東日本旅客鉄道 大糸線 G : 千国駅、南小谷駅、中土駅、北小谷駅、平岩駅
  HOME駅のある風景甲信越大糸線(駅一覧) > 大糸線 G
甲 信 越
     
松 本 ⇔ 糸魚川
東日本旅客鉄道 大糸線(おおいとせん)

 
駅一覧へ
白馬大池駅へ

 


               
       
駅名  千国(ちくに)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
駅舎
 地上駅舎。
駅前広場  −
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −
 券売機 :

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −
 自動販売機 : −

連絡通路

 −

乗車人員  2人/日(2011年度平均)。
 3人/日(2010年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 長野支社。
管理
 南小谷駅。
発着列車  −
主な歴史

 1962年(昭和37年)1225
  日本国有鉄道大糸線の千国駅として
  開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。

所在地
 長野県北安曇郡小谷村大字千国乙。
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
     
     
未訪問
     
    すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
 
           

 

 



 



               
       
駅名  南小谷(みなみおたり)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
駅舎
 地上駅舎。
駅前広場  −
管理形態
 社員配置。(JR東日本)
 業務委託。(JR西日本)
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(5:3021:00)。
 券売機 :
自動券売機。

改札  有人改札。
トイレ  あり。
駅内店舗

 有人店舗 : −
 自動販売機 : −

連絡通路

 構内跨線橋。

乗車人員  106人/日(2014年度平均)。
 105人/日(2013年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 長野支社。
管理
 南小谷駅。
発着列車  −
主な歴史

 1935年(昭和10年)1129
  国有鉄道(鉄道省)大糸南線の
  南小谷駅として開業。
 1957年(昭和32年)815
  日本国有鉄道大糸線の所属駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  東日本旅客鉄道の駅となる。

所在地
 長野県北安曇郡小谷村大字千国乙10356
接続バス  −
駅周囲
その他
 JR東日本管轄の電化区間と、JR西日本
 管轄の非電化区間の境界駅となっている。
     
     
未訪問
     
    すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
 
           

 

 


 



           
         
駅名  中土(なかつち)
駅構造
 島式ホーム12線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
 島式ホーム駅舎側の1線は横取り線と
 なっており、ホーム北端(北小谷側)にて
 車止めされている。
駅舎
 西口に木造の地上駅舎。
 (駅出入口は西口のみ)
駅前広場  なし。
 駅舎は長野県道114号川尻小谷糸魚川線
 に面している。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : 閉鎖。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  あり。(改札内)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。
 (駅前商店に飲料の自販機あり)

連絡通路

 構内踏切。(警報機 : なし、遮断機 : なし)

乗車人員  −
管轄
 西日本旅客鉄道 金沢支社。
管理
 北陸広域鉄道部。
発着列車  上り 南小谷行き 7本/日
 下り 糸魚川行き 7本/日
主な歴史

 1935年(昭和10年)1129
  国有鉄道(鉄道省)大糸南線の中土駅
  として開業。
 1957年(昭和32年)815
  日本国有鉄道大糸線の所属駅となる。
 1983年(昭和58年)325
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  西日本旅客鉄道の駅となる。

所在地
 長野県北安曇郡小谷村
      大字中小谷字池原下7466
接続バス  駅前に『中土駅前』停留所が置かれ、
 小谷村により、雨飾高原行、北小谷線の
 2系統が運行されている。
駅周囲
その他
 周囲は山地が迫る姫川の谷部であり、
 駅を中心に小さな集落が形成されている。
   
   
   
   
20165月 撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      中土駅駅舎。  無人駅であり、
左側の旧駅事務室は消防器具置き場として利用されている。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  ガラーンとした駅舎内。
旧出札窓口には駅ノートが置かれていた。
     
       
             
       
       
       
     
   
   
   
   
   
   
   
   
  駅舎改札前から階段を上がると構内踏切(線路際)に出る。
正面に見える建物は使われていないが、保線系の詰所であろうか?
 
   
     
   
      ホーム南端(南小谷寄り)から、上り南小谷方面を見る。
路盤は築堤上にあり、右手の駅舎とは階段にて連絡している。
     
       
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム南端(南小谷寄り)の線路脇から、ホーム全景と
下り糸魚川・北小谷方面を見る。
 
   
     
   
   
      ホーム北端(北小谷寄り)から、上り南小谷方面を見る。
かつては複数の側線があったのだろうか? 駅構内は広い。
     
         
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム南端(南小谷寄り)から、下り糸魚川・北小谷方面を見る。
左手は旧貨物ホームと思われる。
 
   
     
   
   
      当駅からは栂池(つがいけ)高原方面へも路線バスが出ている。
     
         
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム北端(北小谷寄り)から、下り糸魚川・北小谷方面を見る。
島式ホーム左側は横取り線であり、ホーム先にて車止めされている。
 
   
     
   
   
      当駅より北側はJR西日本の管轄となるため、
駅名標のデザインもJR西日本仕様となる。
     
         
   
   
   
   
   
   
   
   
  駅舎前(駅舎は右手)より、北側を見る。
周囲は小さな集落になっており、数軒の商店がある。
 
   
     
     
        駅前通り(長野県道114号川尻小谷糸魚川線)にて南側を見る。
左手のバス停の奥が駅舎である。
       
           

 

 

 

 

           
         
駅名  北小谷(きたおたり)
駅構造
 単式ホーム11線の地上駅。
 盛土式ホームの両端に桁式ホームを増設。
駅舎
 東口に木造の地上駅舎。
 (駅出入口は東口のみ)
駅前広場  大きな駅前広場を有する。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : 閉鎖されている。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  あり(改札外:男女共用)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。
 自動販売機 : なし。

連絡通路

 なし。

乗車人員  3人/日(2013年度平均)。
 4人/日(2012年度平均)。
管轄
 西日本旅客鉄道 金沢支社。
管理
 北陸広域鉄道部。
発着列車  上り 南小谷行き 7本/日
 下り 糸魚川行き 7本/日
主な歴史

 1957年(昭和32年)815
  日本国有鉄道大糸線の北小谷駅として
  開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  西日本旅客鉄道の駅となる。

所在地
 長野県北安曇郡小谷村
         大字北小谷字向平4321
接続バス  駅前通りに『北小谷駅』停留所が置かれ、
 小谷村村営バスの北小谷線が運行して
 いる。4往復/日程度の運行がある。
駅周囲
その他
 周囲は山地が迫る姫川の谷部であり、
 駅を中心に数軒の民家がある。
 また、『小谷村社会就労センター北小谷
 事務所』が駅に隣接して建てられている。
   
   
   
   
20165月 撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      北小谷駅駅舎。
古い木造駅舎である。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  壁面の建物財産標。  古くてわかりにくいが、
『鉄 駅本屋 03-2007号 昭和21月』 とある。
駅開業は昭和32年であり、駅舎はどこからかの移築であろうか?
       
     
     
     
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  きれいに管理された駅舎内。
旧出札窓口には駅ノートが置かれていた。
 
   
        ホーム中程より、下り糸魚川・平岩方面を見る。  ホーム先の
左カーブの向こうには、延長50m・下り25‰の下寺隧道がある。
     
         
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム北端(平岩寄り)の線路脇から、
ホーム全景と、上り南小谷・中土方面を見る
 
   
        ホーム北端(平岩寄り)から、下り糸魚川・平岩方面を見る。
ホーム端右手駅舎への階段がある。
     
         
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  ホーム北寄り(平岩寄り)から、上り南小谷・中土方面を見る。
ホームをオーバーパスしているのは、国道148号線の小谷大橋。
 
   
        ホーム北端(平岩寄り)から、駅舎を見る
     
         
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  ホーム南端(中土寄り)から、上り南小谷・中土方面を見る。
かつては交換設備があったらしく、右手に路盤が残っている。
   
     
        国道148号線沿いに、『道の駅小谷』があり、日帰り温泉『深山の湯』
が開設されている。 駅から北へ徒歩10分程である。
     
         
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅舎を左手に、駅前広場を見る。  撮影立ち位置後方には、
『小谷村社会就労センター北小谷事務所』が建っている。
   
     
           
         
         
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅前を通る『千国街道』より駅方向を見る。
右手の平坦な部分が駅前広場である。
この坂を上がると、国道148号線の小谷大橋東端に出る。
また写っていないが、写真左手奥に小谷町営バスの『北小谷駅』
停留所がある。
   
     
      国道148号線の小谷大橋東端より、北小谷駅を俯瞰する。
駅舎は手前の『小谷村社会就労センター』に隠れて見えないが・・・
尚、撮影立ち位置より駅前に向かって細い階段が延びている。
     
       

 

 

 




           
         
駅名  平岩(ひらいわ)
駅構造
 島式ホーム11線の地上駅。
 ホーム駅舎側の1線は廃されている。
駅舎
 西口に地上駅舎。
 (駅出入口は西口のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : 閉鎖されている。
 券売機 :
なし。

改札  なし。
トイレ  あり(改札外:男女共用)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。
 自動販売機 : なし。
 (駅前商店に飲料・たばこの自販機あり)

連絡通路

 駅舎内通路、
 構内踏切(遮断機:なし、警報機:なし)

乗車人員  5人/日(2014年度平均)。
 6人/日(2013年度平均)。
管轄
 西日本旅客鉄道 金沢支社。
管理
 北陸広域鉄道部。
発着列車  上り 南小谷行き 7本/日
 下り 糸魚川行き 9本/日
 糸魚川発の上り列車で、
 当駅止まり 2本/日あり。
主な歴史

 1957年(昭和32年)815
  日本国有鉄道大糸線の平岩駅として
  開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、
  西日本旅客鉄道の駅となる。
 2002年(平成14年)323
  無人駅化。

所在地
 新潟県糸魚川市大字大所字平岩829
接続バス  駅前通りに『平岩駅前』停留所が置かれ、
 糸魚川バスの白馬線が運行している。

 また駅北側の姫川温泉に『姫川温泉』
 停留所があり、小谷村村営バスの
 北小谷線の運行がある。バス停は駅から
 徒歩7分程離れている。
駅周囲
その他
 駅を中心に小さな集落が形成されている。
   
   
   
   
20165月 撮影    
       
       
       
       
       
       
       
      平岩駅駅舎。  入口階段右側の旧駅事務室は
貸与しているらしく、一般の方がが住んでいるようだ。
 
       
         
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  駅舎内の様子。 写真右手奥にベンチが置かれている。
また出札窓口・小荷物窓口は閉鎖され、掲示スペースになっている。
     
       
         
       
       
       
       
         
     
     
   
   
   
   
   
  改札扉を出ると、左手にホームへの通路・階段がある。
尚、駅舎はホームより低い位置にある。
 
   
     
   
   
   
   
      ホーム中程より、下り糸魚川・小滝方面を見る。
右手の保線系の詰所?は現在使われていないようだ。
     
         
   
   
   
   
   
  ホーム北端(小滝寄り)から、ホーム全景・構内踏切と
上り南小谷・北小谷方面を見る。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
      ホーム中程より、下り糸魚川・小滝方面を見る。
列車接近表示板が設置されているがJR東日本では見かけない形だ。
     
         
  ホーム中程より、上り南小谷・北小谷方面を見る。
ホーム駅舎側(右側)の1線は廃されている。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
      ホーム北端(小滝寄り)から、下り糸魚川・小滝方面を見る。
交換設備は廃されているが、当駅止まり・折り返しの列車が
設定されているためか、出発信号機が残されている。
     
     
  ホーム南端(北小谷寄り)から、上り南小谷・北小谷方面を見る。    
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      国道148号線沿いに、『道の駅小谷』があり、日帰り温泉『深山の湯』
が開設されている。 駅から北へ徒歩10分程である。
     
         
  駅前より南側を見る。(駅舎は左手)
駅前通りは、新潟県道375号平岩停車場蒲原線。
   
     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
        駅舎(右手)前より駅前広場を見る。
正面の建物は、糸魚川バス平岩案内所。
       
           

 

 

 

 

 


小滝駅へ

 

HOME駅のある風景甲信越大糸線(駅一覧) > 大糸線 G