東日本旅客鉄道 飯山線 : 越後鹿渡駅越後田沢駅越後水沢駅土市駅十日町駅
   HOME駅のある風景甲信越飯山線(駅一覧) > 飯山線 E
甲 信 越
     
豊 野 ⇔ 越後川口
東日本旅客鉄道 飯山線(いいやません)

 
駅一覧へ

 

 

           
         
駅名  越後鹿渡(えちごしかわたり)
駅構造
 島式ホーム11線の地上駅。
 盛土式ホームを有し、駅舎側の1線は
 廃されている。
駅舎
 北口にS造の地上駅舎。
 (駅出入口は北口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 なし。

乗車人員  −
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 十日町駅。
発着列車  上り 長野・津南方面 8本/日
 下り 越後川口・越後田沢方面 8本/日
主な歴史

 1927年(昭和2年)116
  飯山鉄道十日町線の越後鹿渡駅
  として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1982年(昭和57年)111
  簡易委託駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。
 1998年(平成10年)41
  無人駅化。

所在地
 新潟県中魚沼郡津南町大字三箇。
接続バス  駅の北を並行する国道353号線沿いに
  『鹿渡駅角』停留所 : 駅から100m
  運行:南越後観光バス
  ・津南小学校-津南病院-津南駅前
   -鹿渡新田線
 『石原橋』停留所 : 駅から2,000m
  運行:南越後観光バス
  ・(急行)湯沢-津南-森宮野原駅線  
 の運行がある。
駅周囲
その他
 駅を中心に小集落が形成されている。
 また、駅前に鹿渡温泉がある。
   
   
   
   
20165月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      越後鹿渡駅駅舎。
壁面の建物財産標には、待合所 平成
1412S造と標記されている。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  ウッディーな雰囲気がただよう駅舎内。
床には点字ブロックが埋め込まれているが、
残念ながらホームには施工されていない。
     
       
       
       
       
       
       
         
         
         
   
   
   
  ホーム西端(津南寄り)の線路脇から、駅全景と
下り越後川口・越後田沢方面を見る。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
      ホーム西端(津南寄り)から、上り長野・津南方面を見る。
4両編成列車に対応のため、ホーム端は桁式ホームにて
延長(増設)されている。
     
     
   
   
   
  駅舎脇から、下り越後川口・越後田沢方面を見る。
島式ホームの駅舎側の線路は廃されており、路盤は遊休地となっている。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
      ホーム中程の上屋下付近より、上り長野・津南方面を見る。
     
         
   
   
   
  ホーム東端(越後田沢寄り)から、下り越後川口・越後田沢方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
   
      ホーム東端(越後田沢寄り)の線路脇から、駅全景と
上り長野・津南方面を見る。
     
         
   
   
   
     
   
     
   
   
   
   
   
   
      ホーム東端(越後田沢寄り)から、線路の廃された路盤と
上り長野・津南方面を見る。
     
         
   
   
   
  駅舎前より北へ延びるメインストリート。
突き当たりを左右(東西)に国道353号線が走っている。
また、写真右手奥に鹿渡温泉がある。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
      国道353号線にて西側(津南方面)を見る。
道を左に入ると駅である。
わかりにくいが、道路左側の電柱脇に
南越後観光バスの 『鹿渡駅角』バス停がある。
     
     
     
         
         
  国道353号線にて東側(越後田沢方面)を見る。
道を右に入ると駅である。
       
         
           

 

 

 



           
         
駅名  越後田沢(えちごたざわ)
駅構造
 島式ホーム12線の地上駅。
 盛土式ホームを有し、駅舎側ののりばには
 フェンスが設置されている。
駅舎
 東口に地上駅舎。
 (駅出入口は東口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  あり。(駅舎内に男女別・身障者用あり)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。
 (駅前にコンビニあり)

連絡通路

 構内踏切。(警報機 : なし、遮断機 : なし)

乗車人員  −
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 十日町駅。
発着列車  上り 長野・越後鹿渡方面 8本/日
 下り 越後川口・越後水沢方面 8本/日
主な歴史

 1927年(昭和2年)116
  飯山鉄道十日町線の越後田中駅
  として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。
 1990年(平成2年)41
  簡易委託駅化。
 1993年(平成5年)41
  無人駅化。

所在地
 新潟県十日町市田中。
接続バス  駅の東を並行する国道117号線沿いに
 『中里支所前』停留所 : 駅から450m
  運行:南越後観光バス
  ・十日町-中里-津南-源内山線
  ・十日町駅前-ジャスコ-土市駅前-宮中
  -中里-倉俣-田代線
 『山崎』停留所 : 駅から700m
  運行:南越後観光バス
  ・(急行)湯沢-津南-森宮野原駅線  
 の運行がある。
駅周囲
その他
 駅前および、駅西側の国道117号線を
 中心に街が形成されている。
 旧中魚沼郡中里村の中心駅である。
   
   
   
   
20165月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      越後田沢駅駅舎。
郵便ポストの右側が駐輪スペース、左側がトイレになっている。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  ウッディーな雰囲気がただよう駅舎内。
待合ベンチは3人分のみ。
     
       
         
       
       
       
       
         
         
         
   
   
   
  ホーム南端(越後水沢寄り)から、駅舎・構内踏切と
下り越後川口・越後水沢方面を見る。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
      駅舎前から、ホーム全景・構内踏切と
上り長野・越後鹿渡方面を見る。
     
       
   
   
   
  ホーム中程から、下り越後川口・越後水沢方面を見る。
島式ホームの駅舎側は側線となっており、列車の発着がないため
のりばにはフェンスが設置されている。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
      ホーム中程の上屋下より、上り長野・越後鹿渡方面を見る。
     
         
   
   
   
  ホーム北端(越後鹿渡寄り)の線路脇から、
下り越後川口・越後水沢方面を見る。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
      ホーム北端(越後鹿渡寄り)から、上り長野・越後鹿渡方面を見る。
     
         
   
   
   
     
   
     
   
   
   
   
   
   
       
     
         
         
         
         
  駅舎前より東へ延びるメインストリートは、国道353号線である。
写真右手奥には、コンビニがある。
       
         
           

 

 

 

 



           
         
駅名  越後水沢(えちごみずさわ)
駅構造
 島式ホーム11線の地上駅。
 盛土式ホームを有し、駅舎側の1線は
 廃されている。
駅舎
 西口に鉄筋コンクリート造の地上駅舎。
 (駅出入口は西口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 なし。

乗車人員  −
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 十日町駅。
発着列車  上り 長野・越後田沢方面 8本/日
 下り 越後川口・土市方面 8本/日
主な歴史

 1929年(昭和4年)91
  飯山鉄道十日町線の越後水沢駅
  として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。

所在地
 新潟県十日町市馬場。
接続バス  なし。
駅周囲
その他
 駅前および、駅西側の国道117号線を
 中心に集落が形成されている。
   
   
   
   
20165月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      越後水沢駅駅舎。
壁面の建物財産標には、待合所 平成
1009RC造と標記されている。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  駅舎内にてプラットホーム方向を見る。
壁から『駅ノート』が下がっている。
     
       
           
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  駅舎前からホームを見る。 ホームは島式ホームの1線を廃して使用され、
駅舎はその線路を廃した跡に建てられている。
    ホーム南端(越後田沢寄り)から、上り長野・越後田沢方面を見る。
     
           
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム中程から、下り越後川口・土市方面を見る。     ホーム北端(土市寄り)から、上り長野・越後田沢方面を見る。
     
           
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム北端(土市寄り)から、下り越後川口・土市方面を見る。     ホーム北端(土市寄り)から、線路の廃された路盤と
上り長野・越後田沢方面を見る。
     
           
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム南端(越後田沢寄り)から、下り越後川口・土市方面を見る。
季節観光列車 『快速おいこっと』 が運転停車している。
       
         
           
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  長野⇔十日町間を走る、季節観光列車 『快速おいこっと』
車両は、キハ110-235236
    駅舎前より、西へ延びる駅前通りを見る。
200m程で国道117号線に突き当たる。
     
           

 

 

 

 



           
         
駅名  土市(どいち)
駅構造
 島式ホーム11線の地上駅。
 盛土式ホームを有し、駅舎側の1線は
 廃されている。
駅舎
 東口に鉄筋コンクリート造の地上駅舎。
 (駅出入口は東口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 なし。

乗車人員  −
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 十日町駅。
発着列車  上り 長野・越後水沢方面 8本/日
 下り 越後川口・十日町方面 8本/日
主な歴史

 1929年(昭和4年)91
  飯山鉄道十日町線の土市駅として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1982年(昭和57年)111
  簡易委託駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。
 1991年(平成3年)
  無人駅化。

所在地
 新潟県十日町市新宮。
接続バス  駅から東へ200m程を並行する国道117号線
 の土市交差点付近に沿いに、
 『土市駅前』停留所が置かれ、
 ・南越後観光バス
  十日町-中里-津南-源内山線
  十日町駅前-ジャスコ-土市駅前-宮中
  -中里-倉俣-田代線
 の2系統が運行している。
駅周囲
その他
 駅前は住宅地となっており、駅東側の
 
国道117号線を中心に街が形成されている。
 駅の西約1kmには信濃川が流れる。
 駅から信濃川までは田園地帯となっている。
   
   
   
   
201011月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      土市駅駅舎。 市街地の西端にある。
壁面の建物財産標には平成
1212RC造と標記されている。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  駅舎内はきれいに管理されている。
撮影立ち位置後ろには、『駅ノート』や『善意の傘』が置かれている。
     
       
         
       
       
       
       
         
         
         
   
   
   
   
   
  駅舎前からホームを見る。 ホームは島式ホームの1線を廃して使用され、
駅舎はその線路を廃した跡に建てられている。
撮影立ち位置は、旧構内踏切であろう。
 
   
   
     
   
   
   
      駅舎前から、下り越後川口・十日町方面を見る。
     
       
   
   
   
   
   
   
  ホーム中程から、上り長野・越後水沢方面を見る。  
   
     
   
   
   
      ホーム南側(越後水沢寄り)から、下り越後川口・十日町方面を見る。
     
         
   
   
   
   
   
   
  ホームより駅名標と駅舎を見る。  
   
     
   
   
   
      ホーム南寄り(越後水沢寄り)から、廃線跡と駅舎方向を見る。
右手に残るのは旧貨物ホームであろうか。
     
         
         
         
         
         
         
         
  駅前のメインストリートは、新潟県道285号姿土市停車場線である。
駅前は住宅地だ。
       
         
           

 

 

 




 
乗換のご案内
北越急行 ほくほく線
(越後湯沢)六日町 ⇔ 犀潟(直江津)
 
 
   
 
   
201010月撮影  
駅名  十日町(とおかまち)
駅構造
 <JR飯山線>
  単式ホーム11線、島式ホーム12線、
  計23線の地上駅。
 <ほくほく線>
  島式ホーム12線の高架駅。
駅舎
 <JR飯山線> : 東口
  コンクリート構造の地上駅舎。 
 <ほくほく線> : 西口
  コンクリート構造の地上駅舎
駅前広場  東口・西口共、ロータリーあり。
管理形態
 <JR飯山線> : 社員配置。
 <ほくほく線> : 社員配置。
きっぷ
うりば

 <JR飯山線>
  出札窓口 : みどりの窓口(5:3020:30)、
  券売機 : 自動券売機。
 <ほくほく線>
  出札窓口 : あり、
  券売機 : 自動券売機。

改札  <JR飯山線> : 有人。
 <ほくほく線> : 有人。
 <乗換改札> : 有人。
トイレ  あり。(改札外)
駅内店舗

 <JR飯山線> : 東口側
  有人店舗:なし。 自動販売機:飲料。
 <ほくほく線> : 西口側
  有人店舗:駅そば、売店。
  自動販売機:飲料。

連絡通路

 構内跨線橋、東西自由地下通路

乗車人員  <JR飯山線>
  624人/日(2009年度平均)。
  635人/日(2008年度平均)。
管轄
 <JR飯山線>
  東日本旅客鉄道 新潟支社。
 <ほくほく線>
  北越急行
管理
 <JR飯山線> : JR十日町駅。
 <ほくほく線> : 北越急行十日町駅。
発着列車  −
主な歴史

 <JR飯山線> : 社員配置。
  1927年(昭和2年)1115日。
 <ほくほく線>
  1997年(平成9年)322日。

所在地
 <JR飯山線>
  新潟県十日町市丑256-2
 <ほくほく線>
  新潟県十日町市丑251-7
接続バス  <東口:飯山線側>
  駅前に『十日町駅前』停留所
   運行:越後柏崎観光バス
   ・十日町循環線
   ・十日町-上野-仙田-室島-小白倉線
   ・小千谷-妻有大橋-十日町線
 <西口>
  駅前から西へ300m離れて
   『十日町駅西口入口』停留所
   運行:越後交通
   ・小千谷車庫前-岩沢-十日町車庫前線
駅周囲
その他
 十日町町の中心駅であり、エントランスは
 東口(JR側)となっている。
 大型の商業施設はないが、長いアーケードを
 持つ大きな商店街が形成されている。
 また、西口(北越急行側)は住宅街であり、
 駅から1kmほどに大型のショッピング
 センターがある。
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
        東口のJR東日本・十日町駅駅舎。
1965年(昭和40年)12月築であり、西口駅舎に対して古さは否めない。
平屋部の奥にほくほく線高架ホームの上屋が見えている。
       
       
           
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  駅舎内の様子。 正面に改札口(ラチなし)、
左手にみどりの窓口と自動券売機、右手奥に待合室がある。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  上り1番のりば北寄り(土市寄り)から、上り長野・土市方面を見る。
正面の跨線橋は、隣の
23番のりばからほくほく線改札へと繋がる。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  下り3番のりば北寄り(土市寄り)から、上り長野・土市方面を見る。
右手(西側)はほくほく線の高架である。
 
   
           
   
   
   
   
   
    上り1番のりば中程より、下り越後川口・魚沼中条方面を見る。
   
     
   
   
   
   
     
   
           
   
   
   
   
   
    下り3番のりば南端(魚沼中条寄り)から、
下り越後川口・魚沼中条方面を見る。
   
     
   
   
   
   
  JR構内の跨線橋を渡ると、ほくほく線の西口改札口がある。
ラチはなく、改札窓口のみ設けられている。
 
   
           
   
   
   
   
   
   
    東口駅舎前より、ロータリーを見る。
正面に延びるメインストリートは、新潟県道327号十日町停車場線で
アーケードが続く商店街になっている。
   
   
     
   
   
  JRの東口側から、ほくほく線の西口側へは自由地下通路がある。  
   
   
     
   
   
   
   
   
    西口の北越急行十日町駅舎。
1997年(平成9年)3月築。 駅のロゴマークも北越急行のみで
JRのロゴマークはない。 大きなロータリーとパーキングがある。
   
     

 

 

 

 

 

 


魚沼中条駅へ

 

 HOME駅のある風景甲信越飯山線(駅一覧) > 飯山線 E