東 北 ・ 甲 信 越
東日本旅客鉄道 磐越西線(ばんえつさいせん)
郡山
KOORIYAMA
新津
NIITSU
HOME駅のある風景東北甲信越磐越西線(駅一覧) > 磐越西線 H
新 津
にいつ
20135月撮影
東口側より、東西自由通路(コンコース)を見る。
『きっぷうりば』の案内がある所が駅入口になる。
新津駅西口駅舎。
駅舎南側に残る旧0番のりば北寄りから、車止め方向(北側)を見る。
コンクリート製の車止めがポツンと残っている。
新津駅駅舎(東口)。 駅舎右手(北側)に駅前ロータリーを備える。
また、三角屋根左手にびゅうプラザがある。
3番のりば北寄りから、上り会津若松・東新津方面を見る。
上屋下には『SLばんえつ物語』号の停車駅に置かれる
三点セット(照明塔、公園ベンチ、レトロ駅名標)があるが、
SLばんえつ物語』号は、1番のりばに発着する。
1番のりばには、三点セットと時計台が置かれている)
4方向が表記された駅名標。
各路線ののりばは特に決まっていないとのことだが、
訪問の時点で磐越西線は、1番のりば3本、2番のりば11本、
3番のりば1本、4番のりば1本、5番のりば5本の発車となっている。
西口側自由通路階段。
誘導チャイムがかなり大きな音で鳴り響いている。
東口・西口共、エスカレーターの設置はない。
バリアフリー対応のエレベーターは設置されているが、
一般の方はなるべく階段を使用してほしい旨、表示が出ている。
磐越西線
終点
東新津 行
For  HIGASHI-NIITSU
東新津
乗換のご案内
JR東日本 信越本線
篠ノ井 ⇔ 新潟
JR東日本 羽越本線
新津 ⇔ 秋田
新潟県道7号新津村松線・新津跨線橋より南側の
上り会津若松・東新津方面を見る。
 東日本旅客鉄道(JR東日本) 磐越西線 : 新津駅
駅名  新津(にいつ)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム24線、
 計35線の地上駅。
駅舎
 橋上駅舎。
管理形態
 社員配置。
きっぷうりば

 出札窓口 : みどりの窓口(6:0021:30)。
 券売機 : 指定席券売機(1台)、
       タッチパネル式(2台)
 びゅうプラザ(10:0017:30 日祝休)

駅内店舗

 有人店舗 : NEWDAYS、駅弁。
 自動販売機 : 飲料、たばこ、お菓子。
 その他 : コインロッカー

連絡通路

 東西自由通路。

管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 新津駅。
乗車人員  4,190人/日(2012年度平均)
 
4,101人/日(2011年度平均)
開業日

 1897年(明治30年)1120
  北越鉄道の新津駅として開業。
 1907年(明治40年)81
  鉄道国有法により国有化。
 1910年(明治43年)1025
  信越線支線(現・磐越西線)が
  馬下駅まで開通。
 1912年(大正元年)92
  信越線支線(現・羽越本線)が
  新発田駅まで開通。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東日本所属の
  駅となる。
 2003年(平成15年)126
  橋上駅舎(3代目、現駅舎)が竣工、
  共用開始。

所在地
 新潟市秋葉区新津本町一丁目1-1
備考

 信越本線、羽越本線、磐越西線のJR
 3路線が乗り入れる新潟県内の鉄道の
 要衝である。
 信越本線の所属駅であり、羽越本線の
 起点駅、磐越西線の終点駅
となっている。
 広大な構内には、新潟支社管内の
 気動車・機関車の基地である新津運輸区
 (旧新津機関区)がある。
 また、駅南西側には、JRの直営車両製造
 工場である新津車両製作所が隣接する。
 橋上駅舎を有し、改札口は橋上の1ヶ所で、
 駅ビル構造にはなっておらず、店舗は
 基本的に改札外および駅舎周囲にある。
 駅の出入口は西口・東口の2ヶ所で、両方
 にロータリーを備えている。
 東口が正面口となっているようだ。
 路線バスは東口に集中しており、各方面に
 新潟交通観光バスが13系統、東口と西口に
 コミュニティバスが各1系統運行している。
 旧新津市の中心駅であり、現在は新潟県
 秋葉区の中心駅となっている。
 駅前は多くの人で  賑やかである。

HOME駅のある風景東北甲信越磐越西線(駅一覧) > 磐越西線 H
コンコースより、改札方向を見る。
左手に指定席券売機と自動券売機、その奥にみどりの窓口。
正面に自動改札機。 右手にNEWDAYS、その奥に駅弁のワゴン販売。
また、改札内右手に待合室がある。
タッチパネル式券売機は2台しかなく、利用者が並んできっぷを購入
しており、駅の規模や利用者数に対して少ないように思える。
駅舎南側に残る旧0番のりば北寄りから、上り会津若松・東新津方面を見る。
線路は廃され、ホーム先の路盤には植込みが造られている。
現在、磐越西線は2番のりばからの発着が一番多く設定されているが、
駅を出て写真の左方向(東側)へ分かれて行く磐越西線は、
駅舎に近い当のりばからの発着が列車にも利用者にも至便であると
思うが、当のりばが廃された理由についての詳細は不明である。
駅南側の跨線橋(歩道橋)より、信越本線上り篠ノ井・古津方面を見る。
左端の左(東側)へ別れて行くのは磐越西線。
中央の3線が信越本線。 右端から右へ別れて行くのは、JR
直営車両製造工場である新津車両製作所への引き込み線である。

正面の跨線橋は、新潟県道7号新津村松線の新津跨線橋である。
1番のりば駅舎前付近より、上り会津若松・東新津方面を見る。
この先左側には、かつて磐越西線が主に発着していた0番のりばがあった。
新潟9:43発会津若松行き臨時快速列車『SLばんえつ物語』号が到着。
乗降客、見物人も多く大人気だ。
東口駅前より東へ延びる駅前通りは、
延長3.2kmの新潟県道34号新津停車場線である。
2番のりば南端より、上り会津若松・東新津方面を見る。
入線する列車の右手に見える傾斜した建造物は
歩行者・自転車用東西自由通路の階段(スロープ)で、
階段下には有名なパンタグラフの付いた電話ボックスがある。