駅のある風景 北海道旅客鉄道 石北本線 D  : 廃・上白滝駅、白滝駅、廃・旧白滝駅、下白滝信号場、丸瀬布駅
HOME駅のある風景北海道石北本線(駅一覧) > 石北本線 D
北  海  道
     
新 旭 川  ⇔  網  走
北海道旅客鉄道 石北本線(せきほくほんせん)

 
駅一覧へ



               
       
駅名  上白滝(かみしらたき) : 廃駅。
駅構造
 盛土式単ホーム11線の地上駅。
駅舎
 構内南側に木造の地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −
 券売機 : −

改札  行わない。
トイレ  あり。(駅舎外別棟)
駅内店舗

 有人店舗 : −   自動販売機 : −

連絡通路
 なし。
乗車人員  1人以下/日(2011年-2015年平均)
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
所属路線  石北本線。
管理
 遠軽駅。
発着列車 2015年(平成27年)314日改正時>
 下り 網走行き 1本/日 7:04
 上り 旭川行き 1本/日 17:08
  普通列車の一部は通過していた。
主な歴史

 1932年(昭和7年)101
  国有鉄道(鉄道省)石北線の上白滝駅
  として開業。 一般駅。
 1961年(昭和36年)41
  石北線が石北本線に改称。
 1978年(昭和53年)31
  貨物扱い廃止。
 1983年(昭和58年)110
  荷物扱い廃止。 無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。
 2016年(平成28年)326
  利用者僅少により廃止。

所在地
 北海道紋別郡遠軽町上白滝62
接続バス  【白滝】停留所
  場所 : 駅の西約4.6kmR333沿い。
  運行 : 北海道北見バス他
   ・高速えんがる号、特急北大雪号他
駅周囲
その他
 駅があった当時は、駅前の国道333号線沿い
 に小さな集落が形成されていた。
 現在でも集落は存在するが、規模は縮小
 している。
 国道沿いの商店には飲料の自販機が
 置かれている。
 

 
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
      旧駅前を走る国道333号線の駅入口より駅跡方向を見る。
現役時にはこの場所から正面に木造駅舎が見えたが、
廃駅後、駅舎は取り壊され、更地となっている。
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅前広場より駅跡を見る。
駅舎の基礎も撤去され、駅があった痕跡はまったくない。
かつてのホーム部分にはフェンスが設置されている。
   
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
   
   
   
   
   
  ホーム跡より、上り上川・旭川方面を見る。
かつては交換設備のある相対式ホーム22線であったとのことだ。
 
   
     
   
   
   
   
   
    ホーム跡より、下り北見・網走方面を見る。
   
     
   
   
   
   
   
  駅舎跡より、旧駅前広場と国道333号線の駅出入口方向を見る。  
   
     
 
 
   
   
   
   
    旧駅前を走る国道333号線の駅入口付近より
遠軽方向(東側)を見る。 駅は左手。
   
     
   
   
   
   
   
  旧駅前を走る国道333号線の駅入口付近より
上川方向(西側)を見る。  駅は右手。
 
   
     
     
     
     
     
     
      駅の西(上川寄り)150m程にある「32号道路踏切」より、
下り北見・網走方面を見る。
四角形の白い建造物(信号器具箱)がある所が駅跡である。
     
       

 

 



               
       
駅名  白滝(しらたき)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
駅舎
 構内南東側に木造の地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  行わない。
トイレ  あり。(駅舎内男女別)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。   自動販売機 : なし。

連絡通路
 構内踏切。 (警報機 : あり、 遮断機 : なし)
乗車人員  15.0人/日(2012年-2016年平均)
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
所属路線  石北本線。
管理
 遠軽駅。
発着列車  下り 北見・網走方面 4本/日(23番のりば)
 上り 上川・旭川方面 5本/日(13番のりば)
  特急「オホーツク・大雪」、
  特別快速「きたみ」が停車する。
主な歴史

 1929年(昭和4年)812
  国有鉄道(鉄道省)石北西線の白滝駅
  として開業。 一般駅。
 1932年(昭和7年)101
  石北西線が石北線と線名改称。
 1961年(昭和36年)41
  石北線が石北本線に改称。
 1974年(昭和49年)101
  貨物扱い廃止。
 1984年(昭和59年)21
  荷物扱い廃止。
 1984年(昭和59年)1110
  簡易委託駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
 1992年(平成4年)41
  完全無人駅化。

所在地
 北海道紋別郡遠軽町白滝1056-4
接続バス  【白滝】停留所
  場所 : 駅の西約1.3kmR333沿い。
  運行 : 北海道北見バス他
   ・高速えんがる号、特急北大雪号他
駅周囲
その他
 駅は山地の谷間に開けた小さな平地部にある。
 かつては北見峠(石北トンネル)越えの
 SL用転車台と待機線・機回し線、貨物ヤード、
 駅舎横の上川側に貨物ホームと貨物側線が
 あったとのことだ。
 現在駅構内は縮小され、跡地は路盤のみ
 残っていたり、雑木林になったりしている。
 旧白滝村の中心駅であり、現在でも特急・快速
 の停車駅となっている。
 

 
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
      白滝駅駅舎。
大きな駅舎だが、無人駅となっている。
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅舎内の様子。
特急列車の停車駅としては狭いが、右手に別途待合室がある。
   
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  待合室内の様子。
右手にトイレへ向かう引き戸がある。
   
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    下り2番のりば上川寄りから、下り北見・網走方面を見る。
  3番のりば上川寄りから、上り上川・旭川方面を見る。
当のりばは、1番・2番のりばに対して短くなっている。
また、ホーム右手はかつての構内であり、 SL時代には
正面右手の雑木林のあたりに転車台が設置されていた。
 
     
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     上り1番のりば中程より、下り北見・網走方面を見る。
   
   上り1番のりば駅舎前付近より、上り上川・旭川方面を見る。    
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     上り1番のりば駅舎前より、構内踏切と
下り北見・網走方面を見る。
   
  丸瀬布寄りの構内踏切より、上り上川・旭川方面を見る。    
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    上り方面の上川駅と当駅の間には、かつて
天幕、中越、上越、奥白滝、上白滝の5駅が存在したが、
利用者僅少につき全駅が廃駅または信号場化されている。
よって隣駅の上川まで37.3kmの間、駅が存在しないことになった。
また、下り方面の丸瀬布駅と当駅の間には、かつて
旧白滝、下白滝の2駅が存在したが、こちらも廃駅または信号場化され
当駅との間に19.7kmの距離が開いている。
   
  駅舎前より、短い駅前通りを見る。
白い車が停まっている所を左右に
北海道道558号白滝原野白滝停車場線が走っている。
この短い駅前通りも、道道558号線の一部となっている。
 
   
   
       
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  北海道道558号白滝原野白滝停車場線にて上川方面を見る。
駅は右手。
  北海道道558号白滝原野白滝停車場線にて遠軽方面を見る。
駅は左手。
   
       

 




               
       
駅名  旧白滝(きゅうしらたき) : 廃駅
駅構造
 盛土式単ホーム11線の地上駅。
駅舎
 なし。
 (構内南東側のホーム上に木造の待合室あり)
駅前広場  なし。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  行わない。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。   自動販売機 : なし。

連絡通路
 構内踏切。(警報機 : あり、 遮断機 : なし)
乗車人員  10人以下/日(2011年-2015年平均)
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
所属路線  石北本線。
管理
 遠軽駅。
発着列車 <廃駅時>
 下り 網走方面 1本/日 7:16
 上り 旭川方面 3本/日 14:0816:5320:06
  普通列車の一部は通過していた。
主な歴史

 1947年(昭和22年)211
  国有鉄道(運輸省鉄道総局)石北線の
  旧白滝仮乗降場として開業。 旅客扱いのみ。
 1961年(昭和36年)41
  石北線が石北本線に改称。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となると
  同時に旧白滝駅として常設駅化。 旅客駅。
 2016年(平成28年)326
  利用者僅少につき廃止。

所在地
 北海道紋別郡遠軽町旧白滝。
接続バス  【白滝】停留所
  場所 : 駅の南西約5kmR333沿い。
  運行 : 北海道北見バス他
   ・高速えんがる号、特急北大雪号他
駅周囲
その他
 駅周囲は農地となっており、民家は点在レベル
 である。
 通学で下り列車を利用していたひとりの
 女子高生の卒業と同時期に廃止されたため
 話題になった駅である。
 いわゆる秘境駅としても有名であった。
 

 
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
      すみません!
只今心を込めて準備中です。
     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

 



               
       
駅名  下白滝信号場(しもしらたきしんごうじょう)
駅構造
 2線の信号場。
 (廃駅時 : 盛土式千鳥配置相対ホーム22
  の地上駅)
駅舎
 構内南東側に駅時代の木造地上駅舎が残る。
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −
 券売機 : −

改札  行わない。
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : なし。   自動販売機 : なし。

連絡通路
 なし。
 廃駅時 : 構内踏切(警報機:あり、遮断機:なし)
乗車人員  1人以下/日(2011年-2015年平均)
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
所属路線  石北本線。
管理
 遠軽駅。
発着列車 <廃駅時>
 下り 網走方面 1本/日 7:22
 上り 旭川方面 3本/日 14:02・16:4620:00
  普通列車の一部は通過していた。
主な歴史

 1929年(昭和4年)812
  国有鉄道(鉄道省)石北東線の下白滝駅
  として開業。 一般駅。
 1932年(昭和7年)101
  石北東線が石北線と線名改称。
 1961年(昭和36年)41
  石北線が石北本線に改称。
 1974年(昭和49年)101
  貨物扱い廃止。
 1983年(昭和58年)110
  荷物扱い廃止。 無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。
 2016年(平成28年)326
  利用者僅少につき旅客扱い廃止。 信号場化。

所在地
 北海道紋別郡遠軽町下白滝120
接続バス  なし。
 (信号場周囲10kmの範囲内にバス停はない)
駅周囲
その他
 駅周囲は農地・牧草地となっており、
 民家は点在レベルである。
 

 
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
      すみません!
只今心を込めて準備中です。
     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
           
       
       
       
       
       
       
       






               
       
駅名  丸瀬布(まるせっぷ)
駅構造
 盛土式島ホーム12線の地上駅。
駅舎
 構内南島側に地上駅舎。
 (遠軽町丸瀬布生涯学習館に併設)
駅前広場  なし。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  行わない。
トイレ  あり。(駅舎内男女別)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。   自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 構内踏切。 (警報機 : あり、 遮断機 : なし)
乗車人員  25.6人/日(2012年-2016年平均)
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
所属路線  石北本線。
管理
 遠軽駅。
発着列車  下り 北見・網走方面 6本/日
 上り 上川・旭川方面 6本/日
  特急「オホーツク・大雪」、
  特別快速「きたみ」が停車する。
主な歴史

 1927年(昭和2年)1010
  国有鉄道(鉄道省)石北東線の丸瀬布駅
  として開業。 一般駅。
 1932年(昭和7年)101
  石北東線が石北線と線名改称。
 1961年(昭和36年)41
  石北線が石北本線に改称。
 1982年(昭和57年)1115
  貨物扱い廃止。
 1984年(昭和59年)21
  荷物扱い廃止。
 1984年(昭和59年)1110
  簡易委託駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
 1992年(平成4年)41
  簡易委託廃止。 完全無人駅化。

所在地
 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布中町162
接続バス  【丸瀬布駅前】停留所
  場所 : 駅前。
  運行 : 遠軽町公営バス
   ・丸瀬布温泉行、遠軽行
 【丸瀬布】停留所
  場所 : 駅の東約140mR333沿い。
  運行 : 北海道北見バス他
   ・高速えんがる号、特急北大雪号他
駅周囲
その他
 昭和初期には武利森林鉄道が開通し、
 木材や物資輸送の中継点として多くの側線を
 有し、貨物輸送で賑わった駅とのこと。
 かつての広い構内は縮小され、現在では
 数本の側線を有するのみとなっている。
 旧丸瀬布町の中心駅であり、現在でも
 特急・快速の停車駅となっている。
 

 
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
      すみません!
只今心を込めて準備中です。
     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

 




廃・伊奈牛駅へ

駅一覧へ

HOME駅のある風景北海道石北本線(駅一覧) > 石北本線 D