北海道旅客鉄道 石勝線 A  : 滝ノ上駅十三里信号場新夕張駅楓信号場、オサワ信号場
HOME駅のある風景北海道石勝線(駅一覧) > 石勝線 A
北  海  道
     
南 千 歳  ⇔  新  得
北海道旅客鉄道 石勝線(せきしょうせん)

 
駅一覧へ




               
       
駅名  滝ノ上(たきのうえ)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
駅舎
 線路北側に木造の地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  あり。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。
 ※駅前商店に飲料とタバコの自販機あり。

連絡通路
 構内跨線橋兼南北自由通路。
乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 新夕張駅。
発着列車  下り 新夕張・夕張行き方面 6本/日
 上り 千歳・追分方面 9本/日
  ※特急列車はすべて通過する。
主な歴史

 1897年(明治30年)216
  北海道炭礦鉄道の滝ノ上駅として開業。
 1906年(明治39年)101
  鉄道国有法により、国有鉄道
  (逓信省札幌鉄道作業局出張所)に移管。
 1981年(昭和56年)525
  貨物・荷物扱い廃止。無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。

所在地
 北海道夕張市滝ノ上14
接続バス  駅前を通る国道274号線に、『滝の上駅前』
 停留所があり、夕鉄バス(夕張鉄道)により、
 ・オソウシ入口〜中学校前
 ・滝の上線(滝ノ上駅前)
 ・中学校前〜オソウシ入口
 の3系統が運行されている。
駅周囲
その他
 ホームの両端には分岐器があり、スノーシェッド
 で覆われている。
 駅舎・ホームの構造共に、隣の川端駅と
 同設計のようである。
 滝ノ上地区の中心駅であるが、滝ノ上集落
 自体は比較的小さい。
 
 
20087月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      滝ノ上駅駅舎。
     
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  下りホーム東端付近(十三里寄り)から、下り新得・十三里方面を見る。    
     
       
     
     
     
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
     
   
     
     
     
      下りホーム東端付近(十三里寄り)から、上り南千歳・川端方面を見る。
     
       






               
       
駅名  十三里信号場(とみさとしんごうじょう)
駅構造
 2線の信号場。
駅舎
 なし。
駅前広場  なし。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 なし。
乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 −
発着列車  −
主な歴史

 1962年(昭和37年)1225日。
  日本国有鉄道の十三里駅として開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
 2016年(平成28年)326
  利用者減少により信号場化。

所在地
 北海道夕張市紅葉山21
接続バス  駅前を通る国道274号線に、『十三里駅前』
 停留所があり、夕鉄バス(夕張鉄道)により、
 ・オソウシ入口〜中学校前
 ・滝の上線(滝ノ上駅前)
 ・中学校前〜オソウシ入口
 の3系統が運行されているが、本数は少ない。
駅周囲
その他
 駅周囲には民家(夕張メロン農園)が1
 見えるのみである。
 
 
201610月撮影  
   
     
     
     
     
     
     
     
     
      駅前を通る国道274号線より、旧駅(現信号場)入口部を見る。
信号場はフェンスで一般の立入が制限されている。
信号設備室の扉右側の白い部分に、かつて駅名標が掲げられていた。
     
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  旧駅入口部を拡大して見る。
かつては線路際のアスファルトの部分に、
ホームへの昇降階段が設けられていた。
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    信号設備室を東側から見る。
   
  かつて構内跨線橋があった付近から、下り新得・新夕張方面を見る。
スノーシェッド内に、旧来の下り出発信号機が見える。
   
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    フェンスの隙間より、上り南千歳・滝ノ上方面を見る。
信号設備室前のホーム上には、かつて跨線橋の
出入口部分を利用したが待合室があった。
   
  信号場前を通る国道274号線より東側(新夕張方面)を見る。
スノーシェルターの先を道東自動車道がオーバーパスしている
 
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    スノーシェルター脇より、上り南千歳・滝ノ上方面を見る。
上り側分岐器のスノーシェルターが小さく見えている。

かつて駅があったとは思えない程、痕跡がなくなっている。
  信号場向かいにある夕張メロン農場。
見渡す限り、民家は非常に少ない。
 
   
       
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    信号場前を通る国道274号線より東側(新夕張方面)を見る。
国道沿いに民家は見えないが、脇道の奥に数軒の民家があるようだ。
   
     
     
     
     
     
  信号場前にある、夕張バス『十三里駅前』停留所。
1日に数本の発着がある。
   
     
       
       
 
       
       
 
信 号 場 化 前 の  【 十 三 里 駅 】
 
      20087月撮影
           
           
     
駅名  十三里(とみさと)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
 桁式ホームを有する。
駅舎
 なし。
駅前広場  なし。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 構内跨線橋。
 ※跨線橋のホーム側階段口は簡易待合室と
   なっており、昇降口には扉が設置されている。
乗車人員  5人/日(1998年度平均)
 0.4人/日(20092014年度平均)
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 新夕張駅。
発着列車  下り 新夕張・夕張方面 5本/日
 上り 千歳・追分方面 7本/日
  ※特急列車は通過、普通列車も1部通過。
主な歴史

 1962年(昭和37年)1225日。
  日本国有鉄道の十三里駅として開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。

所在地
 北海道夕張市紅葉山21
接続バス  駅前を通る国道274号線に、『十三里駅前』
 停留所があり、夕鉄バス(夕張鉄道)により、
 ・オソウシ入口〜中学校前
 ・滝の上線(滝ノ上駅前)
 ・中学校前〜オソウシ入口
 の3系統が運行されているが、本数は少ない。
駅周囲
その他
 三つ隣の東追分駅と同一構造の駅で、跨線橋
 の階段口は簡易待合室になっており、
 昇降口には扉が設置されている。
 駅は国道274号線に面しており、周囲は農園や
 民家が点在するレベルで少し寂しさが漂う。
 「とみさと」の駅名は、聞けばなるほどであるが、
 初見で読める人は少ないのではないだろうか。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅入口の駅名標のかかる建物は、駅舎ではなく、設備室である。    
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  上りホーム跨線橋階段脇付近より、上り新夕張、新得方面方面を見る。
跨線橋出入口部分には小さな待合室がある。
   
     
       
     
     
     
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
         
         
         
          上りホーム西端付近(滝ノ上寄り)から、南千歳・滝ノ上方面を見る。
         
           

 







 
乗換のご案内
JR北海道 石勝線夕張支線
新夕張 ⇔ 夕張
   
路線廃止のご案内
日本国有鉄道 夕張線登川支線
紅葉山(新夕張) ⇔ 登川
         
 
         
200807月撮影  
駅名  新夕張(しんゆうばり)
駅構造
 島式ホーム25線の地上駅。
 (島式ホームに切り欠き1線がある)
駅舎
 線路東側にコンクリート造の地上駅舎。
駅前広場  ロータリーあり。
管理形態
 社員配置。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(7:2515:30
 券売機 : 簡易自動券売機(1台)。
 乗車駅証明書発行機。

改札  有人改札。(平日の日中のみ)
トイレ  あり。(改札外に1ヶ所)
駅内店舗

 有人店舗 : KIOSK
 自動販売機 : −

連絡通路
 構内連絡階段。
乗車人員  107人/日(2007年度平均)
 100人/日(2006年度平均)
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 新夕張駅。
発車列車  石勝線
  下り 帯広・新得方面 13本/日(全て特急列車)
  上り 札幌・千歳方面 20本/日(一部特急通過)
 夕張支線
  下り 夕張行き 9本/日
主な歴史
 1892年(明治25年)111
  北海道炭礦鉄道の紅葉山駅として開業。
 1906年(明治39年)101
  鉄道国有法により、国有鉄道
  (逓信省札幌鉄道作業局出張所)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定により、夕張線に属する。
 1981年(昭和56年)101
  石勝線開業により、山側に数10m程移設、
  同時に新夕張駅に改称。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
所在地
 北海道夕張市紅葉山550
接続バス  駅前東側を通る国道274号線に、『新夕張駅』
 停留所があり、夕鉄バス(夕張鉄道)により、
 ・オソウシ入口〜中学校前
 ・滝の上線(滝ノ上駅前)
 ・中学校前〜オソウシ入口
 ・登川〜清陵町
 の4系統が運行されている。
駅周囲
その他

 石勝線夕張支線(旧国鉄夕張線)が分岐する。
 紅葉山駅時代は夕張線登川支線が分岐していた。

 駅周囲は市街地であるが、密集しておらず
 商店や民家はまばらである。
 (国道274号線沿いには商店等が多くある)

   
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      新夕張駅駅舎。
     
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  上り3番のりばより、上り南千歳・滝ノ上方面を見る。
撮影立ち位置後方の4番のりば側に
切り欠きホームの0番のりばがある。
   
     
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
   
   
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       
     
       


 



               
       
駅名  楓信号場(かえでしんごうじょう)
駅構造
 2線の信号場。
 (単式ホーム11線が残っている)
駅舎
 なし(解体済み)。
駅前広場  なし。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 跨線橋が残されているが、閉鎖されている。
乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 −
発着列車  −
主な歴史

 1981年(昭和56年)101
  日本国有鉄道石勝線開業と同時に
  3代目楓駅として開業。
  オサワ信号場、旧楓駅と旧登川駅のほぼ中間。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
 2004年(平成16年)313
  利用者減少により旅客営業廃止、
  信号場化、バス代替。

所在地
 北海道夕張市楓。
接続バス  信号場前を通る国道274号線に、『楓駅前』
 停留所があり、夕鉄バス(夕張鉄道)により、
 ・滝の上線(滝ノ上駅前)
 ・登川〜清陵町
 の2系統が、45本/日 程度運行されている。
駅周囲
その他
 旧楓駅である。
 かつては旅客駅であったため、単式ホーム
 11線が残っており、横取り線として
 機能している。(立入はできない)
 コンクリート造の駅舎と相対式ホームは
 撤去され、構内跨線橋への階段は使用禁止。
 人が立ち入れないようになっている。
   
 
   
   
     
     
     
     
      すみません! 石勝線本線の信号場の写真がありません。
その内行って撮ってきます。
     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
 
       
       
       
 
【 楓  駅 】   駅  跡
 
      20087月撮影
           
           
     
駅名  楓(かえで)
駅構造
 相対式ホーム22線、単式ホーム11線、
 計33線の地上駅。
 (現在は横取り線として単式ホーム11線が
  残っている)
駅舎
 コンクリート造りの地上駅舎。(解体済み)。
駅前広場  小さいがあり。 (立入禁止)
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 跨線橋が残されているが、閉鎖されている。
乗車人員  12人/日(廃駅前)
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 新夕張駅。
発着列車  6:54着、7:02発 新夕張行き1本のみ(日曜運休)
主な歴史

 1981年(昭和56年)101
  日本国有鉄道石勝線開業と同時に
  3代目楓駅として開業。
  オサワ信号場、旧楓駅と旧登川駅のほぼ中間。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
 2004年(平成16年)313
  利用者減少により旅客営業廃止、
  信号場化、バス代替。

所在地
 北海道夕張市楓。
接続バス  駅前を通る国道274号線に、『楓駅前』
 停留所があり、夕鉄バス(夕張鉄道)により、
 ・滝の上線(滝ノ上駅前)
 ・登川〜清陵町
 の2系統が、45本/日 程度運行されている。
駅周囲
その他
 旧楓駅は石勝線の新夕張−占冠間に位置
 するが、石勝線の列車は停車設定がなく、
 ホームをすべて通過していた。
 駅としては旧夕張線登川支線(紅葉山−登川)
 の駅扱いであり、列車運行上も新夕張−楓間
 の盲腸線のピストン運行で、毎朝11往復
 (日曜運休)であった。  
 利用者減少のため廃駅、信号場化、バス代替
 となった。
 当信号場は国道274号線に面し、国道を挟んで
 集合住宅が数棟ある。(居住密度は不明)
 付近に店舗はないが、国道の交通量も
 非常に多い。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅は廃止されたが、バス停は『楓駅前』のまま変わっていない。
バス停の後ろには単式ホームが見える。
尚、石勝線の相対式ホームは、
後ろに見える陸橋の後方に設置されていた。
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅舎は撤去されたが、新夕張−当駅間をピストン運行
していた当時の単式ホームが残っている。
尚、ホームへの立入は禁止されている。
   
     
     
       
       
       
       
       
           







               
       
駅名  オサワ信号場(おさわしんごうじょう)
駅構造
 2線の信号場。
駅舎
 なし。
駅前広場  なし。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 なし。
乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 −
発着列車  −
主な歴史

 1981年(昭和56年)101
  日本国有鉄道・石勝線の開業に伴い
  オサワ信号場として開設。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。

所在地
 北海道勇払郡むかわ町穂別長和。
接続バス  山中であり、信号場付近にバス停はない。
駅周囲
その他
 穂別ダムの上流に位置し、深い山の中にある。
 道東自動車道の【むかわ穂別】インター南側
 より、林道が延びており、アクセス可のようだ。

   
 
   
     
     
     
     
     
      すみません! 未訪問です。
その内行ってきます。
     
       
       
       
       
           
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

 

 

 



駅一覧へ

HOME駅のある風景北海道石勝線(駅一覧) > 石勝線 A