(熱郛寄り)から、上り函館・蕨岱方面を見る。
ホーム右側は上り
3番のりばであるが、駅に掲示の発車時刻表には
現在発着する定期列車の記載はなく、臨時ホーム扱いとなっているようだ。
上り3番のりば南端(蕨岱寄り)から、下り旭川・熱郛方面を見る。
昔の写真や文献によると、かつての寿都鉄道はこの左手に
島式ホームを有し、構内跨線橋にて駅舎側と連絡していた。
現在ではその痕跡はまったく残っていない。
上り1番のりば南端(蕨岱寄り)から、上り函館・蕨岱方面を見る。
上り1番のりば北端(熱郛寄り)から、下り旭川・熱郛方面を見る。
右手の草地は旧貨物側線の路盤であり、旧貨物ホーム上には
倉庫と思われる建造物が建っている。
上り1番のりば駅舎前より、上り函館・黒松内方面を見る。
ホームには方面表示のみで、のりば番号表示はないが、
駅舎内の発車時刻表に、待合室側のホームが1番のりば、
通路を渡った向かい側のホームが2番のりばと書かれている。
上り1番のりば東端(目名寄り)から、上り函館・黒松内方面を見る。
尚、当1番のりばからは、11本のみ、6:51発小樽行き下り列車が発着する。
構内踏切より、上り函館・黒松内方面を見る。
上り1番のりば東端(目名寄り)から、下り旭川・目名方面を見る。
駅舎前より、駅前広場と、南へ延びるメインストリートを見る。
200m程で北海道道265号熱郛白井川線との交差点に出る。
かつて駅前には、『黒松内町役場熱郛支所』が置かれていたが、
現在は国道5号線の『熱郛郵便局』付近に移転している。
北海道道265号熱郛白井川線にて東(目名方面)を見る。
道道は、この先国道5号線に合流している。
横断歩道を左手へ200m程で駅である。
上り1番のりば西端(黒松内寄り)から、下り旭川・目名方面を見る。
すみません! 未訪問です。
その内行ってきます
(廃)
駅舎側の上り1番のりば南端(蕨岱寄り)に残る、旧貨物ホーム。
貨物側線のあった路盤は、既に面影がなくなっている。
駅舎側の上り1番のりば中程にある煉瓦造りの倉庫。
何の表示もないが、かつてのランプ小屋(危険品庫)であろうか。
駅舎前より、駅前広場と駅前通りを見る。
突き当たりの道路案内標識を右(南)へ200m程で
『黒松内町役場』がある。