東 北
東日本旅客鉄道 磐越西線(ばんえつさいせん)
郡山
KOORIYAMA
新津
NIITSU
上野尻
20128月撮影
尾登
HOME駅のある風景東北磐越西線(駅一覧) > 磐越西線D
山 都
やまと
荻野
2012 8月撮影
荻 野
おぎの
山都
尾登
構内跨線橋より、下り新津・荻野方面を見る。
単式ホーム(駅舎側)、島式ホームの他に側線が1線敷設されている。
尾 登
おのぼり
荻野
野沢
2012 8月撮影
2012 8月撮影
ホーム北側の 『第2尾登踏切』 より、下り新津・野沢方面と駅全景を見る。
駅は山間部を流れる阿賀川の谷間の狭い平野部に位置する。
駅舎入口よりホーム方向を見る。
ベンチは左右に3席づつある。
駅舎内は結構広い。
撮影立ち位置後方にはベンチやテーブルが置かれている。
ホーム東端より、下り新津・尾登方面を見る。
列車ののりば部分には上屋とベンチが設けられている。
木造の山都駅駅舎。
壁面の建物財産標には、『駅本屋 平成14115日』 とある。
上り2番のりば東端より、上り会津若松・喜多方方面と構内踏切を見る。
構内踏切の先には行き止まりの通路が伸びている。
かつての詰所等もしくは北口への通路跡であろうか。
上り2番のりば跨線橋下より、上り会津若松・喜多方方面を見る。
のりばは基本的に、下り新津方面が1番のりば、
上り会津若松方面が2番のりばに割り当てられており、
3番のりばは臨時列車用になっているとのことだ。
RC造の荻野駅駅舎。
壁面の建物財産標には、『駅本屋 昭和53727日』 とある。
ホーム西端より、下り新津・尾登方面を見る。
ホームの少し先で、構内への側線(横取り線)が分岐している。
CB造の尾登駅駅舎。
壁面の建物財産標には、『鉄 昭和309月』 とある。
ホーム南端付近より、下り新津・野沢方面を見る。
駅南側に民家は少ない。
ホーム北端より、上り会津若松・荻野方面を見る。
ホーム先の 『第2尾登踏切』 の右手に集落が形成されている。
上野尻
かみのじり
野沢
徳沢
上野尻駅駅舎。
JA会津いいで群岡支所との合築となっており、
駅入口は右手の部分になる。
20135月撮影
徳 沢 行
For  TOKUSAWA
喜多方 行
For  KITAKATA
喜多方
上り2番のりば西寄りから、上り会津若松・喜多方方面を見る。
ホーム東端より、上り会津若松・山都方面を見る。
ホームの先を横切っているのは、一般道の荻野踏切で、
大型車は通行禁止になっている。
駅前を走る福島県道16号喜多方西会津線より、
南側の新津・野沢方面を見る。(駅前より左を見る)
駅舎内には出札窓口と乗車駅証明書発行機が設置され、自動券売機はない。
出札窓口左手には、西会津ふるさとステーション(西会津町物産展示場)がある。
改札を出て左手(下り新津・上野尻方面)を見る。
駅舎はホームに直結しておらず、ホームへは跨線橋で連絡している。
下り1番のりば跨線橋下付近より、上り会津若松・尾登方面を見る。
ホーム西端より、上り会津若松・山都方面を見る。
 東日本旅客鉄道(JR東日本) 磐越西線 : 山都駅荻野駅尾登駅野沢駅上野尻駅
駅名  山都(やまと)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 簡易委託。
きっぷうりば

 出札窓口 : あり。 券売機 : なし。

駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 構内跨線橋。
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 新津駅
乗車人員  264人/日(2011年度平均)
 263人/日(2010年度平均)
開業日
 1910年(明治43年)1215
  国有鉄道(内閣鉄道院)岩越線の
  山都駅として開業。
 1917年(大正6年)1010
  線名改称により磐越西線の駅となる。
 1985年(昭和60年)314
  簡易委託化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東日本所属の
  駅となる。
所在地
 福島県喜多方市山都町字西原2884
備考

 木造駅舎と交換設備を備える有人駅で
 ある。
 旧山都町の中心駅であった。
 訪問の時点で、
 下り新津・荻野方面11本/日、
 上り会津若松・喜多方方面11本/日
 の定期列車の発車があり、
 上下線とも快速『あがの』と臨時快速の
 『SLばんえつ物語号』が停車する。
 駅舎は線路南側に設けられている。
 駅舎は福島県道16号喜多方西会津線に
 面しており、広い駅前広場を有する。
 また、県道の南側すぐを阿賀川が流れて
 いる。
 駅入り口(駅舎)は県道に面しているが、
 事実上市街地に背を向けて設けられて
 おり、南北自由通路は設置されていない。
 駅前からは会津坂下・荻野方面へ
 路線バス(会津バス)の便がある。
 周囲は市街地であり、阿賀川沿いに奥羽
 本線や主要道路が東西に通っている。

駅名  荻野(おぎの)
駅構造
 単式ホーム11線(島式ホームを改造)
 の地上駅。
駅舎
 RC造の地上駅舎。
管理形態
 簡易委託。
きっぷうりば

 出札窓口 : あり。 券売機 : なし。

駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 駅舎からホームへの通路あり。
 (旧構内踏切を通路にしたものと思われる)
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 新津駅。
乗車人員  52人/日(2011年度平均)
 53人/日(2010年度平均)
開業日
 1914年(大正3年)111
  国有鉄道(内閣鉄道院)磐越西線の
  荻野駅として開業。
 1985年(昭和60年)314
  簡易委託化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東日本所属の
  駅となる。
所在地
 福島県喜多方市高郷町上郷字馬場頭125
備考

 RC造のこぎれいな駅舎を備える有人駅
 である。
 かつては交換設備があったようで、ホームは
 島式ホームの駅舎側の1線を廃した
 11線の構造になっている。
 訪問の時点で、
 下り新津・尾登方面11本/日、
 上り会津若松・山都方面11本/日
 の定期列車の発車があり、
 上下線とも快速『あがの』が停車する。
 駅舎は線路南側に設けられている。
 駅舎は福島県道16号喜多方西会津線から
 北へ少し入った福島県道367号新郷荻野
 停車場線に面しており、駅前広場を有して
 いる。
 また、福島県道16号喜多方西会津線の
  南側すぐを阿賀川が流れている。
 駅前からは坂下行き3本/日、
 山都行き2本/日の路線バス(会津バス)が
 出ている。
 駅北側は山地であり、駅南側と阿賀川の
 間に集落が形成されている。

駅名  尾登(おのぼり)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
駅舎
 CB(コンクリートブロック)造の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。 券売機 : なし。

駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路
 なし。
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 新津駅。
乗車人員  -
開業日
 1955年(昭和30年)101
  日本国有鉄道・磐越西線の
  尾登駅として開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東日本所属の
  駅となる。
所在地
 福島県耶麻郡西会津町登世島字尾登。
備考

 待合室の機能のみ持った小さな駅舎を持つ
 無人駅である。
 訪問の時点で、
 下り新津・野沢方面10本/日、
 上り会津若松・荻野方面10本/日
 の定期列車の発車があり、
 快速列車の停車はない。
 駅舎は線路西側に設けられている。
 駅舎は福島県道16号喜多方西会津線に
 面し、小型自動車2台分の駐車ができる程
 の小さな駅前広場を有している。
 また、福島県道16号喜多方西会津線の
 西側を阿賀川が流れている。
 駅前には西会津町民バス尾登線の
 尾登バス停が置かれている。
 集落は駅北西部に形成されている。

駅名  野沢(のざわ)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
駅舎
 RC造の地上駅舎。
管理形態
 簡易委託。
きっぷうりば

 出札窓口 : あり(7:3017:30)。
 券売機 : なし。
 乗車駅証明書発行機設置。

駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 構内跨線橋、構内踏切(警報機のみ)。
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 新津駅
乗車人員  157人/日(2011年度平均)
 191人/日(2010年度平均)
開業日
 1913年(大正2年)81
  国有鉄道(内閣鉄道院)岩越線の
  野沢駅として開業。
 1917年(大正6年)1010
  線名改称により磐越西線の駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東日本所属の
  駅となる。
所在地
 福島県耶麻郡西会津町野沢3183
備考

 国鉄タイプのRC造平家建て駅舎と
 交換設備を備える大きめの有人駅である。
 西会津町の中心駅となっている。
 訪問の時点で、
 下り新津・上野尻方面9本/日、
 上り会津若松・尾登方面12本/日
 の定期列車の発車があり、
 上下線とも快速『あがの』と
 臨時快速『SLばんえつ物語号』が停車する。
 駅舎は線路南側に設けられている。
 駅前からは福島県道339号大久保野沢
 停車場線が南へ伸びている。
 広い駅前広場を有し、駅前からは西会津
 町民バスや会津若松への高速バスが
 出ている。
 駅の南側に市街地が広がっている。

HOME駅のある風景東北磐越西線(駅一覧) > 磐越西線D
上り2番のりば東寄りから、下り新津・荻野方面を見る。
SLばんえつ物語の停車駅に設置されているレトロ調の駅名標。
駅舎側ホームに残る、レンガ造の油庫。
明治時代にランプの油保管庫として使用されたもので、
平成20年、経済産業省により 『近代化産業遺産』 に指定されている。
広い駅前広場を有する。
写真右手、タクシーの後方が駅舎になる。
ホーム中程より、上り会津若松・山都方面を見る。
駅舎側には旧貨物側線と思われる側線が1線残っている。
ホーム東端より、下り新津・尾登方面を見る。
旧島式ホームの駅舎側の1線は廃されており、
構内踏切があったと思われる所には、
駅舎との連絡通路が設置されている。
ホームより、駅舎への連絡通路と駅前広場を見る。
駅前には郵便局、農協、商店、会社等がある。
広場正面を右へ県道367号線が延び、
左へ狭い道を通って県道16号線へ出る。
吊り下げ式駅名標は内照式ではない。
ホーム南端より、上り会津若松・荻野方面を見る。
駅舎前にのみ上屋が設置されている。
駅前を走る福島県道16号喜多方西会津線より、
北側の会津若松・荻野方面を見る。(駅前より右を見る)
福島県道16号喜多方西会津線より、駅前を見る。
左が駅舎、右がトイレになる。
トイレ壁面の建物財産標には、『鉄 昭和309月』 とあり、
開業時に駅舎と同時に設置されている。
上り2番のりば西端より、下り新津・上野尻方面を見る。
RC造の野沢駅駅舎。
壁面の建物財産標には、『鉄 本屋1号 昭和491116
』 とある。
上り3番のりば東端より、上り会津若松・尾登方面と構内踏切を見る。
駅舎から上下線の島式ホームまでは跨線橋、島式ホームから
上り始発ホームの3番のりば(単式ホーム)までは構内踏切で連絡している。
下り1番のりば西端付近より、上り会津若松・尾登方面を見る。
下り1番のりば中程より、下り新津・上野尻方面と
SLばんえつ物語号の停車駅に設置されているレトロ調の駅名標を見る。
上り3番のりば東端より、下り新津・上野尻方面を見る。
島式ホームでは列車交換が行われている。
駅舎前より、南に延びるメインストリートを見る。
福島県道339号大久保野沢停車場線である。
上り2番のりば跨線橋階段下付近より、
下り新津・上野尻方面とホームの待合室を見る。
1番のりばは下り新津方面、23番のりばは上り会津若松方面となっている。
野 沢
のざわ
駅名  上野尻(かみのじり)
駅構造
 単式ホーム11線(島式ホームを改造)
 の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
 (JA会津いいで群岡支所と合築)
管理形態
 簡易委託。(改札省略)
きっぷうりば

 出札窓口 : あり(7:008:009:0016:00
 券売機 : なし。

駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 駅舎からホームへの通路あり。
 (旧構内踏切を通路にしたものと思われる)
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 新津駅。
乗車人員  20人/日(2011年度平均)
 23人/日(2010年度平均)
開業日
 1914年(大正3年)111
  国有鉄道(内閣鉄道院)・岩越線の
  上野尻駅として開業。
 1917年(大正6年)1010
  線名改称により磐越西線の駅となる。
 1983年(昭和58年)228
  簡易委託化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東日本所属の
  駅となる。
所在地
 福島県耶麻郡西会津町上野尻2805
備考

 JA(農協)と合築の駅舎を備える有人駅
 である。
 かつては交換設備があったようで、ホームは
 島式ホームの駅舎側の1線を廃した
 11線の構造になっている。
 訪問の時点で、
 下り新津・徳沢方面7本/日、
 上り会津若松・野沢方面7本/日
 の定期列車の発車があり、
 上下線とも快速『あがの』は通過する。
 駅舎は線路西側に設けられている。
 駅前からは国道49号線に至る、延長1.1km
 の福島県道370号上野尻停車場線が
 西へ延びている。
 駅南側には、小さいが駅前ロータリーを
 有している。
 また、駅の東側には田畑を介して阿賀川が
 流れている。
 駅前には、西会津町民バスの『上野尻駅』
 停留所が置かれ、各方面へ4系統の運行が
 
ある。
 駅前には旅館等があり、小集落になって
 いるが、地区の集落は駅から西に300m
 離れて形成されている。

駅舎右手の駅入口。
駅舎内にて、ホーム出入り口側より駅入口側を見る。
出札口はあるが、改札は省略となっている。
ホーム南端より、下り新津・徳沢方面を見る。
旧島式ホームの駅舎側の1線は廃されており、 構内踏切があったと
思われる所には、 駅舎との連絡通路が設置されている。
ホーム中程より、上り会津若松・野沢方面を見る。
駅左手(東側)は、小さな田畑を挟んで阿賀川が流れている。
ホーム南端より、上り会津若松・野沢方面を見る。
横取り線がホーム手前で車止めされている。
位置的にホーム側の1線が廃された後に敷設されたものであろう。
ホーム南端より、下り新津・徳沢方面を見る。
ホームはそこそこ長く、列車ののりば付近にのみ上屋が設けられている。
ホームより、駅舎南側の小さなロータリーを見る。
ホーム上屋部分には吊り下げ式駅名標があるが、
内照式ではないものが採用さrている。
駅前ロータリーより、西へ延びる福島県道370号上野尻停車場線。
左手に駅前旅館がある。  上野尻のメイン集落はこの先300m程にある。
駅舎内の様子。
旧山都町(現喜多方市)の中心駅らしく
、利用者も多いようだ。