美濃太田
鵜沼
20148月撮影
坂 祝
さかほぎ
北 陸 ・ 東 海
東海旅客鉄道 高山本線(たかやまほんせん)
岐阜
GIFU
富山
TOYAMA
美濃太田
駅一覧へ
下り2番のりば中程より、下り富山・中川辺方面を見る。
構内跨線橋は一般の歩道橋タイプのものが採用されている。
駅一覧へ
 東海旅客鉄道 高山本線 : 鵜沼駅坂祝駅美濃太田駅古井駅中川辺駅
鵜沼駅北口駅舎。
自由通路を有する橋上駅舎である。
乗換のご案内
名古屋鉄道 犬山線 新鵜沼駅
枇杷島分岐点 ⇔ 新鵜沼
名古屋鉄道 各務原線 新鵜沼駅
名鉄岐阜 ⇔ 新鵜沼
古 井
こ び
中川辺
駅名  古井(こび)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。  自動券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  駅舎内にあり。(1番のりば側)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。
 自動販売機 : 飲料、アイスクリーム。

連絡通路

 構内跨線橋。

管轄
 東海旅客鉄道 東海鉄道事業本部。
管理
 美濃太田駅。
乗車人員  402人/日(2012年度平均)。
 400人/日(2011年度平均)。
開業日

 1922年(大正11年)1125
  高山線(1934年に高山本線に改称)
  美濃太田-下麻生間開通と同時に
  開業。旅客及び貨物取扱。
 1973年(昭和48年)420
  貨物の取扱を廃止。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東海の
  所属駅となる。
 2011年(平成23年)41
  無人駅化。

所在地
 岐阜県美濃加茂市森山町一丁目1-39
備考

 盛土式の相対式ホームを有する無人駅
 である。
 訪問の時点で、
 下り富山・中川辺方面15本/日、
 上り岐阜・美濃太田方面15本/日の
 普通列車の発車があり、
 優等列車は通過する。
 駅舎は線路南側に設けられており、
 駅前広場を有している。
 駅南側を中心に集落が形成され、
 北側は田畑と建物が混在している。
 路線バスは駅前通りの駅前広場入口に
 東濃鉄道バス八百津線の『古井駅前』
 停留所、美濃加茂市あい愛予約バス
 市街地循環線の『古井駅』停留所が
 置かれている。
 当サイトにて勝手にプチ難読駅に
 指定する。

20148月撮影
古井駅駅舎。
駅入口壁面の建物資産標には『鉄 03-1001 T1111月』とある。
美濃太田
みのおおた
坂祝
古井
20148月撮影
駅名  美濃太田(みのおおた)
駅構造
 島式ホーム24線の地上駅。
駅舎
 S造の橋上駅舎。
管理形態
 社員配置。
きっぷうりば

 出札窓口 : みどりの窓口(4:5023:10
 券売機 : タッチパネル式(2台)

改札  自動改札機(3通路)、有人改札。
トイレ  あり。(改札内1ヶ所、改札外2ヶ所)
駅内店舗

 有人店舗 : KIOSK、弁当。
 自動販売機 : 飲料。
 観光案内所(北口)

連絡通路

 南北自由通路、構内コンコース。

管轄
 東海旅客鉄道 東海鉄道事業本部。
管理
 美濃太田駅。
乗車人員  2,752人/日(2012年度平均)。
 2,784人/日(2011年度平均)。
開業日

 1921年(大正10年)1112
  高山線(1934年に高山本線に改称)
  各務ヶ原-美濃太田間開通と同時に
  開業。旅客及び貨物取扱。
 1923年(大正12年)105
  国有鉄道(鉄道省)越美南線が
  当駅に乗り入れ。
 1928年(昭和3年)101
  国有鉄道(鉄道省)太多線が
  当駅に乗り入れ。
 1982年(昭和57年)1115
  貨物の取扱を廃止。
 1986年(昭和61年)1211
  越美南線が第3セクターの
  長良川鉄道に転換。
 1987年(昭和62年)331
  貨物の取扱を再開。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東海、
  JR貨物、長良川鉄道所属の駅となる。
 1998年(平成10年)328
  橋上自由通路完成・橋上駅となる。
 2007年(平成19年)41
  日本貨物鉄道(JR貨物)の駅が廃止。
 2010年(平成22年)313
  TOICA導入。

所在地
 岐阜県美濃加茂市太田町2484
備考

 盛土式のホームを有する有人駅である。
 訪問の時点で、
 下り富山・古井方面25本/日、
 上り岐阜・坂祝方面50本/日
 の発車があり、特急【ひだ】号を含め
 すべての列車が停車する。
 駅には北口と東口があり、両方に
 駅前ロータリーを有している。
 橋上駅舎は長良川鉄道の美濃太田駅を
 共用しているが、改札は繋がっていない。
 路線バスはすべて駅前ロータリーに
 乗り入れており、
 北口は、美濃加茂市コミュニティバス
 『あい愛バス』 伊深・廿屋線、加茂野線の
 『美濃太田駅南口』停留所、
 南口は、東鉄バス(東濃鉄道) 八百津線の
 『美濃太田駅』停留所、
 『あい愛バス』 市街地循環線の
 『美濃太田駅南口』停留所が置かれている。
 周囲は市街地となっており、南口側が
 商業地区となっている。
 美濃加茂市の中心駅である。

美濃太田駅南口駅舎。
南口1Fに『みのかも観光案内所』がある。
下麻生 行
For  SHIMO-ASOU
駅名  中川辺(なかかわべ)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。  自動券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  あり。(駅舎前に別棟。男女別・身障者用)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : 飲料。

連絡通路

 構内跨線橋。

管轄
 東海旅客鉄道 東海鉄道事業本部。
管理
 美濃太田駅。
乗車人員  −
開業日

 1922年(大正11年)1125
  高山線(1934年に高山本線に改称)
  美濃太田-下麻生間開通と同時に
  開業。旅客及び貨物取扱。
 1973年(昭和48年)420
  貨物の取扱を廃止。
 1985年(昭和60年)41
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東海の
  所属駅となる。

所在地
 岐阜県加茂郡川辺町中川辺470
備考

 盛土式の相対式ホームを有する無人駅
 である。
 訪問の時点で、
 下り富山・中川辺方面14本/日、
 上り岐阜・古井方面15本/日の
 普通列車の発車があり、
 優等列車は通過する。
 駅舎は線路東側に設けられており、
 駅前広場を有している。
 また、駅前広場は国道41号線に
 面している。
 駅東側を中心に市街地が形成され、
 西側は田畑が多くある。
 路線バスは八百津町のコミュニティバス
 の便があり、駅前に『中川辺駅』停留所
 が設置されている。
 川辺町の中心駅である。

HOME駅のある風景北陸・東海高山本線(駅一覧) > 高山本線 A
鵜 沼
うぬま
坂祝
坂祝駅駅舎。
壁面の建物財産標には、『鉄 03-1001 T1010月』とある。
20148月撮影
構内跨線橋より、下り富山・中川辺方面を見る。
中川辺
なかかわべ
古井
下麻生
古井駅駅舎。
駅入口壁面の建物資産標には『鉄 03-1001 T1111月』とある。
既に駅舎の改築が決まっているようで、
新待合所は2015年(平成27年)1月末から供用開始予定。
この木造駅舎は、2015年(平成27年)2月末までに解体完了予定とのことだ。
下麻生駅へ
HOME駅のある風景北陸・東海高山本線(駅一覧) > 高山本線 A
20148月撮影
駅名  鵜沼(うぬま)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12
 計23線の地上駅。
駅舎
 RC造の橋上駅舎。
管理形態
 業務委託。
きっぷうりば

 出札窓口 : みどりの窓口(7:3019:30
 券売機 : タッチパネル式(2台)

改札  自動改札機(3通路)、有人改札。
トイレ  あり。(改札内外)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : 飲料。

連絡通路

 構内コンコース。

管轄
 東海旅客鉄道 東海鉄道事業本部。
管理
 岐阜駅。
乗車人員  1,228人/日(2012年度平均)。
 1,234人/日(2011年度平均)。
開業日

 1921年(大正10年)1112
  高山線(1934年に高山本線に改称)
  各務ヶ原-美濃太田間開通と同時に
  開業。旅客及び貨物取扱。
 1984年(昭和59年)110
  貨物の取扱を廃止。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東海所属の
  駅となる。
 2009年(平成21年)329
  橋上自由通路完成・橋上駅となる。
 2010年(平成22年)313
  TOICA導入。

所在地
 岐阜県各務原市鵜沼山崎町三丁目84-1
備考

 盛土式のホームを有する有人駅である。
 訪問の時点で、
 下り富山・坂祝方面40本/日、
 上り岐阜・各務ヶ原方面43本/日
 の発車があり、特急【ひだ】号が
 上下3本/日ずつ停車する。
 駅には北口と東口があり、北口が
 エントランスとなっている。
 北口は広い駅前ロータリーを有している。
 駅南西側にある名鉄新鵜沼駅までは
 橋上の長い自由連絡通で連絡している。
 『鵜沼空中歩道』というそうで、名鉄側の
 西口にもロータリーが設けられている。
 周囲は市街地であるが、北口・西口とも
 商店は多くない。(西口の方が多少
 賑やかである)
 路線バスは駅前ロータリーに乗り入れて
 おり、北口には岐阜バスコミュニティの
 緑苑団地線04と各務原ふれあいバス
 西部・鵜沼線、東部・南部線の『JR蘇原駅』
 停留所が置かれている。
 また、名鉄側の西口にも『新鵜沼駅』
 停留所が置かれ、岐阜バスコミュニティと
 各務原ふれあいバスの運行がある。

駅名  坂祝(さかほぎ)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。  自動券売機 : なし。

改札  TOICA専用簡易改札機設置。
トイレ  駅舎内にあり。(1番のりば側)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : 飲料。

連絡通路

 構内跨線橋。

管轄
 東海旅客鉄道 東海鉄道事業本部。
管理
 美濃太田駅。
乗車人員  429人/日(2012年度平均)。
 436人/日(2011年度平均)。
開業日

 1921年(大正10年)1112
  高山線(1934年に高山本線に改称)
  各務ヶ原-美濃太田間開通と同時に
  開業。旅客及び貨物取扱。
 1973年(昭和48年)420
  専用線発着を除く貨物の取扱を廃止。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR東海、
  日本貨物鉄道(JR貨物)の
  所属駅となる。
 2004年(平成16年)41
  無人駅化。
 2007年(平成19年)41
  JR貨物の駅が廃止され、
  貨物の取扱が終了。
 2010年(平成22年)313
  TOICA導入。

所在地
 岐阜県加茂郡坂祝町取組363
備考

 盛土式の相対式ホームを有する無人駅
 である。
 訪問の時点で、
 下り富山・美濃太田方面37本/日、
 上り岐阜・鵜沼方面40本/日の
 普通列車の発車があり、
 優等列車は通過する。
 駅舎は線路南側に設けられており、
 駅前広場を有している。
 南北西の3方を山に囲まれており、
 駅を中心に集落が形成されている。
 駅周囲に路線バスの便はない。
 当サイトにて勝手にプチ難読駅に
 指定する。

南口駅前より南へ延びる駅前通りは、岐阜県道347号蜂屋太田線。
650m程先で国道21号線『太田本町1』交差点に出る。
南口側より、南北自由通路を見る。
左手にJR美濃太田駅、わかりにくいが、その先右手に
長良川鉄道のホームへ降りる階段がある。
南北自由通路より、改札口を見る。
左手にみどりの窓口と自動券売機、右手にKIOSKがある。
尚、改札のある2F部分に待合室はない。
下り3番のりば西端付近より、上り岐阜・坂祝方面を見る。
写真右端の赤い車両は長良川鉄道の『ナガラ300形』。
尚、長良川鉄道とJR線の線路は各々独立しており、繋がっていない。
南北自由通路より、上り岐阜・坂祝方面を見る。
正面の陸橋は、国道41号線・美濃加茂バイパス。
美濃太田駅北口駅前ロータリー。
駅舎内の様子。
出札窓口、手荷物窓口は閉鎖され、待合所の機能のみ有している。
下り2番のりば中程より、上り岐阜・美濃太田方面を見る。
上り1番のりば駅舎前より、上り岐阜・美濃太田方面を見る。
上り1番のりば東端より、上り岐阜・美濃太田方面を見る。
下り2番のりば西端より、下り富山・中川辺方面を見る。
駅舎西側に残る、旧貨物ホーム。
上り1番駅舎前付近より、上り岐阜・古井方面を見る。
上り1番のりば南寄りから、下り富山・下麻生方面を見る。
下り2番のりば上屋下より、下り富山・下麻生方面を見る。
構内跨線橋より、下り富山・下麻生方面を見る。
列車はこの先、平野部から飛騨川沿いに
飛水峡のある山間部へ入って行く。
上り1番のりば南寄りから、上り岐阜・古井方面を見る。
駅舎内の様子。
出札窓口、手荷物窓口は閉鎖され、待合所の機能のみ有している。
下り3番のりば西端付近より、下り富山・古井方面を見る。
名所案内。
白いテープが貼られているところは、木曽川を下る『日本ライン下り』。
2013年度より休止中となっている。
線路に並行し、東西へ延びる駅前通りにて、東を見る。
写真左手奥が駅前広場になる。
上り1番のりば北寄りから、上り岐阜・古井方面を見る。
駅舎前より、駅前広場を見る。
左右(南北)に国道41号線が走っている。
各務ヶ原 行
各務ヶ原
For  KAGAMIGAHARA
駅前から北へ延びる駅前通り。
200m程で国道21号線の『山崎町交差点』に出る。
自由通路にある改札口。
自動改札機左手にJR全線きっぷうりば(みどりの窓口)と
自動券売機がある。
上り2番のりば東端より、上り岐阜・各務ヶ原方面を見る。
正面の自由通路右手が北口になる。
下り1番のりば中程より、上り岐阜・各務ヶ原方面を見る。
自由通路より、上り岐阜・各務ヶ原方面を見る。
写真右端のホームが1番のりばになる。
写真左端は名鉄各務原線の新鵜沼駅方面であり、線路は
写真中央付近で高山本線に並行し、名鉄岐阜方面へ向かっている。
北口側より、『鵜沼空中歩道』の西口方面を見る。
出入口は、北口、東口と名鉄側の西口の3ヶ所がある。
青い服の人がいる所が鵜沼駅自動券売機前、
白い服の人がいるあたり右手に東口階段、
西口は通路突き当たりの更に先になる。
鵜沼駅東口。
入って左手の階段を上がればJR鵜沼駅と北口方面、
右手に名鉄新鵜沼駅の自動券売機と自動改札がある。
新鵜沼駅ホームへは自動改札口から地下通路が延びている。
駅舎内のベンチより、ホーム方向を見る。
出改札口は閉鎖され、掲示スペースになっている。
『鵜沼空中歩道』西口。
右側は、名鉄の新鵜沼駅駅舎である。
下り1番のりば西端付近より、下り富山・坂祝方面を見る。
写真中央に見える建物は、長い自由通路の『鵜沼空中歩道』。
右手には名鉄各務原線新鵜沼駅のホームと停車車両が見える。
上り2番のりば東寄りから、下り富山・坂祝方面を見る。
右手の3番のりばは下りの待避線として使用されているようだ。
8:21発美濃太田行き普通列車1本のみが発着している。
下り1番のりば西寄りから、下り富山・坂祝方面を見る。
ホーム左端に起点の岐阜駅からの17.2キロポストが設置されている。
上り1番のりば駅舎前より、下り富山・美濃太田方面を見る。
屋根のない構内跨線橋より、下り富山・美濃太田方面を見る。
左手に旧貨物駅の名残である複数の側線があるが、
本線とは繋がっておらず、分断されている。
上り1番のりば東端より、上り岐阜・鵜沼方面を見る。
右手に見えるのは、デンカセメント坂祝SS
上り1番のりば駅舎前より、上り岐阜・鵜沼方面を見る。
下り2番のりば東端より、下り富山・美濃太田方面を見る。
この先には濃尾平野が広がっている。
下り2番のりば西端より、上り岐阜・鵜沼方面を見る。
旧貨物ホームへ向かい、線路先左手へ横取り線が分岐している。
駅前より南へ延びる駅前通りは、岐阜県道362号坂祝停車場線で、
250m程で国道21号線の取組交差点に突き当たる。
駅舎西側に残る旧貨物ホーム。
1921年(大正10年)の開業当時のものであろうか。
乗換のご案内
JR東海 太多線
多治見 ⇔ 美濃太田
長良川鉄道 越美南線
美濃太田 ⇔ 北濃
美濃太田駅北口駅舎。
上り1番のりば中程より、下り富山・古井方面を見る。
2番のりばには、太多線・多治見行き普通列車が発車を待っている。
高山本線と太多線が併記された駅名標。
高山本線上りは、124番のりば、下りは、134番のりば、
太多線上りは、1234番のりばを使用しており、
乗車には注意が必要である。
下り2番のりば跨線橋階段脇より、北口を見る。
田畑と建物が混在している。
構内跨線橋通路。
通路幅はゆったり取られており、かつての乗降客の多さが窺えるようだ。