東日本旅客鉄道 飯山線 : 魚沼中条駅下条駅越後岩沢駅内ヶ巻駅越後川口駅
   HOME駅のある風景甲信越飯山線(駅一覧) > 飯山線 F
甲 信 越
     
豊 野 ⇔ 越後川口
東日本旅客鉄道 飯山線(いいやません)

 
駅一覧へ

 


           
         
駅名  魚沼中条(うおぬまなかじょう)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
駅舎
 西口に鉄骨造の地上駅舎。
 (駅出入口は西口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 なし。

乗車人員  −
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 十日町駅。
発着列車  上り 長野・十日町方面 10本/日
 下り 越後川口・下条方面 10本/日
主な歴史

 1927年(昭和2年)1115
  飯山鉄道十日町線の魚沼中条駅
  として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1970年(昭和45年)101
  簡易委託駅化。
 1978年(昭和53年)102
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。

所在地
 新潟県十日町市中条。
接続バス  駅西側100m程を並行する国道117号線
 沿いに『中条』停留所が置かれ、
 ・越後交通
  小千谷車庫前-岩沢-十日町車庫前線
  長岡駅前-小千谷経由-十日町車庫線
 ・越後柏崎観光バス
  十日町循環線2系統
 が運行されている。

 バス停は駅前から200m強(徒歩3分)程
 離れている。
駅周囲
その他
 駅前は田畑と住宅が混在している。
 駅から東へ400m程離れて並行する新潟
 県道461号線と駅西側の国道117号線に
 沿って細長い集落が形成されている。
   
   
   
   
   
201011月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
      魚沼中条駅駅舎。
駅前には大きな銀杏の木が
2本あり、訪問時は落葉の絨毯が出来ていた。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  駅舎内の様子。 狭いが小綺麗に管理されている。
『善意の傘』が置かれていた。
     
       
             
       
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム駅舎前より、上り長野・下条方面を見る。
痕跡はないが、かつて線路右手には相対式ホームがあったとのこと。
 
   
     
      ホーム南端(十日町寄り)から、下り越後川口・十日町方面を見る。
     
       
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム北端(下条寄り)から、上り長野・下条方面を見る。
線路脇には、起点の豊野駅からの78.5キロポストが建っている。
 
   
     
      ホーム北端(下条寄り)から、下り越後川口・十日町方面を見る。
     
         
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホームより駅名標と駅舎を見る。
壁面の建物財産標には、平成912月、『待合所』と標記されている。
 
   
     
      ホーム北側(下条寄り)には旧貨物ホームと思われる跡が残る。
(写真右側)
     
         
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅前のメインストリートである新潟県道179号魚沼中条停車場線。
100m程で国道117号線に突き当たる。
   
     
       

 

 

 



           
         
駅名  下条(げじょう)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
駅舎
 西口に鉄骨造の地上駅舎。
 (駅出入口は西口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 なし。

乗車人員  −
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 十日町駅。
発着列車  上り 長野・魚沼中条方面 10本/日
 下り 越後川口・越後岩沢方面 10本/日
主な歴史

 1927年(昭和2年)1125
  飯山鉄道十日町線の下条駅
  として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1982年(昭和57年)111
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。

所在地
 新潟県十日町市下条。
接続バス  駅西側60m程を並行する国道117号線
 沿いに『下条公民館』停留所が置かれ、
 ・十日町市営バス
  二子-(漉野・下条中)-みよしの湯線
 が運行されている。
 バス停は駅前から100m程離れている。
 また、同じく国道117号線沿いに
 『下条』停留所が置かれ
 ・越後交通
  小千谷車庫前-岩沢-十日町車庫前線
  長岡駅前-小千谷経由-十日町車庫線
 が運行されている。

 バス停は駅前から200m程離れている。
駅周囲
その他
 駅西側を国道117号線が並行しており、
 更にその西側800m程を信濃川が流れて
 いる。
 集落は駅西側の国道117号線に沿って
 細長く形成されている。
 また信濃川を中心に田園が広がっている。
 駅東側にも田畑や集落があるが、500m
 で山林となる。
   
   
   
   
201011月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      1997年(平成9年)1月築の下条駅駅舎。  魚沼中条駅の駅舎と
類似しているが、屋根の傾斜や内部が少し異なっている。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  駅舎内の様子。
自動券売機や乗車駅証明書発行機の設置はない。
     
       
         
       
       
       
         
         
         
   
   
   
   
   
  ホーム北端(越後岩沢寄り)から、上り長野・越後岩沢方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
      ホーム南端(魚沼中条寄り)から、
下り越後川口・魚沼中条方面を見る。
     
       
   
   
   
   
   
  ホームの駅舎前付近より、長野・越後岩沢方面を見る。
わかりにくいが、線路右手に旧相対ホームが草に埋もれて残っている。
 
   
     
   
   
   
   
      ホーム北寄り(越後岩沢寄り)から、
下り越後川口・魚沼中条方面を見る。
     
         
   
   
   
   
   
     
     
     
     
     
     
     
        駅前のメインストリート、新潟県道178号山ノ相川下条停車場線。
突き当たりを国道117号線が左右(南北)に走っている。
       
           

 

 

 



           
         
駅名  越後岩沢(えちごいわさわ)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
駅舎
 北口に木造の地上駅舎。
 (駅出入口は北口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 なし。

乗車人員  −
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 十日町駅。
発着列車  上り 長野・下条方面 10本/日
 下り 越後川口・内ヶ巻方面 10本/日
主な歴史

 1927年(昭和2年)615
  飯山鉄道十日町線の越後岩沢駅
  として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。
 1993年(平成5年)101
  無人駅化。

所在地
 新潟県小千谷市大字岩沢。
接続バス  駅北側250m程を並行する国道117号線
 沿いに『岩沢駅前』停留所が置かれ、
 ・越後交通
  小千谷車庫前-岩沢-十日町車庫前線
  長岡駅前-小千谷経由-十日町車庫線
 が運行されている。

 バス停は駅前から270m程離れている。
駅周囲
その他
 駅と国道117号線の間に一般道が並行
 しており、集落は一般道に沿って形成
 されている。
 また駅南側には山林が近い。
   
   
   
   
201011月撮影    
       
       
       
       
       
       
      開業当初からの木造駅舎が残る。
建物財産標には、昭和
212月とある。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  駅舎内は待合室専用になっており、
出札窓口跡等はわからないようにリフォームされている。
     
       
         
       
       
       
         
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム西端付近(下条寄り)から、下り越後川口・内ヶ巻方面を見る。
右手に旧島式ホームが残っている。
 
   
     
   
      ホーム西端付近(下条寄り)から、上り長野・下条方面を見る。
ホームには昔ながらの白線が引かれている。
     
       
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
      ホームの駅舎前付近より、下り越後川口・内ヶ巻方面を見る。
右ホームに階段跡が残り、当ホームに階段を埋めた跡が見える。
駅舎に近いこともあり、構内踏切跡と思われるが、階段幅が狭く
旅客用なのか職員用なのかの判断は難しい。
  ホーム東端付近(内ヶ巻寄り)から、下り越後川口・内ヶ巻方面を見る。
起点である豊野駅からの88.1キロプレートが枕木上に設置されている。
   
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  駅舎には古い駅名標が残されている。  
   
     
   
   
      駅舎西側に貨物ホーム跡が残っており、
貨物側線は横取り線として残っている。
尚、撮影立ち位置後ろに車両格納庫がある。
     
         
     
       
     
         
     
     
  駅前のメインストリート、新潟県道177号岩坂停車場芋坂線。
突き当たりを国道117号線が左右(東西)に走っている。
   
     
       

 

 

 

 

 

           
         
駅名  内ヶ巻(うちがまき)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
駅舎
 北口に鉄骨造の地上駅舎。
 (駅出入口は北口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 なし。

乗車人員  −
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 十日町駅。
発着列車  上り 長野・越後岩沢方面 10本/日
 下り 長岡・越後川口方面 10本/日
主な歴史

 1927年(昭和2年)615
  飯山鉄道十日町線の内ヶ巻駅
  として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1970年(昭和45年)1129
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。

所在地
 新潟県小千谷市大字川井。
接続バス  駅から西へ300m程の新潟県道196
 川口岩沢線沿いに『内ヶ巻駅前』停留所が
 置かれ、
 ・
越後柏崎観光バス
  小千谷〜川井〜南中学校線
 が運行している。
駅周囲
その他
 駅前広場は、新潟県道71号小千谷川口
 大和線に接しているが、内ヶ巻集落からは
 500m程離れており、最寄りの商店からも
 200m程の距離がある。
 駅前から見える民家は非常に少なく、
 集落や民家は見通せないため、
 非常に寂しい環境にある。
 駅南側には山林が迫っており、北側は
 小さな山林を挟んで広大な田園地帯と
 なっている。
   
   
   
   
201011月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      1997年(平成9年)1月築の内ヶ巻駅舎。
下条駅とは財産登録年月も同じであり、同一設計と思われる。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  駅舎も下条駅とほぼ同一。
ベンチの向きが異なっているが・・・。
     
       
         
       
       
       
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム東端(越後川口寄り)から、下り越後川口方面を見る。  
   
     
   
      ホームの駅舎前より、上り長野・越後岩沢方面を見る。
ガードパイプによってホームが狭められている。
     
       
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム西端(越後岩沢寄り)から、下り越後川口方面を見る。
ホーム西端にはガードパイプで囲まれた小スペースがあるが、
何のスペースかは、よくわからなかった。
 
   
     
   
      ホーム東寄り(越後川口寄り)から、上り長野・越後岩沢方面を見る。
痕跡はないが、かつては相対式ホームがあったとのこと。
     
         
   
   
   
   
   
   
   
   
  駅前を通る、新潟県道71号小千谷川口大和線の内ヶ巻集落方向
(西側)を見る。 民家が1軒見えるが、見通しが悪く集落は見えない。
 
   
     
     
        フレームが歪んだ駅名標。
工事で重機か何かをぶつけた?
       
           

 

 

 




 
乗換のご案内
JR東日本 上越線
高崎 ⇔ 宮内
 
 
   
 
   
201011月撮影  
駅名  越後川口(えちごかわぐち)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
駅舎
 南口にコンクリート構造の地上駅舎。
 (駅出入口は南口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 業務委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(7:0017:20)。
 券売機 :
自動券売機。

改札  有人改札。
トイレ  あり。(改札内)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : 飲料。

連絡通路

 構内地下通路。

乗車人員  188人/日(2009年度平均)。
 216人/日(2008年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 長岡駅。
発着列車 <上越線>
 上り 越後湯沢方面 16本/日(3番のりば)
 下り 長岡方面 18本/日(2番のりば)
<飯山線>
 上り 長野方面 10本/日(1番のりば) 
主な歴史

 1921年(大正10年)85
  国営鉄道(鉄道省)上越北線(現上越線)
  の越後川口駅として開業。
 1927年(昭和2年)615
  飯山鉄道十日町線(現飯山線)開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化。
  (運輸通信省鉄道総局)
 1970年(昭和45年)1129
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。
 2009年(平成21年)41
  業務委託駅化。

所在地
 新潟県長岡市東川口693-1
接続バス  駅の南側を走る国道17号線沿いに
 『川口駅角』停留所が置かれ
 ・越後柏崎観光バス
   小千谷〜川井〜南中学校線
 ・南越後観光バス
   小出〜川口〜小千谷線
 の運行がある。
 駅からは350m程離れている。
駅周囲
その他
 駅南側を魚野川が流れており、
 駅との間に市街地が形成されている。
 旧北魚沼郡川口町の中心駅であった。
 2004年(平成16年)1023日に発生した
 新潟県中越地震の被災駅である。

 飯山線終点の車止めはなく、線路は
 そのまま上越線の長岡方面へ乗り入れ
 が可能な配線になっている。
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
        越後川口駅駅舎。
市街地の北端に位置する。
       
           
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  駅入口を入ると、正面に改札口(ラチはない)、右手に待合室、
左手にみどりの窓口、タッチパネル式自動券売機がある。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  改札を入ると右手にトイレがあり、
正面に地下通路が続いている。
 
   
           
   
   
   
   
   
    飯山線1番のりば東端(内ヶ巻寄り)から、地下通路への階段を見る。
右手に職員用通路が延びており、駅舎
2階へ通じている。
   
     
   
   
   
   
  飯山線1番のりば西端より、上越線の長岡・小千谷方面を見る。
飯山線の車止めはなく、線路はこの先上越線の下り線に乗り入れている。
 
   
           
   
   
   
   
   
    1番のりば東端(内ヶ巻寄り)から、上り長野・内ヶ巻方面を見る。
階段脇に中継信号機が設置されている。
   
     
   
   
   
   
  飯山線の駅名標。
長岡まで乗入れる列車もあり、次駅は上越線の小千谷駅になっている。
 
   
           
   
   
   
   
   
   
    1番のりば西端より、上り長野・内ヶ巻方面を見る。
1番のりばは飯山線の専用ホームになっている。
   
     
   
   
  駅舎前より南へ延びるメインストリートは
新潟県道
197号向山越後川口停車場線で、
この先
300mほどで国道17号線(三国街道)に突き当たる。
 
   
   
     
   
   
   
   
   
    駅舎西側にある切り欠きホーム跡。
飯山線の
1番のりばに隣接しており、旧貨物ホームと思われる。
   
     

                 
           
   
  越後川口駅西側の県道71号線跨線橋付近より、
飯山線の上り長野・内ヶ巻方面(南側)を見る。
越後川口駅を出た飯山線は南側へ大きく方向を変え魚野川を渡って行く。
  左写真の撮影立ち位置より、越後川口駅方向(東側)を見る。
右から飯山線、左から上越線が並行合流し越後川口駅へ向かっている。

 

 

 

 

 

 


飯山線終点

 

 HOME駅のある風景甲信越飯山線(駅一覧) > 飯山線 F