北海道
北海道旅客鉄道 宗谷本線(そうやほんせん)
旭川
ASAHIKAWA
稚内
WAKKANAI
塩 狩
しおかり
20119月撮影
和寒
  HOME 駅のある風景 北海道宗谷本線(駅一覧) > 宗谷本線 B
和 寒
わっさむ
塩狩
東六線
東六線
ひがしろくせん
和寒
剣淵
20119月撮影
20119月撮影
剣 淵
けんぶち
東六線
北剣淵
20119月撮影
1番のりば駅舎前付近より、下り名寄・東六線方面を見る。
水色の歩道橋は駅の東西を結ぶ自由通路で、ホームには降りられない。
待合室は一般道の歩道に面して建てられている。
引き戸の上には、『東六線乗降場待合室』 と書かれている。
待合室脇に自転車が置いてあるが、駐輪場はない。
ホームへの上り口付近より、待合室方向を見る。
駅名  塩狩(しおかり)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 なし。(出札窓口は閉鎖されている)

駅内店舗
 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。
連絡通路
 構内踏切。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
管理
 永山駅。
乗降人員
 
開業日
 1916年(大正5年)95
  国有鉄道(鉄道院)の塩狩信号所
  として開設。
 1922年(大正11年)41
  塩狩信号場に改称。
 1924年(大正13年)1125
  国有鉄道(鉄道省)の塩狩駅として開業。
所在地
 北海道上川郡和寒町字塩狩。
備考

 交換設備と遮断機のある構内踏切を
 有する比較的大きな無人駅である。
 昔の天塩の国と石狩の国の境界となる
 塩狩峠近傍に位置する。
 古い木造駅舎はリフォームを繰り返して
 使用されているようで、1986年(昭和61年)
 11月の無人駅化により、出札窓口と
 手荷物窓口は閉鎖され、待合室とトイレ
 のみが使用できる状態になっている。
 待合室には駅ノートが置かれていた。
 普通列車と快速『なよろ』の一部が停車し、
 
下り稚内・名寄方面9本/日、
 上り旭川方面9本/日が発着する。
 22線のホームだが、列車は基本的に
 駅舎側の1番のりばに発着し、列車交換が
 ある時(3回/日)と一部の普通列車のみ
 が2番のりばを使用する。
 尚、駅舎側の1番線は一線スルー構造に
 なっている。
 駅舎は線路西側に設置されており、
 駅前広場はない。
 また、自由通路は設置されていない。
 (駅東側には一目千本桜があるが、
  民家はない)
 周囲は山地であり、国道40号線が駅の
 西側を走っている。
 駅近傍には塩狩温泉と塩狩峠記念館が
 あり、大きな集落はない。
 駅の雰囲気は非常に良く、森林公園の
 ようなイメージがある。

1番のりばより駅舎を見る。 駅舎はホームより高い位置にある。
裏手は山林であり、駅舎正面はホームに面している。
駅舎前より、下り名寄・和寒方面を見る。
左側の道は国道40号線に続く一本道である。
特急列車が高速で通過するため、
構内踏切には警報機と遮断機が設けられている。
待合室内の様子。 ベンチはすべてホーム方向を向いている。
写っていないが、写真左手奥に
板張りされ掲示スペースとなった出札窓口跡がある。
2番のりば北端より、上り旭川・塩狩方面を見る。
駅名  和寒(わっさむ)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12
 計23線の地上駅。
駅舎
 鉄骨構造?の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 なし。(出札窓口は閉鎖されている)

駅内店舗
 有人店舗 : なし。 自動販売機 : 飲料。
連絡通路
 構内跨線橋、東西自由通路(歩道橋)
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
管理
 士別駅。
乗降人員
 
開業日
 1899年(明治32年)1115
  北海道官設鉄道の和寒駅として開業。
所在地
 北海道上川郡和寒町字北町1
備考

 交換設備と構内跨線橋を有する比較的
 大きな無人駅である。
 かつては塩狩峠超えの要衝として転車台
 を有する有人駅であったが、現在は複数
 の側線が残るのみで、草地が目立って
 いる。
 現在の駅舎は分割民営化後の1988
 (昭和63年)に改築され、待合室とトイレ、
 作業員詰所があるのみの小さなもので、
 トイレ入口はホーム側の屋外にある。
 待合室には駅ノートが置かれていた。
 当駅は特急列車を含むすべての定期
 列車が停車し、
 
下り稚内・名寄方面15本/日、
 上り旭川方面15本/日が発着する。
 23線のホームは、駅舎側の1番のりば
 が上り旭川方面、2番のりばが下り稚内
 ・名寄方面で、3番のりばは一部普通列車
 と臨時列車が使用するようだ。
 駅舎は線路西側に設置されており、
 広い駅前広場を有する。
 構内跨線橋と並行して、歩行者専用の
 歩道橋が東西自由通路として独立して
 設置されている。
 周囲は市街地であり、駅の西側を中心に
 町が形成されている。
 駅舎前の20m程を国道40号線が並行して
 いる。
 和寒町の中心駅である。

2番のりば跨線橋前より、上り旭川・塩狩方面を見る。
和寒駅駅舎。
建物財産標によると、1988年(昭和63年)1128日に
駅本屋として登録されている。
駅名  東六線(ひがしろくせん)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
駅舎
 なし(ホーム脇に待合室がある)。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 なし。

駅内店舗
 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。
連絡通路
 なし。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
管理
 士別駅。
乗降人員
 −
開業日
 1956年(昭和31年)1
  日本国有鉄道の東六線仮乗降場
  として開業。
 1959年(昭和34年)111
  東六線駅として常設駅化。
所在地
 北海道上川郡剣淵町第10区。
備考

 車両1両分程度の桁式板張りのホームと、
 ホーム脇に木造の待合室を備えた
 無人駅である。
 かつての仮乗降場の雰囲気を残している。
 待合室は古い木造で、内部は床が張られ
 ていない土間形式になっている。
 作り付けのベンチには座布団と駅ノートが
 置かれていた。
 列車は上り旭川方面4本/日、
 下り稚内・名寄方面4本/日が発着する。
 当駅は普通列車のみの発着があるが、
 利用者が少ないためか、約半数の普通
 列車が通過する。
 ホームは線路東側に設置されており、
 一般踏切に接して設けられているため
 駅前広場はない。
 周囲は田園地帯であり、まばらに民家が
 存在する。
 駅は防雪林に囲まれ、ホームからは
 田園地帯にあることを感じない。

ホームより、下り名寄・剣淵方面を見る。
駅および線路は防雪林に囲まれている。
剣淵駅駅舎。
1988年(昭和63年)1031日に現在の無人駅舎に改築されている。
入口右手の外壁、JRロゴの下にきっぷの委託販売案内が掲示されている。
駅名  剣淵(けんぶち)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 駅舎内にはなし。
 
ただし、駅前商店(簡易委託販売所)にて
 主要駅へのきっぷを販売。

駅内店舗
 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。
連絡通路
 構内跨線橋。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
管理
 士別駅。
乗降人員
 
開業日
 1900年(明治33年)85
  北海道官設鉄道の剣淵(けぬふち)駅
  として開業。
 1905年(明治38年)41
  読みを「けんぶち」に改称。
所在地
 北海道上川郡剣淵町仲町2-9
備考

 交換設備と構内跨線橋を有する
 比較的大きな無人駅である。
 かつては23線の駅構造を有し、
 複数の側線を有した有人駅だったようで、
 現在でも往時の面影が残っている。
 現在の駅舎は分割民営化後の1988
 (昭和63年)に無人駅用に建て替えられた
 ようで、小さいながらも、鉄道とバスの
 ふたつの待合室とトイレを備えている。
 普通列車と快速『なよろ』が停車し、
 
下り稚内・名寄方面12本/日、
 上り旭川方面12本/日が発着する。
 相対式ホームだが、列車は基本的に
 駅舎側の1番のりばに発着し、列車交換が
 ある時(2回/日)のみ2番のりばが使用
 される。
 尚、駅舎側の1番線は一線スルー構造に
 なっている。
 駅舎は線路西側に設置されており、
 自由通路は設置されていない。
 (駅東側に住宅は少ない)
 剣淵町の中心駅であり、周囲は小さい
 ながらも町が形成されている。

北剣淵
きたけんぶち
剣淵
士別
20119月撮影
駅名  北剣淵(きたけんぶち)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
駅舎
 なし(ホーム脇に待合室がある)。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 なし。

駅内店舗
 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。
連絡通路
 なし。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
管理
 士別駅。
乗降人員
 −
開業日
 1959年(昭和34年)111
  日本国有鉄道の北剣淵仮乗降場
  として開業。
 1987年(昭和62年)41
  JR北海道に継承と同時に北剣淵駅
  として常設駅化。
所在地
 北海道上川郡剣淵町第13区。
備考

 車両1両分程度の桁式板張りのホームと、
 ホーム脇に木造の待合室を備えた
 無人駅である。
 現在でも仮乗降場の雰囲気を残している。
 小さな待合室は古い木造で、かなり
 老朽化が進んでいる。
 作り付けのベンチには駅ノートが
 置かれていた。
 列車は上り旭川方面3本/日、
 下り稚内・名寄方面4本/日が発着する。
 当駅は普通列車のみの発着があるが、
 利用者が少ないためか、約半数の普通
 列車が通過する。
 ホームは線路東側に設置されており、
 一般踏切に接して設けられているため
 駅前広場はない。
 周囲は田園地帯であり、民家は少なく

 点在レベルである。
 駅は防雪林に囲まれ、ホームからは
 田園地帯にあることを感じない。
 立地条件や駅構造は東六線駅に良く
 似ている。

北剣淵駅ホーム全景。
桁式板張りのホームで、階段にはコンクリート板が使用されている。
一般道に面した小さな待合室は
老朽化が進んでおり、軒先が壊れている。
待合室前よりホーム方向を見る。
待合室とホームは少し離れており、小径は非舗装である。
待合室内の様子。
天井や壁のベニヤが反って剥がれ始めている。
この状態では、雨漏りがするのでは・・・?
2番のりば中程より、上り旭川・蘭留方面を見る。
相対式ホームは構内踏切を挟んで千鳥に配置されている。
待合室内の様子。
右手のゴミ箱のある所が閉鎖された手荷物窓口である。
HOME 駅のある風景 北海道宗谷本線(駅一覧) > 宗谷本線 B
2番のりば中程より、下り名寄・和寒方面を見る。
1番のりば駅舎前より、下り名寄・和寒方面を見る。
構内踏切には、『塩狩旅客通路踏切』と標されている。
3番のりば北端より、下り名寄・東六線方面を見る。
右手の草地奥には、かつて転車台が設置されていたようだ。
東六線駅ホーム全景。
短いホームは、車両1両分程度か。
17:28発旭川行き普通列車が到着した。
待合室内の様子。
床は張られていない。
ホームより、上り旭川・和寒方面を見る。
駅に接している一般道の踏切は、『東六線踏切』 で
東六線駅の構内踏切扱いとなっている。
待合室前付近より、東側を見る。
民家や農業施設が点在しており、店舗は見えない。
9:14発名寄行き下り普通列車が到着。
車両は国鉄キハ40形一般型気動車・北海道色だ。
下り列車は1日に4本が発着する。
国道方面への道の終点から駅舎を見る。
立地の関係で、変則的な向きになっている。
線路脇には『塩狩峠』の碑が建っている。
写真右手奥には、『長野政雄氏殉職の地』の大きな石碑がある。
駅舎前の風景。
南北(左右)に国道40号線が走っている。(横断歩道のある所が国道)
ホームより、上り旭川・剣淵方面を見る。
通過列車が多いためか、ホーム上には列車接近警報機が設置されている。
長い防風雪林が広大な田園地帯の中を貫いている。
12線踏切』 より東方向を見る。 ホームは写真右手奥になる。
この先 1,500m程で国道40号線と、道央道の『士別剣淵IC』に突き当たる。
また、撮影立ち位置後方へ進むと、同じく1,500m程で
北海道道536号剣淵原野士別線と交差する。
蘭留
蘭 留 行
For  RANRU
駅舎の待合室は二分されている。
入口に向かって正面が鉄道、左がバスの待合室兼剣淵町観光物産館で、
ショーケースに町の特産品が展示されている。
待合室内の様子。(ホーム方向を撮影)
トイレは写真左奥の物産館にある。
2番のりば跨線橋昇降口付近より、下り名寄・北剣淵方面を見る。
1番のりば駅舎前付近より、下り名寄・北剣淵方面を見る。
2番のりば北寄りから、上り旭川・東六線方面を見る。
2番のりば対面(旧3番のりば?)より、下り名寄・北剣淵方面を見る。
路盤跡は草むらになっている。
ホームより、下り名寄・士別方面を見る。
駅に接している一般道の踏切は、『12線踏切』 で
北剣淵駅の構内踏切扱いとなっている。
駅舎南側(旭川寄り)跨線橋脇に残る貨物ホーム跡。
構内跨線橋内部。 だいぶ年季が入っている。
跨線橋の銘板には、昭和30107日竣工とある。
駅前の様子。
未確認であるが、きっぷは写真右手の
自販機のある商店で委託販売されているようだ。
メインストリートは、 北海道道293号温根別剣淵停車場線である。
JR北海道 宗谷本線 : 塩狩駅和寒駅東六線駅剣淵駅北剣淵駅