北海道旅客鉄道 石勝線 @  : 南千歳駅、追分駅、東追分信号場川端駅、滝ノ下信号場
HOME駅のある風景北海道石勝線(駅一覧) > 石勝線 @
北  海  道
     
南 千 歳  ⇔  新  得
北海道旅客鉄道 石勝線(せきしょうせん)

 
駅一覧へ
石勝線起点




 
乗換のご案内
JR北海道 千歳線
沼ノ端 ⇔ 白石
JR北海道 千歳線(空港線)
南千歳 ⇔ 新千歳空港
     
         
 
         
200807月撮影  
駅名  南千歳駅(みなみちとせえき)
駅構造
 島式ホーム24線の地上駅。
駅舎
 橋上駅舎 (駅利用時間 : 5:500:15
駅前広場  北口にロータリーあり。
管理形態
 社員配置。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(6:000:10
 券売機 : 自動券売機(2台)。

改札  1ヶ所 : 自動改札機(2通路)、有人改札(1通路)。
トイレ  あり。(改札内外)
駅内店舗

 有人店舗 : KIOSK、駅弁。
 自動販売機 : 飲料他。

連絡通路
 東西自由通路、構内コンコース。
乗車人員  1,460人/日(2012年度平均)
 1,481人/日(2011年度平均)
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 千歳駅。
発車列車  −
主な歴史
 1980年(昭和55年)101
  日本国有鉄道千歳線の千歳空港駅として開業。
 1981年(昭和56年)101
  日本国有鉄道石勝線開業。当駅が起点となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
 1992年(平成4年)71
  新千歳空港駅の開業と同時に南千歳駅に改称。
所在地
 北海道千歳市平和1388番地2
接続バス  <北口>
  『南千歳駅北口』停留所 : 北口ロータリー
   運行:北都交通、おびうん(帯運観光)
   ・帯広〜新千歳空港(とかちミルキーライナー)
   運行:道南バス
   ・苫小牧東港フェリーターミナル
 <南口>
   『南千歳駅』停留所 : 国道36号線沿い
   運行:北海道中央バス
   ・サッポロビール園〜新千歳空港
   ・新千歳空港連絡バス(麻生・宮の沢)
   運行:北都交通
   ・定山渓温泉〜新千歳空港
   ・地下鉄真駒内駅〜新千歳空港
   ・円山バスターミナル〜新千歳空港
   ・札幌都心〜新千歳空港
   ・地下鉄大谷地駅〜新千歳空港
   運行:あつまバス
   ・千歳、早来・厚真方面
駅周囲
その他

 千歳線、千歳線支線(空港線)、石勝線の
 3路線が乗り入れる拠点駅であるが、乗換客が
 多いためか、乗降者数はそれほど多くないようだ。
 駅は東に大型商業施設(アウトレットモール)、
 西は国道36号線に面し、その向こうには広大な
 新千歳空港が広がる。

201610月撮影  
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      南千歳駅北口駅舎。
     
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  北口ロータリー。
バスターミナル、タクシーのりばがある。
   
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  南北自由通路の様子。
北口側から駅方向を見る。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    自由通路の南口側から駅を見る。
駅部分の南側・北側には自動ドアが設置されている。
   
     
  通路南側より駅舎内を見る。
改札口は右手になる。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    駅舎内通路(改札外)より、改札内待合室を見る。
KIOSKは改札内外の両方にて利用可となっている。
   
       
  改札内より改札外を見る。(200807月撮影  
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    千歳線下り・千歳線(支線)上り3番のりば中程より、
苫小牧・美々、新千歳空港
方面を見る。200807月撮影
   
     
  千歳線下り・千歳線(支線)上り3番のりば中程より、
下り札幌・千歳方面を見る。(
200807月撮影
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    千歳線、千歳線(支線)、石勝線の3方向が案内された駅名標。
200807月撮影
   
       
   
   
   
   
  千歳線下り4番のりば中程より、下り札幌・千歳方面を見る。
200807月撮影
 
   
     
     
     
     
     
     
     
      駅南口の歩道より橋上駅舎を見る。
撮影立ち位置右側は国道36号線が走っている。
     
         

 






 
乗換のご案内
JR北海道 室蘭本線
長万部 ⇔ 岩見沢
     
         
 
         
200807月撮影  
駅名  追分(おいわけ)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム13線、
 計24線の地上駅。
 (島式ホームに切り欠きホームがある)
駅舎
 線路東側にコンクリート造りの地上駅舎。
駅前広場  東口にロータリーあり。
管理形態
 社員配置。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(7:4518:30 日祝休)。
 券売機 : 自動券売機。

改札  有人改札(平日のみ)。
トイレ  あり(改札外)。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : −。

連絡通路
 構内跨線橋。
乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 追分
発車列車  −
主な歴史
 1882年(明治25年)81
  北海道炭礦鉄道室蘭線の追分駅として開業。
 1906年(明治39年)101
  鉄道国有法により、国有鉄道
  (逓信省札幌鉄道作業局出張所)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  線路名称設定により室蘭本線の所属駅となる。
 1981年(昭和56年)101
  日本国有鉄道の石勝線開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
所在地
 北海道勇払郡安平町字追分中央1番地。
接続バス  −
駅周囲
その他

 室蘭本線の所属駅

   
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      すみません! 未訪問です。
その内行ってきます。
     
           
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
     
       
       
       
       







               
       
駅名  東追分信号場(ひがしおいわけしんごうじょう)
駅構造
 2線の信号場。
駅舎
 なし。
駅前広場  なし。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 なし。
乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 −
発着列車  −
主な歴史

 1965年(昭和40年)31日。
  日本国有鉄道の東追分駅として開業。
 
1981年(昭和56年)61
  移転改キロ(追分寄りに300m移設)。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
 2016年(平成28年)326
  利用者減少により信号場化。

所在地
 北海道勇払郡安平町追分美園618
接続バス  信号場付近にバス停はない。
駅周囲
その他
 駅周囲に集落はなく、民家(農家)が
 点在するレベルである。
 
 
201610月撮影  
   
     
     
     
     
     
     
     
     
      かつてホームへの出入口があった付近より、上り追分・千歳方面を見る。
両側のホームが撤去され、線路先両側に21.5キロポスト(南千歳から)が
新たに設置されたようだ。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  スノーシェッド脇より、上り追分・千歳方面を見る。
左手は信号設備室で、その手前にあった駐輪場も撤去されている。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    かつてのホーム東寄り(川端より)付近から、下り新得・川端方面を見る。
駅時代は右手に見える信号設備室の前付近に
ホームへの出入口階段があった。
   
   
  駅東側400m程にある『東丘通り踏切』より、東追分信号場遠景と
上り追分・千歳方面を見る。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    かつて構内跨線橋があった付近から、下り新得・川端方面を見る。
スノーシェッド内に、旧来の下り出発信号機が見える。
   
       
     
     
     
     
     
     
     
  駅東側400m程にある『東丘通り踏切』より、北側を見る。
広大な牧草地が広がっている。
テレビのCMにも登場したらしい。
   
     
     
       
       
       
 
       
       
 
信 号 場 化 前 の  【 東 追 分 駅 】
 
      20087月撮影
           
           
     
駅名  東追分(ひがしおいわけ)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
 桁式ホームを有する。
駅舎
 なし。
駅前広場  なし。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 構内跨線橋。
 ※跨線橋のホーム側階段口は簡易待合室と
   なっており、昇降口には扉が設置されている。
乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 追分駅。
発着列車  下り 新夕張・夕張方面 6本/日
 上り 千歳・追分方面 7本/日
  ※特急列車は通過、普通列車も1部通過。
主な歴史

 1965年(昭和40年)31日。
  日本国有鉄道の東追分駅として開業。
 
1981年(昭和56年)61
  移転改キロ(追分寄りに300m移設)。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。

所在地
 北海道勇払郡安平町追分美園618
接続バス  信号場付近にバス停はない。
駅周囲
その他
 駅の北側には広大な牧草地が広がる。
 線路南側にあるホームからの階段を下りると、
 左右に未舗装路が続く。
 階段正面はヤブになっており、ヤブの向こうに
 道道462号が走っている。
 (駅前から道道に直通する道はない)
 右方向は行き止まりのようで、線路沿いに左に
 400m程行くとT字路にぶつかる。
 左に踏切があり、正面に民家が1軒ある。
 T字路を右に行くと道道462号に出る。
 道道沿いには民家が点在している。
 利用者は非常に少ないようで、前述のような
 状況から、この駅を秘境駅と定義する
 鉄道ファンも少なくない。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  東追分駅駅前より、ホーム出入口部と構内跨線橋を見る。
駅舎はなく、跨線橋昇降口に簡易待合室が設置されている。
   
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  上りホーム跨線橋階段脇付近より、上り追分・千歳方面を見る。    
     
       
     
     
     
     
     
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
           
           
           



 



               
       
駅名  川端(かわばた)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
駅舎
 線路北側に木造の地上駅舎。
駅前広場  北口に大きな広場あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  あり。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 構内跨線橋。
乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 追分駅。
発着列車  下り 新夕張・夕張行き方面 6本/日
 上り 千歳・追分方面 9本/日
  ※特急列車はすべて通過する。
主な歴史

 1894年(明治27年)81
  北海道炭礦鉄道の川端駅として開業。
 1900年(明治33年)116
  移転改キロ(追分寄りに約400m移動)
 1906年(明治39年)101
  鉄道国有法により、国有鉄道
  (逓信省札幌鉄道作業局出張所)に移管。
 1981年(昭和56年)525
  貨物・荷物扱い廃止。無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。

所在地
 北海道夕張郡由仁町川端1121
接続バス  駅付近にバス停はなく、駅から東へ夕張川を
 渡った北海道道477号滝下由仁停車場線沿いに
 『滝下入口』停留所が置かれ、栗山町営バスの
 スクールAコースの運行がある。
 尚、バス停は駅から1.5km程離れている。
駅周囲
その他
 ホームの両端には分岐器があり、スノーシェッド
 で覆われている。
 駅舎の反対側(南側)には、ユニトピア川端
 パークゴルフ場があり、冬は雪上ゴルフが
 楽しめるらしい。
 川端地区の中心駅であり、駅を中心に集落が
 あるが、駅利用者は少ないようだ。
 
 
20087月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      川端駅駅舎。
     
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  下りホーム中程より、上り南千歳・東追分方面を見る。    
     
       
     
     
     
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
     
   
     
     
   
    ユニトピア川端のレストハウスは客車を利用している。
下りホーム東端より、下り新得・滝ノ上方面を見る。
   
     







               
       
駅名  滝の下信号場(たきのしたしんごうじょう)
駅構造
 2線の信号場。
駅舎
 なし。
駅前広場  なし。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 なし。
乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 本社 鉄道事業本部。
管理
 −
発着列車  −
主な歴史

 1981年(昭和56年)101
  日本国有鉄道・石勝線の滝ノ下信号場
  として開設。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。

所在地
 北海道夕張郡栗山町滝ノ下。
接続バス  信号場東側の国道274号線沿いに、
 『滝下会館前』
停留所が置かれ、栗山町営バスの
 スクールAコースの運行がある。
 尚、バス停は駅から400m程離れている。
駅周囲
その他
 夕張川のダム湖が近い。
 付近には北海道開発局の川端ダムおよび
 北海道企業局の川端発電所がある。
 周囲は農地であり、わずかに民家がある。
   
 
   
     
     
     
     
     
      すみません! 未訪問です。
その内行ってきます。
     
       
       
       
       
           
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

 

 



駅一覧へ

HOME駅のある風景北海道石勝線(駅一覧) > 石勝線 @