東日本旅客鉄道 飯山線 : 横倉駅森宮野原駅足滝駅越後田中駅津南駅
   HOME駅のある風景甲信越飯山線(駅一覧) > 飯山線 D
甲 信 越
     
豊 野 ⇔ 越後川口
東日本旅客鉄道 飯山線(いいやません)

 
駅一覧へ

 

 

           
         
駅名  横倉(よこくら)
駅構造
 島式ホーム11線の地上駅。
 盛土式ホームを有し、駅舎側の1線は
 廃されている。
駅舎
 北口にS造の地上駅舎。
 (駅出入口は北口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 簡易委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : あり。(無人の時間帯あり)
 券売機 :
なし。

改札  行わない。
トイレ  あり。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 なし。

乗車人員  18人/日(2015年度平均)。
 22人/日(2014年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 長野支社。
管理
 飯山駅。
発着列車  上り 長野・平滝方面 8本/日
 下り 越後川口・森宮野原方面 8本/日
主な歴史

 1925年(大正14年)1119
  飯山鉄道線の横倉駅として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1982年(昭和57年)111
  簡易委託駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。

所在地
 長野県下水内郡栄村大字北信。
接続バス  駅周囲にバス停はないため、
 駅舎内に、方面別にタクシー会社の
 電話番号が掲示されている。
駅周囲
その他
 駅を中心に小集落が形成されている。
 商店は少ないようだ。
   
   
   
   
20165月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      横倉駅駅舎。
壁面の建物財産標には、駅待合所 平成23
9と標記されている。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  まだ真新しい出札窓口。
カウンター下には駅ノートが下がっている。
     
         
       
       
       
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  駅舎内の様子。(駅前広場方向を見る)
写真左手に出札窓口がある。
 
   
     
   
      ホーム西端(森宮野原寄り)から、下り越後川口・森宮野原方面を見る。
     
       
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム西端(森宮野原寄り)から、上り長野・平滝方面を見る。
ホーム中程にも待合所が設置されている。
 
   
     
   
      旧貨物ホームより、下り越後川口・森宮野原方面と
駅全景を見る。
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム中程より、上り長野・平滝方面を見る。
島式ホームの駅舎側の線路は廃されており、路盤は遊休地となっている。
路盤左手には旧貨物ホームが残っている。
 
   
   
      ホーム東端(平滝寄り)から、下り越後川口・森宮野原方面を見る。
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム東端(平滝寄り)から、上り長野・平滝方面を見る。  
   
     
     
     
     
     
     
     
       
     
         
     
     
     
  駅前広場より西側の集落を見る。(駅舎は写真左手奥)
写真右手の茶色い建物は店舗に見えないが、理髪店のようだ。
(小さなサインポールが出ている)
   
     
     

 

 

 



           
         
駅名  森宮野原(もりみやのはら)
駅構造
 島式ホーム12線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
駅舎
 南口に木造の地上駅舎。
 (駅出入口は北口のみ)
 森宮野原駅交流館を併設。
駅前広場  あり。
管理形態
 簡易委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : あり。(6:3017:30
 券売機 :
なし。

改札  有人改札。
トイレ  あり。(駅舎内・男女障害者別)
駅内店舗

 有人店舗 : 休業中のようだ。
           ・喫茶「ふきのとう」
           ・ギャラリー。
 自動販売機 : なし。
 (駅前商店に飲料の自販機あり)

連絡通路

 構内踏切。(警報機 : あり、遮断機 : あり)

乗車人員  43人/日(2015年度平均)。
 45人/日(2014年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 長野支社。
管理
 飯山駅。
発着列車  上り 長野・横倉方面 8本/日
 下り 越後川口・足滝方面 8本/日
主な歴史

 1925年(大正14年)1119
  飯山鉄道線の森宮野原駅として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。
 1995年(平成7年)315
  簡易委託駅化。

所在地
 長野県下水内郡栄村大字北信。
接続バス  駅前に『森宮野原駅前』停留所が置かれ、
 南越後観光バスにより
 ・急行越後湯沢駅行
 ・津南病院行
 ・百の木行
 が運行している。
駅周囲
その他
 栄村の中心駅であり、駅と役場を中心に
 集落が形成されている。
 かつては木材輸送で賑わったそうだ。
 長野県最北端に位置する駅である。
   
   
   
   
20165月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      森宮野原駅駅舎。
駅舎は、2004年(平成16年)4月竣工とのこと。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  ウッディーな雰囲気の駅舎内。
正面が改札扉。 その左手に出札窓口。 
     
       
         
       
       
       
       
       
       
         
   
   
   
  出札窓口。
簡易委託駅であるが、指定券や定期券の販売も行っている。
入場券の販売はしていない旨、貼り紙がしてある。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
      構内の北側に残る旧貨物ホームより、
下り越後川口・足滝方面を見る。
大きな貨物ホームで、かつては貨物輸送が盛んだったことが窺える。
     
     
   
   
   
  駅東側の一般踏切、『もり踏切』より、
ホーム全景と上り長野・横倉方面を見る。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
      下り1番のりば中程より、下り越後川口・足滝方面を見る。
     
         
   
   
   
  上り2番のりば中程より、上り長野・横倉方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
   
      上り2番のりば西寄り(横倉寄り)から、下り越後川口・足滝方面を見る。
左手に大きめな旧貨物ホームが見える。(荒れている)
貨物側線は現在でも上下両方の本線に繋がっている。
     
     
   
   
   
  下り1番のりば西端(横倉寄り)から、上り長野・横倉方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
   
      下り1番のりば側のプリント駅名標。
観光名所の『野々海高原』がプリントされている。
当駅よりタクシーで約30分とのこと。
     
     
   
   
   
  上り2番のりば側のプリント駅名標。
観光名所の『秋山郷』がプリントされている。
当駅より津南駅を経由して、バスで約70分とのこと。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
      駅東側の一般踏切、『もり踏切』北側より、駅舎を見る。
当踏切は旧貨物ホームおよび山側の小集落と連絡しているが、
西側(写真左手)奥の小集落とホームを短絡する暗黙の通路がある。
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  駅舎正面に向かって左側(東側)に建てられた 『日本最高積雪地点標』。
1945年(昭和20年)212日に7.85mの積雪を記録したそうだ。
 
   
        駅前より南へ延びる駅前通りは、
長野県道507号(新潟県道239号)秋山郷森宮野原停車場線。
       
           

 

 

 



           
         
駅名  足滝(あしだき)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
 桁式ホームを有する。
駅舎
 なし。(ホーム上に待合室あり)
駅前広場  なし。 (駅は山の斜面を切り開いた部分に
 設置されている。)
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 構内踏切。(警報機 : なし、遮断機 : なし)

乗車人員  −
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 十日町駅。
発着列車  上り 長野・森宮野原方面 8本/日
 下り 越後川口・越後田中方面 8本/日
主な歴史

 1960年(昭和35年)715
  国鉄(日本国有鉄道)飯山線の足滝駅
  として開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。

所在地
 新潟県中魚沼郡津南町大字上郷寺石。
接続バス  駅から上郷橋(信濃川)を挟んで飯山線に
 並行する国道117号線沿いに 『足滝入口』
 停留所が置かれ、
 ・南越後観光バス
 (急行)湯沢-清津峡-津南-森宮野原駅線
 の運行がある。
 停留所は駅から1km程離れている。
駅周囲
その他
 駅と、その南側を流れる信濃川との間の
 狭い平地部分に十数軒の小集落がある。
   
   
   
   
20165月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      ホーム上にある足滝駅待合室。 駅舎はない。
壁面の建物財産標には、待合所 昭和3512
S造と標記されている。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
         
         
         
   
   
   
   
  待合室の隅には駅ノートと小さな飾り付けが・・・  
   
     
   
   
   
   
   
      ホーム東寄り(越後田中寄り)から、上り長野・森宮野原方面を見る。
ホームは島式構造であり、交換用の路盤も確保されている。
     
         
   

   
   
   
  ホーム東端(越後田中寄り)から、下り越後川口・越後田中方面を見る。   
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    ホーム西端(森宮野原寄り)から、構内踏切への通路と
上り長野・森宮野原方面を見る。
   
     
   
   
   
   
  ホーム西端(森宮野原寄り)から、下り越後川口・越後田中方面を見る。   
   
     
   
   
   
   
   
       
     
         
   
   
   
  ホーム西端(森宮野原寄り)から、構内踏切と
下り越後川口・越後田中方面を見る。
踏切右手にて、西と東の出入口に通路が別れている。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    東口側通路途中より、構内踏切方向を見る。
こちらは舗装であるが、やはり急坂である。
(木の橋が渡してある方が通路)
   
   
   
   
   
  西口側通路途中より、構内踏切を見る。
非舗装の急坂であり、雪や雨の日は大変そうだ。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
    東側の通路は非舗装であるが、このあたりの傾斜は緩い。
帳面に急坂が見えているが・・・
   
         
   
   
   
  西口側通路を下って行くと信濃川と
新潟県道49号小千谷十日町津南線が見えてくる。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  新潟県道49号小千谷十日町津南線より、西側の出入口を見る。(左手急坂)
西側出入口は2ヶ所あり、こちらは西側の西口。
尚、撮影立ち位置後方に民家は見えない。
  駅東側の通路は、この神社の裏手から延びている。
神社の扁額には、【十二八天宮】とある。
   
         
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  新潟県道49号小千谷十日町津南線より、西側の出入口を見る。(右手)
西側出入口は2ヶ所あり、こちらは西側の東口。
尚、西側の西口と東口はすぐに合流する。
    新潟県道49号小千谷十日町津南線にて、足滝集落(東方向)を見る。
左側の『下足滝』とある電柱を左手へ進むと、【十二八天宮】があり
その裏手から駅への道が続いている(車両通行不可)
     
     

 

 

 

 



           
         
駅名  越後田中(えちごたなか)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
駅舎
 南口にRC造の地上駅舎。
 (駅出入口は南口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 なし。

乗車人員  −
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 十日町駅。
発着列車  上り 長野・足滝方面 8本/日
 下り 越後川口・津南方面 8本/日
主な歴史

 1927年(昭和2年)1119
  飯山鉄道線の越後田中駅として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。

所在地
 新潟県中魚沼郡津南町大字上郷上田。
接続バス  駅から南側の田中橋(信濃川)を挟んで
 飯山線に並行する国道117号線沿いに
 『小下里』停留所が置かれ、
 ・南越後観光バス
 (急行)湯沢-清津峡-津南-森宮野原駅線
 の運行がある。
 停留所は駅から500m程離れている。
駅周囲
その他
 駅南口と、その南側の信濃川対岸に
 集落が形成されている。
   
   
   
   
20165月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      越後田中駅駅舎。
壁面の建物財産標には平成
109RC造と標記されている。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  駅舎内の床には点字ブロックが設置されている。
ベンチ後ろの掲示板には、『駅ノート』が置かれている。
     
       
         
       
         
         
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム西端(足滝寄り)から、上り長野・足滝方面を見る。
写真ではわかりにくいが、ホーム先に暗黙の踏切がある。
正式な踏切は、この先300m程先の『上田踏切』までない。
 
   
   
      ホーム西端(足滝寄り)の線路脇から、
下り越後川口・津南方面を見る。
     
         
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム東端(津南寄り)の線路脇から、
ホーム全景と上り長野・足滝方面を見る。
 
   
     
      ホーム東端(津南寄り)から、下り越後川口・津南方面を見る。
写真ではわかりにくいが、ホーム先に暗黙の踏切がある。
     
         
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     
   
     
      ホーム東端(津南寄り)にある暗黙の踏切。
JRによって通行禁止の看板が立てられているが、
駅東側の正式な踏切は隣の津南駅付近までない。
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  駅前広場。(左手の建物が駅舎)
特になにもない。
 
   
     
        細い駅前通りから、新潟県道49号小千谷十日町津南線を見る。
       
           

 

 

 




           
         
駅名  津南(つなん)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
駅舎
 東口にの地上駅舎。(駅出入口は東口のみ)
 「リバーサイド津南」との合築となっており、
 日帰り温泉施設、公民館を併設。
駅前広場  あり。
管理形態
 簡易委託。(温泉フロントの従業員が
 きっぷ販売員を兼任している)
きっぷ
うりば

 出札窓口 : あり。(指定券、定期券も販売)
 券売機 :
なし。

改札  有人改札。
トイレ  あり。(車椅子対応)
駅内店舗

 有人店舗 : 売店、かねさま蕎麦津南駅店。
 自動販売機 : 飲料。

連絡通路

 なし。

乗車人員  108人/日(2015年度平均)。
 106人/日(2014年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 十日町駅。
発着列車  上り 長野・越後田中方面 9本/日
 下り 越後川口・越後鹿渡方面 9本/日
  ※快速『おいこっと』停車駅。
主な歴史

 1927年(昭和2年)81
  飯山鉄道線の越後外丸駅として開業。
 1944年(昭和19年)61
  飯山鉄道が国有化され、
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)
  飯山線の所属駅となる。
 1968年(昭和43年)101
  津南駅に改称。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。
  1995年(平成7年)4
  駅舎を改築し、温泉との併設駅となる。

所在地
 新潟県中魚沼郡津南町大字外丸丁。
接続バス  国道405号線の駅前広場入口部に
 『津南駅前』停留所が置かれ、
 南越後観光バスにより
  ・十日町-中里-津南-源内山線
  ・十日町-中里-津南-源南原(源内山)線
  ・津南駅前-津南病院-津南-相吉-中子線
  ・津南駅前-津南役場前-見玉-秋山郷線
  ・津南小学校-津南駅前-鹿渡新田線
 の運行がある。
駅周囲
その他
 津南町の中心駅であるが、駅は街の
 西端部にあり、信濃川橋を渡った川の
 対岸に位置する。
 駅周囲には数軒の飲食店がある。
   
   
   
   
20165月撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      津南駅駅舎。  温泉を併設している。
温泉は月曜定休とのことで、月曜日は駅も無人駅になるようだ。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  駅入口扉正面にある、きっぷうりばと改札口。
温泉受付の従業員が駅業務を兼務している。
     
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
     
     
   
  駅入口扉を入って左手にある、温泉入口(受付は1F、温泉は2F)。
温泉入口正面に『かねさま蕎麦津南駅店』がある。
通常の駅そばではなく、地粉を使った本格蕎麦の有名店らしい。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
      待合所 @。  きっぷうりばの対面にある。
右側ガラス戸の向こうに、待合所 Aが見える
     
         
   
  待合所 A。(節電している?)
温泉入口の対面にある。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
      ホーム側より改札口を見る。
中央の柱右手が改札口、左手が待合所@のガラス窓。
     
         
   
  ホーム中程より、上り長野・越後田中方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
      ホーム南端(越後田中寄り)から、下り越後川口・越後鹿渡方面を見る。
     
         
   
  ホーム北端(越後鹿渡寄り)付近から、
上り長野・越後田中方面を見る。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
      ホーム中程より、下り越後川口・越後鹿渡方面を見る。
     
         
   
  ホーム北端(越後鹿渡寄り)の線路脇から、
上り長野・越後田中方面を見る。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
      ホーム北端(越後鹿渡寄り)から、下り越後川口・越後鹿渡方面を見る。
左へ別れる側線は、ホーム対面の格納庫へ延びている。
     
         
   
  プリント駅名標が設置されている。
図柄の場所はよくわからないが、信濃川と町を一望していることより
駅西側の『マウンテンパーク津南スキー場』付近からの撮影と思われる。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
      駅前広場南側より、北側を見る。(駅舎は左手)
スキー場が近く、ロッジ風の飲食店が並ぶが、駅から
マウンテンパーク津南スキー場まで、シャトルバスがあるかは不明。
     
     
         
  駅舎前より東へ延びる駅前通りは、国道405号線で
町の中心部へ向かっている。
グリーンの橋は、信濃川に架かる『信濃川橋』。
       
         
         

 

 

 

 

 

 

 


越後鹿渡駅へ

 

 HOME駅のある風景甲信越飯山線(駅一覧) > 飯山線 D