駅のある風景 北海道旅客鉄道 富良野線 B  : 美馬牛駅上富良野駅西中駅臨・ラベンダー畑駅中富良野駅
HOME駅のある風景北海道富良野線(駅一覧) > 富良野線 B
北  海  道
     
旭  川  ⇔  富 良 野
北海道旅客鉄道 富良野線(ふらのせん)

 
駅一覧へ



               
       
駅名  美馬牛(びばうし)
駅構造
 盛土式相対ホーム22線の地上駅。
駅舎
 構内北西側に木造の地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  行わない。
トイレ  あり。(駅前広場に公衆トイレ)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。
 ※駅前商店に飲料の自販機あり。

連絡通路
 構内踏切。(警報機 : あり、 遮断機 : なし)
乗車人員  32.0人/日(2012年度-2016年度平均)。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
所属路線  富良野線。
管理
 美瑛駅。
発着列車  下り 富良野方面 12本/日 : 2番のりば
 上り 旭川方面 12本/日 : 1番のりば
  ノロッコ号、快速狩勝(帯広行き)、および
  普通列車が停車する。
主な歴史

 1926年(大正15年)910
  国有鉄道(鉄道省)富良野線の美馬牛駅
  として開業。 一般駅。
 1962年(昭和37年)111
  貨物取扱い廃止。
 1983年(昭和58年)91
  荷物取扱い廃止。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
 1992年(平成4年)41
  無人駅化。

所在地
 北海道上川郡美瑛町美馬牛北1丁目31号。
接続バス  駅付近からの路線バスはない。
 参考 : 【深山峠】停留所
  場所 : 駅の南2.5km、国道237沿い。
  運行 : ふらのバス
   ・ラベンダー号(富良野〜旭川)
駅周囲
その他
 周囲は田園地帯だり、駅北側に大きめの
 集落が形成されている。
 駅前には商店がある。
 

 
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
      美馬牛駅駅舎。
無人駅用に小さく改修されたと思われる。
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅舎前より広い駅前広場を見る。
正面の商店の前を左右に北海道道824号美沢美馬牛線が走っている。
かつては広場左手(駐車車両があるあたり)にJAA-COOPがあったが
いつの頃からか閉店し、取り壊されたようだ。
   
     
     
       
     
     
     
     
     
     
     
   
   
   
   
   
   
  待合室内の様子。(出入口からホーム方向を見る)
左手の壁からは何冊もの駅ノートが吊り下がっていた。
 
   
     
   
   
   
   
    ホーム側から駅舎を見る。
   
     
   
   
   
   
   
   
  下り2番のりば北端(美瑛寄り)から、上り旭川方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
    下り2番のりば北端(美瑛寄り)から、下り富良野方面を見る。
ホームは構内踏切を挟んで千鳥配置になっている。
   
     
   
   
   
   
   
   
  構内踏切より、上り旭川方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
    構内踏切より、下り富良野方面を見る。
構内踏切は『美馬牛旅客通路踏切』と表示がある。
   
     
   
   
   
   
   
   
  駅舎側の上り1番のりば北端(美瑛寄り)から、上り旭川方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
    下り2番のりば南端(上富良野寄り)から、下り富良野方面を見る。
   
     
   
   
   
   
   
   
  駅舎側の上り1番のりば南端(上富良野寄り)から、上り旭川方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
    駅舎側の上り1番のりば南端(上富良野寄り)から、
下り富良野方面を見る。
ホーム先では保線係員による作業が行われている。
   
     
   
   
   
   
   
   
     
     
   
   
   
   
   
    駅舎北側(美瑛寄り)には旧貨物側線が草に埋もれて
1線残されている。
   
     
   
   
   
   
   
  構内踏切からは、駅裏側(南東側)への通路がある。
美瑛駅長名義で「この通路は通れません」と表示があるが・・・
 
   
     
     
     
     
     
     
      駅裏側(南東側)の様子。
こちら側に民家は少ない。
     
       

 




               
       
駅名  上富良野(かみふらの)
駅構造
 盛土式相対ホーム22線の地上駅。
駅舎
 構内西側に木造の地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 業務委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口。(7:2015:00
 券売機 : 簡易自動券売機。(1台)

改札  有人改札。
トイレ  あり。(改札外別棟)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 構内跨線橋。
乗車人員  287.0人/日(2012年度-2016年度平均)。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
所属路線  富良野線。
管理
 美瑛駅。
発着列車  下り 富良野方面 12本/日 : 2番のりば
 上り 旭川方面 12本/日 : 1番のりば
  ノロッコ号、快速狩勝(帯広行き)、および
  普通列車が停車する。
主な歴史

 1899年(明治32年)1115
  北海道官設鉄道十勝線の上富良野駅として
  開業。 一般駅。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、十勝線と
  釧路線が統合され、釧路線の所属駅となる。
 1913年(大正2年)1110
  所属路線が富良野線に改称。
 1982年(昭和57年)1115
  貨物取扱い廃止。
 1984年(昭和59年)21
  荷物取扱い廃止。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。

所在地
 北海道空知郡上富良野町中町1丁目1
接続バス  【上富良野駅前】停留所
  場所 : 駅前広場。
  運行 : 町営バス
   ・十勝岳線
 【上富良野】停留所
  場所 : 駅の西、道道298号線沿い。
  運行 : ふらのバス
   ・ ラベンダー号(富良野〜旭川)

  運行 : 北海道拓殖バス、十勝バス、道北バス
   ・ノースライナー(狩勝峠経由)
駅周囲
その他
 上富良野町の中心駅であり、町役場と駅を
 中心に大きな市街地が形成されている。
 

 
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
      上富良野駅舎。
駅前にはタクシーが待機している。
写真右端のグリーンの屋根は別棟のトイレ。
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  待合室を兼ねた駅舎内。
みどりの窓口と簡易自動券売機が設置されている。
有人改札を行っている。
   
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
   
   
  ホーム側(上り1番のりば)より駅舎を見る。
改札口とホームは一見平らに見えるが数段の段差がある。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
    構内跨線橋通路。
明るい雰囲気で広い通路幅を有している。
   
     
   
   
  下り2番のりば北寄り(美馬牛寄り)から、上り旭川方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
    下り2番のりば北寄り(美馬牛寄り)から、下り富良野方面を見る。
グリーンの跨線橋は東西自由通路(人道橋)である。
   
     
   
   
  駅舎前の上り1番のりば旭川方面乗車口付近から、
跨線橋昇降口と上り旭川方面を見る。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
    下り2番のりば南端(西中寄り)から、下り富良野方面を見る。
   
     
   
   
  駅舎側の上り1番のりば南端付近(西中寄り)から、上り旭川方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
    下り2番のりば富良野方面乗車口付近の対面から、
下り富良野方面を見る。
当ホームはかつて島式ホームであったようで、現在は旧3番のりばには
フェンスが設置され、また線路も廃されている。
構内には現在使われていない側線(旧副本線または貨物側線)が
1線残されており、旧構内のほとんどは更地になっている。
   
   
   
   
       
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    駅舎側の上り1番のりば南端付近(西中寄り)から、
下り富良野方面を見る。
  下り2番のりばにある名所案内。
西日があたるためか塗装が薄れて全体が白っぽくなってきている。
 
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    駅舎前の風景。
正面(西側)へ延びる道路は北海道道291号吹上上富良野線である。
駅周囲には数軒の商店や農業倉庫等がある。
  駅舎に向かって右手にある東西自由通路昇降口。
歩行者・自転車が通行可である。
尚、昇降口左手に写る壁は屋根付きの大きな駐輪場となっている。
 
   
       
       






               
       
駅名  西中(にしなか)
駅構造
 桁式単式ホーム11線の地上駅。
駅舎
 なし。(ホーム脇に待合室あり)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  行わない。
トイレ  なし。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 なし。
乗車人員  21.6人/日(2012年度-2016年度平均)。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
所属路線  富良野線。
管理
 美瑛駅。
発着列車  下り 富良野方面 8本/日
 上り 旭川方面 9本/日
  普通列車のみ停車する。
  当駅通過の普通列車あり。
主な歴史

 1958年(昭和33年)325
  日本国有鉄道富良野線の西中駅として
  開業。 旅客のみ取扱い。 無人駅。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。

所在地
 北海道空知郡中富良野町中富良野基線北。
接続バス  両隣の上富良野駅、中富良野駅まで
 行かないと路線バスの停留所はない。
駅周囲
その他
 駅周囲は田園地帯となっており、
 田畑の中に民家が点在している。

 駅の東400m程に国道237号線が並行しており、
 国道沿いにショッピングモール等、数軒の
 店舗がある。
 

 
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      ホーム脇にある木造の待合室内。
床も板張りとなっている。
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  作り付けのロングベンチ上には駅ノートが置かれていた。  
   
      駅出入口が接する『北18号踏切』より、駅全景を見る。
桁式板張りのホームは車両1両分に満たない長さである。
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム南端(中富良野寄り)の駅出入口付近より、
下り富良野方面を見る。
ホーム先の『北18号踏切』は当駅の構内踏切扱いとなっている。
 
   
      ホーム北端(上富良野寄り)から、上り旭川方面を見る。
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム北端(上富良野寄り)の線路脇より、下り富良野方面を見る。  
   
       
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  『北18号踏切』手前より西側を見る。
駅は踏切右手。
 
    『北18号踏切』手前より東側を見る。
駅は踏切左手。
     
       

 

 



               
       
駅名  ラベンダー畑(ラベンダーばたけ)
駅構造
 仮設桁式単ホーム11線の臨時地上駅。
 夏期・秋季(6月〜10月下旬くらい)のみ営業。
駅舎
 なし。
駅前広場  なし。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。
 ※多客日のみ臨時に乗車券販売を行う。

改札  行わない。
トイレ  営業期間中のみ仮設トイレ設置。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 なし。
乗車人員  
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
所属路線  富良野線。
管理
 美瑛駅。
発着列車  下り 富良野方面 3本/日
 上り 旭川方面 3本/日
  ノロッコ号と一部普通列車が停車する。
主な歴史

 1999年(平成11年)611
  JR北海道富良野線のラベンダー畑臨時駅
  として開業。 旅客のみ取扱い。

所在地
 北海道空知郡中富良野町基線北15号。
接続バス  隣駅の中富良野まで2km弱バス停は無い。
駅周囲
その他
 中富良野町の市街地から北へ少し進んだ
 位置にあり、周囲は田園地帯となっている。
 広大なラベンダー畑が有名な「ファーム富田」
 まで500m程であり、観光用の臨時駅として
 「富良野・美瑛ノロッコ号」の全列車が停車する。
 

 
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
      すみません!
訪問時は既に営業が終了しておりました。
その内また行って来ます。
     
     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       






               
       
駅名  中富良野(なかふらの)
駅構造
 盛土式相対ホーム22線の地上駅。
駅舎
 構内東側に地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : 閉鎖されている。
 券売機 : なし。

改札  行わない。
トイレ  あり。(駅舎内に多目的トイレ)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 構内踏切。(警報機 : あり、 遮断機 : なし)
乗車人員  132.4人/日(2012年度-2016年度平均)。
管轄
 北海道旅客鉄道 旭川支社。
所属路線  富良野線。
管理
 美瑛駅。
発着列車  下り 富良野方面 12本/日 : 1番のりば
 上り 旭川方面 12本/日 : 2番のりば
  ノロッコ号、快速狩勝(帯広行き)、および
  普通列車が停車する。
主な歴史

 1900年(明治33年)81
  北海道官設鉄道十勝線の
  中富良野駅として開業。 一般駅。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、十勝線と
  釧路線が統合され、釧路線の所属駅となる。
 1913年(大正2年)1110
  所属路線が富良野線に改称。
 1982年(昭和57年)1115
  貨物取扱い廃止。
 1984年(昭和59年)21
  荷物取扱い廃止。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
 2007年(平成19年)41
  無人駅化。

所在地
 北海道上川郡美瑛町本町1丁目1
接続バス  【中富良野】停留所
  場所 : 駅の西約100m、国道237沿い。
  運行 : ふらのバス
   ・ラベンダー号(富良野〜旭川)
  運行 : 北海道拓殖バス、十勝バス、道北バス
   ・ノースライナー(狩勝峠経由)
駅周囲
その他
 中富良野町の中心駅であり、駅および町役場
 を中心に市街地が形成されている。
 

 
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
      中富良野駅駅舎。
1986年(昭和61年)11月に改築されたとのこと。
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅舎出入口部。    
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
   
   
  駅舎内。
出札窓口にはシャッターが下り、掲示板で隠されている。
尚、撮影立ち位置後方にはコインロッカーが設置されている。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
    上り2番のりば南端(鹿討寄り)から、上り旭川方面を見る。
   
     
   
   
  下り1番のりば南端(鹿討寄り)から、下り富良野方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
    下り1番のりば中程より、上り旭川方面を見る。
   
     
   
   
  上り2番のりば中程より、下り富良野方面を見る。
グリーンの跨線橋は東西自由通路(人道橋)である。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
    上り2番のりば北端(西中寄り)から、構内踏切と
上り旭川方面を見る。
かつてあった側線は全て廃され、跡形もない。
   
     
   
   
  構内北端(西中寄り)の構内踏切(中富良野旅客通路踏切)より、
下り富良野方面を見る。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
     
     
   
   
   
  駅舎に向かって左手にある東西自由通路。
『花人橋』という愛称がつけられている。
 
   
     
     
     
     
     
     
     
     
      駅前から東へ延びる駅前通りは、延長10.4.km
北海道道705号ベベルイ中富良野停車場線である。
当駅前が道道の終点となっている。
     
       

 

 





駅一覧へ

HOME駅のある風景北海道富良野線(駅一覧) > 富良野線 B