駅のある風景 北海道旅客鉄道 根室本線 E : 新狩勝信号場広内信号場西新得信号場新得駅十勝清水駅
HOME駅のある風景北海道根室本線(駅一覧)> 根室本線 E
北  海  道
     
滝  川  ⇔  根  室
北海道旅客鉄道 根室本線(ねむろほんせん)

 
駅一覧へ




               
       
駅名  新狩勝(しんかりかち)
駅構造
 2線の信号場。(旅客扱いなし)
駅舎
 新狩勝トンネル新得側出口そばの
 構内北側に地上本屋。
駅前広場  −
管理形態
 −
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −
 券売機 : −

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 −
乗車人員  旅客扱いなし。
管轄
 北海道旅客鉄道 釧路支社。
所属路線  根室本線(石勝線との重複区間)
管理
 −
発着列車  −
主な歴史

 1966年(昭和41年)930
  根室本線落合-新得間の新線付け替えに
  伴い開設。
 1981年(昭和56年)101
  石勝線開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。

所在地
 北海道上川郡新得町字新得。
接続バス  信号場の3km以内にバス停はない。
※参考
 【新得小学校】バス停留所
  場所 : 信号場の東約8km
  運行 : 北海道拓殖バス
   ・53 新得線
駅周囲
その他
 根室本線・石勝線重複区間の信号場である。
 十勝平野の北西端に位置し、周囲は山林、
 牧草地となっている。
 信号場周囲に民家はない。
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      新狩勝信号場本屋。
本屋は線路側を向いて建てられている。
     
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  信号場構内にて東側(新得側)を見る。
分岐器がある部分はスノーシェルターで覆われている。
   
     
       
         
         

 

 



               
       
駅名  広内(ひろうち)
駅構造
 3線の信号場。(旅客扱いなし)
駅舎
 構内西側に地上本屋。
駅前広場  −
管理形態
 −
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −
 券売機 : −

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 −
乗車人員  旅客扱いなし。
管轄
 北海道旅客鉄道 釧路支社。
所属路線  根室本線(石勝線との重複区間)
管理
 −
発着列車  −
主な歴史

 1966年(昭和41年)930
  根室本線落合-新得間の新線付け替えに
  伴い開設。 職員配置。
 1971年(昭和46年)51
  無人化。
 1981年(昭和56年)101
  石勝線開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。

所在地
 北海道上川郡新得町新得西8線。
接続バス  信号場の3km以内にバス停はない。
※参考
 【若草団地】バス停留所
  場所 : 信号場の東約5km
  運行 : 北海道拓殖バス
   ・53 新得線
駅周囲
その他
 根室本線・石勝線重複区間の信号場である。
 十勝平野の北西端に位置し、周囲は山林、
 牧草地となっている。
 信号場周囲には酪農家がポツポツとあるのみ。
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      広内信号場構内にて、根室本線上り滝川・石勝線上り南千歳方面を見る。
シェルターの先に見える建物が信号場本屋。
     
           
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
         
         






               
       
駅名  西新得信号場(にししんとくしんごうじょう)
駅構造
 2線の信号場。(旅客扱いなし)
駅舎
 新狩勝トンネル新得側出口そばの
 構内北側に地上本屋。
駅前広場  −
管理形態
 −
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −
 券売機 : −

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 −
乗車人員  旅客扱いなし。
管轄
 北海道旅客鉄道 釧路支社。
所属路線  根室本線(石勝線との重複区間)
管理
 −
発着列車  −
主な歴史

 1966年(昭和41年)930
  根室本線落合-新得間の新線付け替えに
  伴い開設。
 1981年(昭和56年)101
  石勝線開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。

所在地
 北海道上川郡新得町新得西5
接続バス  【新得小学校】バス停留所
  場所 : 信号場の東約3km
  運行 : 北海道拓殖バス
   ・53 新得線
駅周囲
その他
 根室本線・石勝線重複区間の信号場である。
 新得市街地の西に位置し、周囲は山林および
 牧草地となっている。
 信号場周囲には酪農家がポツポツあるのみ。
 
 
201710月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      西新得信号場を通過して行く「帯広行きスーパーとかち3号」
車両はキハ261系特急形気動車で、右手が下り新得・帯広方面になる。
最後尾車両の左手に見える赤屋根白壁の建物が信号場本屋である。
     
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  西新得信号場構内にて、
根室本線上り滝川・石勝線上り南千歳方面を見る。
   
       
         






 
乗換のご案内
JR北海道 石勝線
南千歳 ⇔ 新得
   
路線廃止のご案内
北海道拓殖鉄道 北海道拓殖鉄道線
新得 ⇔ 上士幌
         
 
         
201710月撮影  
駅名  新得(しんとく)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
駅舎
 構内東側に地上駅舎。
駅前広場  ロータリーあり。
管理形態
 社員配置。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(5:2021:30
 券売機 : タッチパネル式(1台)

改札  有人改札。
トイレ  あり(改札外)。
駅内店舗

 有人店舗 : 駅そば、売店、観光案内所。
 自動販売機 : 飲料。(改札内外)

連絡通路
 構内跨線橋。
乗車人員  251人/日(2015年度)
 237人/日(2014年度)
管轄
 北海道旅客鉄道 釧路支社。
所属路線  根室本線。
管理
 新得駅。
発着列車  <根室本線>
  下り 帯広・釧路方面 23本/日(13番のりば)
  上り 東鹿越行き 5本/日(列車代行バス)
  ※訪問時は下り東鹿越-新得間は20168
    の降雨災害によりバス代行を実施中。
 <石勝線>
  上り 南千歳・札幌方面 11本/日(1番のりば)
    両線ともすべての列車が停車する。
主な歴史

 1907年(明治40年)98
  国有鉄道(逓信省帝国鉄道庁)十勝線の
  新得駅として開業。 一般駅。
 1928年(昭和3年)1215
  北海道拓殖鉄道が開業。
 1909年(明治42年)1012
  線路名称制定により釧路線所属駅となる。
 1921年(大正10年)85
  所属路線が根室本線に改称。
 
1968年(昭和43年)101
  北海道拓殖鉄道廃止。
 1981年(昭和56年)101
  国鉄石勝線開業。旅客扱い上の分岐駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。

所在地
 北海道上川郡新得町本通北1丁目53
接続バス  【新得駅前】バス停留所
  場所 : 駅前ロータリー。
  運行 : 北海道拓殖バス
   ・53 新得線、トムラウシ温泉線
 【JR新得駅前】バス停留所
  場所 : 駅前ロータリー。
  運行 : 新得町コミュニティーバス
   ・屈足地区回り、東地区回り
駅周囲
その他
 かつては狩勝峠越えの補機用蒸気機関車の
 転車台と扇形車庫を備え、また上士幌方面
 への北海道拓殖鉄道が乗り入れる鉄道の
 要衝であった。現在でも特急「スーパーとかち」、
 「スーパーおおぞら」がすべて停車している。
 新得町の中心駅となっており、駅周囲は市街地
 となっている。
   
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      駅前ロータリーより新得駅駅舎を見る。
写真右端の立て看板前が、東鹿越行き列車代行バスのりばになっている。
     
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅舎出入口付近より、右手を見る。
左から改札口、みどりの窓口、自動券売機が並んでいる。
また、改札は列車別改札となっている。
   
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅舎出入口付近より、右手を見る。
駅舎内が待合室を兼ねている。
売店奥に駅そば店、その奥に観光案内所とトイレがある。
   
     
       
       
     
     
       
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  構内跨線橋通路。  
   
     
    構内跨線橋昇降口上部に掲げられた昔ながらののりば案内。
当駅は根室本線と石勝線が乗り入れるが、構内は各列車が
どのホームにも発着できるような配線となっている。
また、特急列車はすべて駅舎側の1番のりばに発着する。
   
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  2番のりば南端(十勝清水寄り)から、下り帯広・釧路方面を見る。
ホーム中央に根室本線起点の滝川駅からの139キロポストがある。
尚、これは新狩勝トンネル開通前の旧線(狩勝峠越え)のキロ程である。
 
   
     
   
    2番のりば南端(十勝清水寄り)から、上り富良野・滝川方面を見る。
かつては右手の1番のりば右側に貨物ホーム2面と広い
貨物積み卸し場があったが、現在は廃され整地・舗装されている。
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  根室本線下り3番のりば中程より、下り帯広・釧路方面を見る。  
   
     
   
    駅舎側の1番のりば中程より、上り富良野・滝川方面を見る。
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  2番のりば中程より、下り帯広・釧路方面を見る。
台風災害により当駅-東鹿越間が不通・運休となっているため、
訪問の時点で2番のりばに発着する列車の設定はない。
 
   
     
   
    根室本線下り3番のりば中程より、上り富良野・滝川方面を見る。
左手には昔からの側線・留置線が複数あり、現在も使用されている。
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  駅舎側の1番のりば北端(落合寄り)から、下り帯広・釧路方面を見る。
かつて写真右手奥には転車台と扇形機関庫があったが、
現在は廃止・整地され更地となっている。
 
   
     
   
    構内跨線橋通路より、上り富良野・滝川方面を見る。
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  吊り下げ式のりかえ案内標。
石北本線は当駅が路線上の終点であるが、帯広・釧路方面へ
特急列車が乗り入れ、空港のある南千歳や札幌方面への
利便性を向上させている。
 
   
   
     
    吊り下げ式駅名標。
十勝清水、落合は根室本線、トマムは石勝線である。
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  見所満載の「名所案内」
周遊指定地とは2013年(平成25年)3月まで発売されていたJR
周遊きっぷ(周遊券)にて、2ヶ所以上訪れることを規定した場所である。
然別(しかりべつ)湖は夏期は遊覧船、冬季は氷上露天風呂が人気。
またその奥の「然別峡かんの温泉」も知る人ぞ知る秘湯である。
 
   
   
    駅前ロータリーから東へ延びる駅前通りは、総延長0.4km
北海道道1075号新得停車場線で、
国道38号線に突き当たり終点となっている。
     
     
       






       
路線廃止のご案内
十勝鉄道 清水部線
清水 ⇔ 下幌内
         
 
         
201710月撮影  
駅名  十勝清水(とかちしみず)
駅構造
 盛土式島ホーム12線の地上駅。
駅舎
 構内東側にS造の地上駅舎。
駅前広場  ロータリーあり。
管理形態
 業務委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(6:3016:40
 券売機 : 簡易自動券売機。

改札  有人改札。
トイレ  あり(改札外)。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 構内跨線橋。
乗車人員  321人/日(2012年度)
管轄
 北海道旅客鉄道 釧路支社。
所属路線  根室本線。
管理
 新得駅。
発着列車  下り 帯広・釧路方面 18本/日(12番のりば)
 上り 滝川・札幌方面 19本/日(12番のりば)
  特急「スーパーとかち」、「スーパーおおぞら」、
  快速狩勝および普通列車が停車。
  上り特急列車はすべて札幌行きとなっており
  新得より石勝線に乗り入れている。
主な歴史

 1907年(明治40年)98
  国有鉄道(逓信省帝国鉄道庁)十勝線の
  清水駅として開業。
 1909年(明治42年)1012
  線路名称制定により釧路線所属駅となる。
 1921年(大正10年)85
  所属路線が根室本線に改称。
 1926年(大正15年)616
  河西鉄道(後の十勝鉄道清水部線)の
  清水駅が本駅前に開業。
 1934年(昭和9年)1120
  十勝清水駅に改称。
 
1951年(昭和26年)71
  十勝鉄道清水部線廃止。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。
 1997年(平成9年)101
  業務委託駅化。

所在地
 北海道上川郡清水町本通1丁目1
接続バス  【十勝清水駅前】バス停留所
  場所 : 駅前。
  運行 : 十勝バス
   ・32 帯広清水線
 【十勝清水駅】バス停留所
  場所 : 駅前。
  運行 : 清水町コミュニティーバス(拓殖バス)
   ・清水巡回線、御影巡回線
駅周囲
その他
 清水町の中心駅となっており、駅および町役場
 を中心に市街地が形成されている。
   
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      十勝清水駅駅舎。
駅舎左手には、清水町商工会ハーモニープラザが隣接している。
     
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  待合室を兼ねた駅舎内。    
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       
  駅舎とホームはクランク状の通路と跨線橋にて連絡している。      
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    構内連絡通路。
跨線橋側から駅舎側を見る。
   
  構内跨線橋通路。    
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    1番のりば南端(羽帯寄り)から、上り富良野・滝川方面を見る。
線路右手の更地は、かつての複数あった側線の路盤である。
   
  2番のりば南端(羽帯寄り)から、下り帯広・釧路方面を見る。
ホーム先の踏切は「日勝踏切」で当駅の構内踏切扱いとなっている。
   
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    ホーム中程より、上り富良野・滝川方面を見る。
上屋には列車接近警報装置が取り付けられている。
   
  ホーム中程より、下り帯広・釧路方面を見る。    
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    2番のりば北端(新得寄り)から、上り富良野・滝川方面を見る。
   
  1番のりば北寄り(新得寄り)から、下り帯広・釧路方面を見る。    
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    下り方面の羽帯駅は、2018年(平成30年)317日の
ダイヤ改正により廃止となった。
   
  ホームより駅舎を見る。    
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     
     
  駅前より北東側へ延びる駅前通り。
ホテルや商店がある。
また、左手へ進むと町営の公衆浴場がある。
   
     
       




 

 



駅一覧へ
HOME駅のある風景北海道根室本線(駅一覧)> 根室本線 E