北海道
北海道旅客鉄道 宗谷本線(そうやほんせん)
旭川
ASAHIKAWA
稚内
WAKKANAI
雄信内
おのっぷない
20119月撮影
安牛
  HOME 駅のある風景 北海道宗谷本線(駅一覧) > 宗谷本線 I
安 牛
やすうし
雄信内
南幌延
南幌延
みなみほろのべ
安牛
上幌延
20119月撮影
20119月撮影
上幌延
かみほろのべ
南幌延
幌延
20119月撮影
ホーム南寄りから、下り稚内・南幌延方面を見る。
15:02発稚内行き普通列車が到着した。
待合室内の様子。
座ると壊れそうなロングベンチと、ベニヤの内壁が印象的である。
ベンチの上には駅ノートが置かれていた。
ホーム南端の線路脇より、下り稚内・上幌延方面を見る。
駅名  雄信内(おのっぷない)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 なし。(出札窓口は閉鎖されている)

駅内店舗
 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。
連絡通路
 構内踏切。(警報機:有り、遮断機:なし)
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
管理
 幌延駅。
乗降人員
 
開業日
 1925年(大正14年)720
  国有鉄道(鉄道省)の雄信内駅として
  開業。
所在地
 北海道天塩郡幌延町
  大字雄興小字雄信内。
備考

 交換設備と遮断機のない構内踏切を
 有する比較的大きな無人駅である。
 かつては23線と貨物側線を有する
 有人駅であったが、1986年(昭和61年)
 11月の無人駅化により、駅舎の出札窓口と
 手荷物窓口は閉鎖され、待合室と屋外の
 トイレのみが使用できる状態になっている。
 当駅には普通列車のみが停車し、
 
下り稚内方面5本/日、
 上り旭川・名寄方面5本/日が発着する。
 22線のホームは、基本的に駅舎側の
 1番のりばが下り稚内・幌延方面、
 2番のりばが上り旭川・名寄方面に割り当て
 られている。
 駅舎は線路南側に設置されており、
 駅前広場を有する。
 駅北側は山地、南側約300mを天塩川が
 流れており、集落は天塩川の対岸にある。
 集落は国道40号線を中心に形成されて
 おり、幌延町役場支所、啓徳小中学校、
 雄信内郵便局、駐在所等、町の機能が
 揃っているが、駅は集落から23km離れて
 おり、周囲には廃屋があるのみで人の気配
 がなく、非常に淋しい。

雄信内駅舎。 右手に簡易トイレが置かれている。
古い木造駅舎は老朽化が目立っている。
2番のりば西端付近より、上り名寄・糠南方面を見る。
待合室内の様子。  内部のトイレは使用禁止になっている。
駅ノートが置かれている。
ホーム南端より、下り稚内・南幌延方面を見る。
ホーム左手には旧貨物側線の車止め(コンクリート製)が残っている。
駅名  安牛(やすうし)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
駅舎
 なし。(貨車改造の待合室がある)
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 なし。

駅内店舗
 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。
連絡通路
 なし。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
管理
 幌延駅。
乗降人員
 −
開業日
 1925年(大正14年)720
  国有鉄道(鉄道省)の安牛駅として開業。
所在地
 北海道天塩郡幌延町大字開進小字安牛。
備考

 盛土式の単式ホームと貨車を改造した
 待合室を備える無人駅である。
 かつては木造駅舎と相対式ホーム22線、
 構内踏切を有し、貨物側線を備えた
 有人駅であった。
 
当駅の列車発着は、普通列車のみで
 
下り稚内方面3本/日、
 上り旭川・名寄方面3本/日となっており、
 一部の普通列車は通過する。
 ホームは線路西側に設置されており、
 小さな駅前広場を有する。
 駅東側には山地が迫り、西側1,500m程を
 天塩川が流れている。
 その対岸を国道40号線が並行しているが、
 当駅付近に橋が無く、国道へは幌延か
 雄信内にて橋を渡る必要がある。
 駅周囲は廃屋が1軒あるのみで、民家は
 なく、無人地帯になっている。
 かつては駅前には集落があり、幌延町立
 安牛小学校があったが、同校は1982
 (昭和57年)3月をもって閉校している。
  駅の南約500mに牧場が1軒ある。

貨車(車掌車)を改造した安牛駅待合室。
旧木造駅舎の基礎の片隅に置かれている。 外壁はサビがひどい。
駅名  南幌延(みなみほろのべ)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
駅舎
 なし。
 (ホームから道路を挟んで待合室がある)
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 なし。

駅内店舗
 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。
連絡通路
 なし。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
管理
 幌延駅。
乗降人員
 −
開業日
 1959年(昭和34年)111
  日本国有鉄道の南幌延駅として開業。
所在地
 北海道天塩郡幌延町
   大字開進小字南上幌延。
備考

 車両1両分に満たない桁式板張りの単式
 ホームと、ホームから町道を挟んだ対面に
 小さな待合室を備えた無人の小駅で、
 駅舎やトイレ、駐輪場は設置されていない。
 待合室は木造トタン張りで、かなり古い
 ものである。
 当駅の列車発着は、普通列車のみで
 
下り稚内方面3本/日、
 上り旭川・名寄方面3本/日となっており、
 一部の普通列車は通過する。

 ホームは線路西側に設置されており、
 北側を一般踏切に接している。
 ホームへは踏切内からアクセスする方式で
 駅前広場はない。
 駅周囲は酪農地帯であり、少し離れて
 12軒の民家や酪農施設があり、
 牧草地が広がっている。
 また、駅前には地区の集会所がある。

ホームより、下り稚内・上幌延方面を見る。
貨車(車掌車)を改造した上幌延駅待合室。
一般道から駅前に専用道が設けられ、ロータリー形式になっている。
駅名  上幌延(かみほろのべ)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
駅舎
 なし。(貨車改造の待合室がある)
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 なし。

駅内店舗
 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。
連絡通路
 なし。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
管理
 幌延駅。
乗降人員
 −
開業日
 1925年(大正14年)720
  国有鉄道(鉄道省)の上幌延駅
  として開業。
所在地
 北海道天塩郡幌延町上幌延。
備考

 盛土式の単式ホームと貨車を改造した
 待合室を備える無人駅である。
 駅舎やトイレ、駐輪場は設置されていない。
 かつては木造駅舎と相対式ホーム22線、
 構内踏切を有し、貨物側線を備えた有人駅
 であった。
 
当駅の列車発着は、普通列車のみで
 
下り稚内方面2本/日、
 上り旭川・名寄方面3本/日となっており、
 一部の普通列車は通過する。
 ホームは線路西側に設置されており、
 小さな駅前ロータリーを有する。
 駅東側には山林、北側は天塩川水系の
 ペンケオコッペ川、西は天塩川、南を
 旧天塩川である三日月湖に囲まれた
 立地にある。
 駅前に民家が1軒あるのみで、1km程南に
 上幌延地区の小集落がある。
 かつては駅の北500m程に、幌延町立
 上幌延小学校があったが、同校は1982
 (昭和57年)3月をもって閉校している。

幌 延
ほろのべ
上幌延
下沼
20119月撮影
駅名  幌延(ほろのべ)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
駅舎
 コンクリート造の地上駅舎。
 (沿岸バス幌延出張所を併設)
管理形態
 社員配置。
きっぷうりば

 みどりの窓口(7:5015:50)。

駅内店舗
 有人店舗 : なし。 自動販売機 : 飲料。
連絡通路
 構内跨線橋。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
管理
 幌延駅。
乗降人員
 
開業日
 1925年(大正14年)720
  国有鉄道(鉄道省)天塩南線の幌延駅
  として開業。
 1935年(昭和10年)630
  天塩線(後に羽幌線に編入)開業。
 1987年(昭和62年)330日 羽幌線廃止。
所在地
 北海道天塩郡幌延町1条南1丁目。
備考

 交換設備と構内跨線橋を備える大きな
 有人駅である。
 かつては国鉄羽幌線や殖民軌道幌延線が
 乗り入れ、複数の側線・引き込み線、
 機関区、転車台を有し、貨物扱いも行う
 ターミナル駅であった。
 現在は側線や貨物ホームは廃止され、
 構内に草地の目立つ宗谷本線の単独駅
 になっている。
 尚、かつての羽幌線はバス転換されて
 いる。
 当駅には特急列車を含むすべての定期
 列車が停車し、
下り稚内方面8本/日、
 上り旭川・名寄方面8本/日が発着する。
 
ホームは基本的に駅舎側の1番のりばが
 使用され、列車交換のある時のみ
 2番のりばが併用される。
 尚、交換時は上り下りに関係なく、特急
 列車が1番のりばを優先使用する。
 3番のりばにはかつて羽幌線が発着して
 いた。(3番のりばは現在使われておらず、
 のりば表示もないが、線路は残っている)
 駅舎は線路北側に設置されており、
 大きな駅前広場
を有している。
 また、南口側に出入り口はなく、
 東西自由通路も設置されていない。
 幌延町の中心駅であり、周囲は市街地と
 なっている。

幌延駅駅舎。
1973年(昭和48年)12月築、鉄筋コンクリート平屋建て。
待合室内の様子。
撮影立ち位置後方には小上がりが設置されている。
2番のりば東端付近より、下り稚内・下沼方面を見る。
当ホームにはかつて上屋があったが、羽幌線廃止後に撤去されたようだ。
1番のりば跨線橋階段脇より、上り名寄・上幌延方面を見る。
跨線橋もだいぶ年季が入っている。
2番のりば中程より、下り稚内・安牛方面を見る。
駅舎内の様子。
出札窓口は板張りされ掲示スペース、手荷物窓口はカーテンが閉まっている。
撮影立ち位置後方の壁には作り付けの木製ロングベンチがある。
駅ノートが置かれていた。
HOME 駅のある風景 北海道宗谷本線(駅一覧) > 宗谷本線 I
駅前のメインストリートは、延長300m
北海道道302号雄信内停車場線である。
かつてはこの通りにも45軒の民家や農業倉庫があったようだが、
現在、この通りに建造物はない。
2番のりば東端より、上り名寄・糠南方面を見る。
警報機のみの構内踏切は、線路部分のみ敷き板があるタイプだ。
ホーム北端付近より、上り名寄・雄信内方面を見る。
かつて線路左手には相対式ホームが存在した。
南幌延駅待合室。  駅名の表示はない。
待合室は一般道に面しており、駅前広場はない。
踏切より、ホーム全景を見る。
ホームの長さは車両1両分に満たない。
踏切前より、東側を見る。
線路を横断しているのは、基幹農道・幌延町道開進6号線、
踏切は 『南幌延踏切』で、南幌延駅の構内踏切扱いになっている。
3番のりば(旧羽幌線のりば)西端より、下り稚内・下沼方面を見る。
羽幌線はここから稚内方面に向かって発車した後、左へ大きくカーブし、
進路を南西にとっていた。  現在、この線路は宗谷本線に合流して
いるが、羽幌線の現役時には宗谷本線に並行した線路で、
相互乗り入れが出来る配線だったのかもしれない。
また、左手前方の草地には、かつて機関庫や転車台が存在したようだ。
糠 南 行
For  NUKANAN
待合室内の様子。
内部のトイレは取っ手がはずされ閉鎖されている。
ホーム南寄りから、下り稚内・幌延方面を見る。
右手はかつての相対式ホーム跡であるが、ヤブ化が進んでいる。
ホーム北寄りから、上り名寄・南幌延方面を見る。
ホーム南端より、上り名寄・南幌延方面を見る。
ホーム北端より、下り稚内・幌延方面を見る。
ホーム先の草地は、貨物積卸場と引込み線跡であるが、
ホーム跡等、往時の痕跡は残っていない。
1番のりば中程より、上り名寄・上幌延方面を見る。
ホーム左側はかつての貨物積卸場と思われる。
2番のりば中程より、下り稚内・安牛方面を見る。
当ホームはかつて島式ホームであり、右手のヤブは路盤跡である。
跨線橋内の通路の様子。
通路幅は特急停車駅として狭い方である。
(特急列車はすべて1番のりばに発着するため、跨線橋は使われないが・・・)
駅前の様子。 駅前広場は写真右手に広がっている。
メインストリートは、北海道道645号上問寒幌延停車場線である。
路線廃止(バス転換)のご案内
日本国有鉄道 羽幌線
留萌 ⇔ 幌延
ホーム南端付近より、上り名寄・雄信内方面を見る。
ホーム右手の草地は旧貨物積卸場である。
コンクリート製の車止めが残るが、線路は廃されている。
駅前よりメインストリート(たぶん町道)を見る。
右手に民家が1軒ある他に民家はない。民家のプロパンガスの
ボンベははずされており、人は住んでいないと思われる。
踏切より、上り名寄・安牛方面を見る。
1番のりばより、駅舎を見る。
待合室部分には、木の窓枠が残る。(駅事務室側はサッシ)
旧木造駅舎の基礎が残っており、貨車待合室は
基礎の片隅に置かれている。
ホーム南端より、上り名寄・南幌延方面を見る。
配線にはかつて交換設備があった名残の振分分岐跡が見られる。
15:55発旭川行き普通列車が発車して行った。
駅前には民家が1軒と、郵便ポストがある。
青い道路案内標識のある所には、北海道道256号豊富遠別線が
南北に走っている。 標識を右に進むと幌延の市街地である。
JR北海道 宗谷本線 : 雄信内駅安牛駅南幌延駅上幌延駅幌延駅
ホーム西側(稚内・安牛側)には、旧貨物側線が1線残る。
当駅と糠南駅との間にあった上雄信内駅は、利用者僅少により
2001年(平成13年)71日に廃止となっている。
右上写真の撮影立ち位置から左手(西側)の
北海道道302号雄信内停車場線を見る。(右手に進むと駅である)
かつてはこの通りにもかなりの人家があったが、 現在は無人地帯である。
道路右側に、民家と商店が各1軒づつ建っているが、どちらも廃屋である。
また、撮影立ち位置後方へ進むと、宗谷本線の下平トンネル開通前に
使われた旧線跡(道路になっている)を通り、上雄信内駅があった
タンタシャモナイ地区に出る。道はその先行き止まりになっている。
北海道道121号稚内幌延線から、天塩川に架かる雄信内大橋を見る。
標識に従い、橋の手前を左に入ると雄信内駅方面(左写真の道)、
橋を渡り、突き当たりの国道40号線を右折すると、オヌプナイ集落に出る。
踏切より、西側を見る。
写真右手の小屋が待合室で、ホームは左手奥になる。
正面の赤い屋根の建物は南上幌延集会所、その奥に酪農家がある。
集会所前を左右に走っている道は、北海道道256号豊富遠別線である。
駅東側の 『第2幌延留萌線踏切』 より駅方向を見る。
幌延駅の前後は、振分配線になっている。
また、当踏切はホームより300m程離れているが、
幌延駅の構内踏切扱いになっている。
駅舎前には『沿岸バス』の幌延駅停留所が置かれている。
路線は、旧国鉄・羽幌線の代替である『豊富留萌線』だ。
豊富-幌延-天塩-遠別-初山別-羽幌-苫前-小平-留萌間を
4時間弱で結んでいる。 尚、当駅から留萌駅までは
普通便で約3時間半、1,600円である。
当駅と下沼駅との間にあった南下沼駅は、利用者僅少により
2006年(平成18年)318日に廃止となっている。
糠南