北海道
北海道旅客鉄道 函館本線(はこだてほんせん)
函館
HAKODATE
旭川
ASAHIKAWA
赤井川
あかいがわ
駒ヶ岳
大沼公園
 HOME駅のある風景北海道函館本線(駅一覧) > 函館本線 A
乗換予定のご案内
北海道新幹線 新函館北斗駅
新青森 ⇔ 札幌
渡島大野
おしまおおの
七飯
仁山
20088月撮影

北海道新幹線・新函館(仮称)駅は、現在のJR渡島大野駅から

80m 函館よりに、函館本線に沿って設置が予定され、

新駅の南側を中心に新たな街作りが計画されている。

新幹線駅開業は2012年を目指しているとの看板が掲げられているが、

計画は遅れており、実際は2016年春の開業予定らしい。

仁 山
にやま
渡島大野
大沼
20088月撮影
渡島大野・函館方面を見る。
現在でもこの先に使われていない加速線が分岐している。
尚、ホームは20‰の勾配上にある。
ホームからの駅舎と構内踏切。
写真で見ても、ホームが右上がりの勾配になっているのがわかるであろうか。
大 沼
おおぬま
仁山
大沼公園
未訪問
大沼公園
おおぬまこうえん
大沼
赤井川
未訪問
未訪問
七 飯 行
For  NANAE
駅名  渡島大野(おしまおおの)
駅構造

 相対式ホーム22で、待避線を
 含めると計24線の地上駅。

駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば
 なし。
駅内店舗

 有人店舗:なし。 自動販売機:なし。

連絡通路
 構内跨線橋。
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 七飯駅。
乗車人員
 −
開業日
 1902年(明治35年)1210
  本郷駅として開業。
 
1942年(昭和17年)41
  渡島大野駅に改称。
所在地
 北海道北斗市市渡808
備考
 当駅は函館本線の駅であるが、
 函館本線は下り大沼駅方面への登り
 
急勾配の関係で、当駅と仁山駅を
 エスケープする下り列車専用の支線
 
(通称:藤城線)が設定されている。
 よって、勾配の緩い東回りの支線

 通る列車が存在するため、
 当駅に停車する列車は、
 
上り13本、下り8本と変則的である。
 駅は町の中心部の東端にあり、
 人影まばらである。
 また、北海道新幹線の開業により、
 当駅を新函館駅とする計画があり、
 駅の若干の移設が計画されている。 
渡島大野駅駅舎。
下りホームより、下り仁山・札幌方面を見る。
下りホームより、上り七飯・函館方面を見る。
駅舎の脇に建つ看板。(20088
駅名  仁山(にやま)
駅構造

 相対式ホーム22線の地上駅。

駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば
 なし。
駅内店舗

 有人店舗 :なし。  自動販売機 :なし。

連絡通路
 構内踏切(警報機・遮断機あり)。
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 七飯駅。
乗車人員
 −
開業日
 1936年(昭和11年)915
  仁山信号場として開業。
 1943年(昭和18年)
  仮乗降場として旅客取扱いを開始。
 1987年(昭和62年)41
  JR北海道に継承と同時に常設駅化。
所在地
 北海道亀田郡七飯町仁山676
備考
 当駅は函館本線の駅であるが、
 函館本線は下り大沼駅方面への登り
 急勾配の関係で、渡島大野駅と当駅を
 エスケープする下り列車専用の支線
 (通称:藤城線)が設定されている。
 よって、勾配の緩い東回りの支線を
 通る列車が存在するため、
 当駅に停車する列車は、
 上り13本、下り8本と変則的である。
 駅は勾配上に設けられ、昔は停車した
 下り列車が登り勾配から発進できない
 ため、スイッチバックの要領で、
 一旦加速線に入線してから発車する
 方式を採用していたらしく、現在でも
 使われなくなった加速線が残っている。
 駅周囲に民家はまばらで、
 一見秘境駅的な印象を受けるが、
 近くにスキー場や温泉ホテル、また、
 駅の裏手にはゴルフ練習場があり、
 秘境感はない。
かなり古い木造駅舎が残っている。
大沼・札幌方面を見る。
ホームの一部は板張りになっている。
駅名  大沼(おおぬま)
駅構造

 −

駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 社員配置。
きっぷうりば
 みどりの窓口(8:4516:00)。
駅内店舗

 有人店舗 :−。  自動販売機 :−。

連絡通路
 −
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 大沼駅。
乗車人員
 −
開業日
 1903年(明治36年)628
   大沼駅として開業。
 1920年(大正9年)615
   軍川駅(いくさがわえき)に改称。
 1964年(昭和39年)61
   大沼駅に再改称。
所在地
 北海道亀田郡七飯町字大沼町662
備考
 当駅は函館本線の支線の要衝であり、
 下り方面へは、本線(大沼回り)と
 砂原支線、上り方面へは、本線と
 藤城支線が分岐している。
すみません! 未訪問です。
その内行ってきます
駅名  大沼公園(おおぬまこうえん)
駅構造

 単式ホーム11線の地上駅。

駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 業務委託。
きっぷうりば
 みどりの窓口(8:3018:10)。
駅内店舗

 有人店舗 :−。  自動販売機 :−。

連絡通路

 −

管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 大沼駅。
乗車人員
 −
開業日
 1907年(明治40年)65
   大沼公園臨時乗降場として開業。
 1907年(明治40年)1221
   営業休止。
 1908年(明治41年)525
   大沼公園仮停車場として再開業。
 1920年(大正9年)615
   大沼仮停車場に改称。
 1924年(大正13年)1111
   大沼駅として常設駅化。
 1964年(昭和39年)51
   大沼公園駅に改称。
所在地
 北海道亀田郡七飯町字大沼町85
備考

 
 未訪問。
 

すみません! 未訪問です。
その内行ってきます
駅名  赤井川(あかいがわ)
駅構造

 相対式ホーム22線の地上駅。

駅舎
 −
管理形態
 無人。
きっぷうりば
 −
駅内店舗

 有人店舗 :−。  自動販売機 :−。

連絡通路
 構内踏切。
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 大沼駅。
乗車人員
 −
開業日
 1904年(明治37年)1015日。
所在地
 北海道茅部郡森町字赤井川。
備考

 
 未訪問。
 

すみません! 未訪問です。
その内行ってきます
HOME駅のある風景北海道函館本線(駅一覧) > 函館本線 A
路線廃止のご案内
大沼電鉄
大沼 ⇔ 鹿部
 北海道旅客鉄道 函館本線渡島大野駅仁山駅大沼駅大沼公園駅赤井川駅
駅名  渡島大野(おしまおおの)
駅構造
<新幹線>
 訪問時は建設中。
 (
最終的に23線の地上駅を予定
<在来線>
 単式ホーム+切り欠きホーム12線、
 島式ホーム
12線,、24線の地上駅。
駅舎
 S造の橋上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。  自動券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  あり。(駅舎外に仮設)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 構内コンコース。

管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 七飯駅。(夜間は五稜郭駅)
乗車人員  −
主な歴史

 1902年(明治35年)1210
  北海道鉄道の本郷駅として開業。
 1907年(明治40年)71
  北海道鉄道が国有化され、
  鉄道省の管轄となる。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 
1942年(昭和17年)41
  渡島大野駅に改称。
 1949年(昭和24年)61
  日本国有鉄道法施行に伴い、
  日本国有鉄道(国鉄)に移管。
 1986年(昭和61年)111
  簡易委託駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の
  所属駅となる。

 1992年(平成4年)41
  無人駅化。
 2016年(平成28年)3
  北海道新幹線 新青森駅 - 当駅間開業
  に伴い、『新函館北斗駅』に改称予定。

所在地
 北海道北斗市市渡808
備考

 盛土(コンクリート)式のホーム2面を
 有する。
 
訪問の時点で、
 下り旭川・仁山」方面8本/日、
 上り函館・七飯方面13本/日
 の発車があり、普通列車のみ停車する。
 (新幹線開通後は函館駅へのリレー号
 が発着予定)
 橋上駅舎であり、南口と北口を有する。
 訪問時は工事中のため、南口のみ開設
 され、駅前は開発中であった。

20155月撮影
2Fコンコース。
右手へ下り長万部方面、直進で上り函館方面である。
工事中の『新函館北斗駅 駅舎』。
函館本線ホームへは新駅舎西側から仮設通路を使用する。
新駅舎のトイレはまだ使用不可のため、通路脇に仮設トイレが置かれている。
訪問の時点で、旧駅舎・仮駅舎は取り壊され、
新駅舎の一部が供用開始されていた。
尚、ホームへの出入口はここ一ヶ所のみで、
開館時間は、6:0023:30との表示がある。
函館本線のホームへはこの階段のみ共用されている。
(南北自由通路となる予定の階段と思われる)
新幹線のきっぷうりばや改札口は2Fに設置が予定されており、
エスカレーターは工事中であった。
駅舎内は工事中のため、迷路のように入り組んでいる。
案内図や発車時刻表にはのりば番号が書かれているが、
訪問の時点でホームに番号表示はなかった。
上り3番のりば東寄り(七飯寄り)から、上り函館・七飯方面を見る。
上り2番?のりば終端より、上り函館・七飯方面を見る。
尚、撮影立ち位置の部分が、新幹線との乗り換え口になるらしい。
下り1番のりば西寄り(仁山寄り)から、上り函館・七飯方面を見る。
上り2番?のりば東寄り(七飯寄り)から、車止めを見る。
当ホームは 、新幹線とのリレー列車 『はこだてライナー』 の
折り返しホームに使用されると思われる。
下り1番のりば中程より、下り旭川・仁山方面を見る。
下り1番のりば西端(仁山寄り)から、下り旭川・仁山方面を見る。
旧ホームと取り壊し中の跨線橋が見える。
上り4番?のりばより、北口を見る。
数件の民家はあるが、畑と牧草地があるのみだ。
駅前ロータリー(予定地)より、南口駅舎を見る。
こちら側がエントランスと思われる。
駅前は訪問の時点で開発中であり、撮影立ち位置後方も
道路のみ出来ている他は広大な更地が広がっている。

旧渡島大野駅