東 北 ・ 甲 信 越
東日本旅客鉄道 磐越西線(ばんえつさいせん)
郡山
KOORIYAMA
新津
NIITSU
津川
20135月撮影
日出谷
HOME駅のある風景東北甲信越磐越西線(駅一覧) > 磐越西線 E
徳 沢
とくさわ
豊美
20135月撮影
豊 美
とよみ
徳沢
日出谷
駅舎前より、構内跨線橋と、上り会津若松・上野尻方面を見る。
駅舎と上り線の間には、側線が1線敷設されている。
日出谷
ひでや
豊美
鹿瀬
20135月撮影
20135月撮影
ホーム東端より、下り新津・鹿瀬方面を見る。
かつてはこのホーム端に跨線橋階段が設けられていた。
また、構内踏切時代にはこのホーム部分はなく、跨線橋建設に
合わせて増設(延長)されたホームの一部であろう。
地下通路の駅前広場側から、ホーム側を見る。
コンクリート打ちっぱなしの殺風景な通路である。
突き当り左手にホームへの階段が延びている。
線路西側の貨物積卸場跡より、上り会津若松・徳沢方面を見る。
徳沢駅駅舎。
西会津町役場徳沢出張所、徳沢簡易郵便局、トイレが併設されている。
壁面の建物財産標には、『本屋 昭和59224日』 とある。
構内跨線橋の通路にて、駅舎側からホーム方向を見る。
銘板にはRC+S造、1983年(昭和58年)1月の竣工と記されている。
ホーム東端より、下り新津・豊美方面を見る。
左手のRC造の建物が豊美駅駅舎。
壁面の建物財産標には、『諸舎 昭和581125日』 とある。
ホームへの地下通路入口であるが、当サイトでは駅舎と定義する。
右手の木造の建物は、駅舎ではなくトイレである。
地下通路より、ホームへの階段を見る。
ホームは築堤上にあり、結構高低差がある。
日出谷駅入口。
通路突き当りの建物壁面の建物財産標には、
『鉄 待合所 05-1 平成22104日』 とあるが、通常はシャッターが降り、
使われていないようだ。 待合室はホーム上左手に別棟がある。
かつての駅舎はこの通路のすぐ左手(写真左端の青い屋根の家の正面)
にあり、古くはホームへ構内踏切で連絡していた。
また、JAと合築の駅舎があった頃の写真によると、構内跨線橋が
あった。 跨線橋は交換設備の廃止と同時に撤去されたらしい。
ホーム西端付近より、上り会津若松・豊美方面を見る。
駅構内の左手(北側)を国道459号線が並行している。
ホーム東寄りから、下り新津・鹿瀬方面を見る。
かつての航空写真によると、線路先の木立があるあたりの
右手(構内西北端)に転車台が設けられていた。
津 川
つがわ
鹿瀬
三川
津川駅駅舎。
2009年(平成21年)919日竣工とのこと。
20135月撮影
三 川 行
For  MIKAWA
上野尻 行
For  KAMI-NOJIRI
上野尻
ホーム東端より、下り新津・豊美方面を見る。
ホーム端には通路跡があり、かつては駅舎との間に
構内踏切があったものと思われる。
ホーム南端付近より、下り新津・日出谷方面を見る。
ホーム東側の1線(上り線)は廃され、路盤は盛土されている。
また、上屋の先にはRC造の待合室とトイレが設置されている。
壁面の建物財産標には、『待合所 昭和581125日』 とあり、
トイレの浄化槽が路盤部分にあることより、こちら側の線路が
廃されたのは待合室設置以前ということになる。
ホーム西寄りから、上り会津若松・豊美方面を見る。 線路は
すべて廃されているが、右手(南側)には旧貨物ホームが残っている。
その右手の平家の建物には『日出谷乗務員休養室』とある。
現在は使われていないようだ。 かつて当駅には車両基地があり、
始発列車もあったとのことで、その時代に使われたものであろう。
駅舎内の様子。
左手の旧駅務室側が民間の店舗となっている。
駅務室にテナントで飲食店が入店している駅は数多いが、
ふとん店が入店し、これ程きれいに壁を撤去している駅は珍しい。
駅舎前より、ホーム方向(下り新津・津川方面)を見る。
ホーム下り側の線路は廃されている。
ホーム西端付近より、上り会津若松・日出谷方面を見る。
下り新津行き普通列車が到着した。
ホーム南端より、下り新津・日出谷方面を見る。
左手の更地は旧貨物積卸場であろう。
 東日本旅客鉄道(JR東日本) 磐越西線 : 徳沢駅豊美駅日出谷駅鹿瀬駅津川駅
駅名  徳沢(とくさわ)
駅構造
 島式ホーム12線の地上駅。
駅舎
 RC造の地上駅舎。(徳沢簡易郵便局、
 西会津町役場徳沢出張所を併設)
管理形態
 簡易委託。( 西会津町に委託)
きっぷうりば

 出札窓口 : あり。
 券売機 : 簡易自動券売機(1台)。

駅内店舗

 有人店舗 : なし。
 (町役場の出張所が、飯豊山弥平四郎
  登山口案内所を兼ねている)
 自動販売機 : なし。

連絡通路
 構内跨線橋。
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 新津駅
乗車人員  14人/日(2011年度平均)
 13人/日(2010年度平均)
開業日
 1914年(大正3年)111
  国有鉄道(内閣鉄道院)岩越線の
  徳沢駅として開業。
 1917年(大正6年)1010
  線名改称により磐越西線の駅となる。
 1983年(昭和58年)228
  簡易委託化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東日本所属の
  駅となる。
所在地
 福島県耶麻郡西会津町群岡字徳沢641
備考

 RC造の小さな駅舎と交換設備を備える
 有人駅である。
 西会津町がきっぷ販売を受託し、駅舎内
 には町役場の出張所と簡易郵便局が
 併設されている。(改札は省略)
 訪問の時点で、
 下り新潟・新津行き7本/日、
 上り会津若松行き7本/日
 の定期列車の発車があり、普通列車のみ
 が停車する。
 駅舎は線路北側に設けられている。
 駅舎は国道459号線に面しており、
 小さな駅前広場を有する。
 また、県道の北側すぐを阿賀川が流れて
 いる。
 駅を中心とした国道沿いに小さな集落が
 形成されている。
 駅の南側には低い山地が迫っており、
 民家はないため、南北自由通路等は
 設置されていない。
 駅前には『徳沢駅』停留所があり、西会津
 町営バス・高陽根線が運行されている。
 尚、磐越西線は当駅西の阿賀川に架かる
 徳沢橋梁にて新潟県境を超え、阿賀川も
 新潟県側は阿賀野川と名前を変える。

駅名  豊実(とよみ)
駅構造
 島式ホーム11線の地上駅。
駅舎
 RC造の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。 券売機 : なし。

駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路
 構内地下通路。
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 新津駅。
乗車人員  −
開業日
 1914年(大正3年)111
  国有鉄道(内閣鉄道院)岩越線の
  豊美駅として開業。
 1917年(大正6年)1010
  線名改称により磐越西線の駅となる。
 1983年(昭和58年)228
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東日本所属の
  駅となる。
所在地
 新潟県東蒲原郡阿賀町豊実。
備考

 築堤上に盛土式ホームを有する無人駅で
 ある。
 かつては交換設備があったようで、
 ホームは島式ホームの上り線を廃した
 11線の構造になっている。
 訪問の時点で、
 下り新潟・新津行き7本/日、
 上り会津若松行き7本/日
 の定期列車の発車があり、普通列車のみ
 が停車する。
 駅舎(ホームへの地下通路出入口)
 は線路西側に設けられている。
 駅は山地の谷間を流れる阿賀野川の狭い
 東岸に位置し、国道459号線に面して、
 駅前広場を有している。
 駅前および集落にて、路線バスの便は
 ないようだ。

駅名  日出谷(ひでや)
駅構造
 島式ホーム11線の地上駅。
駅舎
 なし。(ホーム上に待合室がある)
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : 簡易自動券売機(1台)。

駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路
 駅前広場から駅舎への通路あり。
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 新津駅。
乗車人員  −
開業日
 1914年(大正3年)111
  国有鉄道(内閣鉄道院)岩越線の
  日出谷駅として開業。
 1917年(大正6年)1010
  線名改称により磐越西線の駅となる。
 1986年(昭和61年)111
  簡易委託化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東日本所属の
  駅となる。
 1993年(平成5年)
  無人駅化。
所在地
 新潟県東蒲原郡阿賀町日出谷乙3401
備考

 広い構内に盛土式ホームを有する無人駅
 である。
 かつては交換設備があったようで、
 ホームは島式ホームの下り線を廃した
 11線の構造になっている。
 かつては複数の側線と転車台・給水塔など
 を備える蒸気機関車の中継基地として
 賑わったとのことだ。
 訪問の時点で、
 下り新潟・新津行き7本/日、
 上り会津若松行き7本/日
 の定期列車の発車があり、普通列車と
 臨時快速『SLばんえつ物語号』が停車する。
 (快速『あがの』は通過する)
 かつてはJAと合築の駅舎があったようだが、
 現在は駅前広場からホームへ、線路が
 廃された路盤を跨いで通路が設置されて
 いるのみである。
 駅は山地の谷間を流れる阿賀野川の
 北岸に開けた狭い平野部に位置し、広い
 駅前広場を有している。
 駅の北側を国道459号線が並行しているが、
 自由通路や踏切はない。
 駅前からは新潟交通観光バスの『日出谷』
 停留所があり、津川駅前方面へ3往復/日
 程度の便がある。
 駅の南側を中心に集落が形成されている。

駅名  鹿瀬(かのせ)
駅構造
 島式ホーム11線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : 簡易自動券売機(1台)。

駅内店舗

 有人店舗 : 高橋ふとん店(雑貨、衣類等)。
 自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 駅舎からホームへの地上通路あり。
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 新津駅。
乗車人員  −
開業日
 1914年(大正3年)111
  国有鉄道(内閣鉄道院)岩越線の
  鹿瀬駅として開業。
 1917年(大正6年)1010
  線名改称により磐越西線の駅となる。
 1986年(昭和61年)111
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東日本所属の
  駅となる。
所在地
 新潟県東蒲原郡阿賀町向鹿瀬858
備考

 盛土式ホームを有する無人駅である。
 駅舎とホームは少し離れている。
 かつては交換設備があったようで、
 ホームは島式ホームの上り線を廃した
 11線の構造になっている。
 訪問の時点で、
 下り新潟・新津行き8本/日、
 上り会津若松行き8本/日
 の定期列車の発車があり、普通列車と
 快速『あがの』が停車する。
 (臨時快速『SLばんえつ物語号』は通過)
 旧鹿瀬町の中心駅であり、駅は山地の
 谷間を流れる阿賀野川の南北岸に開けた
 狭い平野部の北岸に位置する。
 (旧鹿瀬町の中心は南岸にある)
 駅舎は線路南側にあり、駅前を通る新潟
 県道174号角島鹿瀬線に面している。
 県道に沿って細長い駅前広場を有する。
 駅北側にも町道や集落があるが、
 自由通路や北出口はない。
 駅前からは路線バスの連絡はなく、
 (かつてはあったが、廃されている) 東に
 400m程離れた国道459号線沿いに
 新潟交通観光バス334系統・津川駅-
 日出谷駅線の『鹿瀬電工前』停留所が
 あり、3往復/日程度の便がある。

HOME駅のある風景東北甲信越磐越西線(駅一覧) > 磐越西線 E
ホーム中程より、上り会津若松・上野尻方面を見る。
朝夕の計2回列車交換が行われているが、発車時刻表やホームに
のりば番号や方面表示の案内はない。
駅前広場に立ち、駅前を通る国道459号線の東側を見る。
駅を中心に小集落が形成されており、数件の商店がある。
ホーム中程より、下り新津・日出谷方面を見る。
線路左手には旧貨物ホームと思われる短いホームが残っている。
ホーム南端付近より、上り会津若松・徳沢方面を見る。
地下通路出入口前より、駅前広場を見る。
写真ではわかりにくいが、写真中央の家並みに沿って
国道459号線が走っており、数件の商店がある。
国道にセンターラインはなく、道幅は広くない。
ホーム中程より、上り会津若松・徳沢方面を見る。
右手は貨物積卸場跡で、駅前広場へ坂道が延びている。
駅前広場には、東屋とブランコ・すべり台が設置されている。
ホーム出入り口通路付近より、下り新津・鹿瀬方面と待合室を見る。
ホームには駅周辺のガイドマップが建てられている。
ホーム東寄りの待合室内の様子。  簡易自動券売機が置かれている。
尚、当待合室は上屋の一部として登録されており、外壁面の
建物財産標には、『鉄 旅客上屋 41-1 昭和58523日』 とある。
ホーム東寄りから、上り会津若松・豊美方面を見る。
ホーム右手の路盤跡右側の地面の白い部分が駅舎跡である。
写真右側奥の大きな建物は『当麻公民館』で、トイレ利用可である。
尚、当駅にトイレはない。
駅前を通る新潟県道174号角島鹿瀬線より東側を見る。(駅舎は右手)
この道を直進すると程無く民家は途切れ、3.5km程で津川駅前に出る。
鹿瀬駅駅舎。
民間の店舗が入店しており、一般の駅とは少し違った雰囲気がある。
すみません! 駅名標を撮影するのを忘れました。
また行く機会があったら撮ってきます。
ホーム東端より、上り会津若松・日出谷方面と駅舎・通路を見る。
ホーム東寄りの待合室内の様子。
簡易自動券売機は駅舎内ではなく、ホーム上の待合室内に置かれている。
尚、当待合室は上屋の一部として登録されており、外壁面の
建物財産標には、『鉄 旅客上屋 41-1 昭和58523日』 とある。
駅前を通る新潟県道174号角島鹿瀬線より西側を見る。(駅舎は左手)
300m程先に国道459号線が県道と南側(右手)の阿賀野川を
オーバーパスする【鹿瀬大橋】が見える。
ホーム東寄りの待合室脇より、下り新津・津川方面を見る。
鹿 瀬
かのせ
駅名  津川(つがわ)
駅構造
 島式ホーム12線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 業務委託。
きっぷうりば

 出札窓口 : みどりの窓口(6:4516:45
 券売機 : タッチパネル式(1台)。

駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 構内跨線橋。
管轄
 東日本旅客鉄道 新潟支社。
管理
 新津駅。
乗車人員  157人/日(2011年度平均)
 186人/日(2010年度平均)
開業日
 1913年(大正2年)61
  国有鉄道(内閣鉄道院)信越線支線の
  津川駅として開業。
 1914年(大正3年)111
  新津駅 - 津川駅間を岩越線として
  区間分離。
  国有鉄道・岩越線の駅となる。
 1917年(大正6年)1010
  線名改称により磐越西線の駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東日本所属の
  駅となる。
所在地
  新潟県東蒲原郡阿賀町角島127
備考

 木造駅舎と交換設備を備える有人駅
 である。
 訪問の時点で、
 下り新津・三川方面11本/日、
 上り会津若松・鹿瀬方面8本/日
 の定期列車の発車があり、
 上下線とも快速『あがの』、臨時快速の
 『SLばんえつ物語号』が停車する。
 駅舎は線路南側に設けられ、広い駅前
 広場を有している。
 また、駅は新潟県道174号角島鹿瀬線に
 面しており、県道は駅のすぐ西側で
 国道49号線に合流している。
 駅の南側を阿賀野川が流れており、
 街の中心は阿賀野川の対岸になっている。
 駅前には、新潟交通観光バス『津川駅前』
 停留所が置かれ、新潟駅への高速バスを
 含め、各方面へ8系統の運行が
ある。
 尚、津川地区では毎年53日の夜に
 【狐の嫁入り行列】という有名な祭りが
 開催され、多くの人で賑わいを見せる。
 (ちょうど訪問日前夜が祭りの開催日で
  あった。下調べ不十分にて日程が
  合わず非常に残念だ!)

駅入口より、改札口方向を見る。 駅舎内は割と狭い。
みどりの窓口とタッチパネル式自動券売機が設置されている。
右手は待合室になっている。
駅舎前(改札口前)より、構内跨線橋方向を見る。
跨線橋階段幅は狭く、跨線橋通路もほぼ同等の幅となっている。
ホームの跨線橋階段下より、下り新津・三川方面を見る。
1番のりばは下り新津方面、2番のりばは上り会津若松方面となっている。
尚、臨時快速『SLばんえつ物語号』は、上り下りともに1番線に停車し、
機関車の給水作業のため15分程度停車するとのこと。
ホーム待合室前より、上り会津若松・鹿瀬方面を見る。
構内跨線橋が出来る以前は、
このホーム先に構内踏切があったとのことだ。
ホーム東寄りの待合室の様子。
尚、当待合室は上屋の一部として登録されており、外壁面の
建物財産標には、『鉄 旅客上屋 41-1 昭和57324日』 とある。
下り1番のりばより、下り新津・三川方面を見る。
1番のりば西端より、上り会津若松・鹿瀬方面を見る。
当地の夜祭である【狐の嫁入り行列】がプリントされた観光用駅名標。
駅前を通る新潟県道174号角島鹿瀬線にて、東側を見る。
 左手が駅前広場になる。
大きな観光案内板の左に『津川駅前』停留所が置かれている。
この道を直進すると程無く民家は途切れ、3.5km程で鹿瀬駅前に出る。
駅舎内の5連ベンチに座り、駅入口方向を見る。
扉の向こうに町役場出張所(簡易郵便局)の入口が見える。
写っていないが、左手に発車時刻表、簡易自動券売機がある。
駅出入口前より、駅前広場を見る。
正面方向に延びる駅前通りは、300m程で
新潟県道322号鹿瀬日出谷線に合流する。
また、写真右端の建物は、2010年まで『SLばんえつ物語号』の到着に
合わせて名物駅弁の【とりめし】を調理・販売していた『朝陽館』である。
SLばんえつ物語号』の停車駅に設置される駅名標と照明塔。
写っていないが、もちろんセットのベンチも置かれている。
駅前を通る新潟県道174号角島鹿瀬線にて、西側を見る。
 右手が駅前広場になる。
道路の先に(小さく)黄色い作業車が停まっているあたりが
国道49号線との交差点で、交差点を左へ阿賀野川に架かる
『きりん橋』を渡ると町の中心部へ出る。