駅のある風景 北海道旅客鉄道 函館本線 L  : 廃・大浜中仮乗降場、蘭島駅、塩谷駅、小樽駅、南小樽駅
HOME駅のある風景北海道函館本線(駅一覧) > 函館本線 L
北  海  道
     
函  館  ⇔  旭  川
北海道旅客鉄道 函館本線(はこだてほんせん)

 
駅一覧へ





               
       
駅名  大浜中(おおはまなか)
駅構造
 −
駅舎
 −
駅前広場  −
管理形態
 −
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −
 券売機 : −

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −。  自動販売機 : −。

連絡通路
 −
乗車人員  −
管轄
 日本国有鉄道。
所属路線  函館本線。
管理
 余市駅と思われる。
発着列車  −
主な歴史

 1951年(昭和26年)715
  日本国有鉄道の大浜中仮乗降場として開業。
 
1951年(昭和26年)811
  廃止。

所在地
 北海道余市郡余市町栄町17付近?
接続バス  −
駅周囲
その他
 1シーズンのみの海水浴場の臨時駅と
 思われるが、情報が殆どない。
 場所は現在の浜中踏切東側と推測するが、
 詳細不明。
 
 
 
 
   
   
     
     
     
     
      すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
     
     
       
       
           
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
         





               
       
駅名  蘭島(らんしま)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 簡易委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : あり(7:0017:30
 券売機 : −

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −。  自動販売機 : −。

連絡通路
 構内跨線橋。
乗車人員  28人/日(2013年度平均)。
 27人/日(2012年度平均)。
管轄
 北海道旅客鉄道 本社。
所属路線  函館本線。
管理
 小樽駅。
発着列車  −
主な歴史

 1902年(明治35年)1210
  蘭島駅(らんしまえき)として開業。 一般駅。
 1904年(明治37年)1015
  忍路駅(おしょろえき)に改称。
 1905年(明治38年)1215
  蘭島駅に再改称。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 1974年(昭和49年)95
  貨物取扱い廃止。
 1982年(昭和57年)31
  荷物取扱い廃止と同時に簡易委託駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

所在地
 北海道小樽市蘭島1丁目24-1
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
 
 
 
 
   
   
     
     
     
     
      すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
     
       
       
       
           
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
         






               
       
駅名  塩谷(しおや)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
駅前広場  −
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −
 券売機 : −

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −。  自動販売機 : −。

連絡通路
 構内跨線橋。
乗車人員  38人/日(2013年度平均)。
 33人/日(2012年度平均)。
管轄
 北海道旅客鉄道 本社。
所属路線  函館本線。
管理
 小樽駅。
発着列車  −
主な歴史

 1903年(明治36年)628
  北海道鉄道の塩谷駅として開業。 一般駅。
 
1907年(明治40年)71
  北海道鉄道の国有化に伴い、
  国有鉄道(逓信省帝国鉄道庁)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 1982年(昭和57年)1115
  貨物取扱い廃止。
 1984年(昭和59年)21
  荷物取扱い廃止。
 1984年(昭和59年)331
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

所在地
 北海道小樽市塩谷2丁目43-1
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
 
 
 
 
   
   
     
     
     
     
      すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
     
       
       
       
           
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
         





               
       
駅名  小樽(おたる)
駅構造
 島式ホーム24線の地上駅。
駅舎
 RC造の地上駅舎。
駅前広場  ロータリーあり。
管理形態
 社員配置。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(5:3022:45
 券売機 : あり。
 旅行センター小樽支店(10:0018:00

改札  自動改札機(4通路)、有人改札(1通路)
トイレ  改札内(1ヶ所)、改札外(1ヶ所)
駅内店舗

 有人店舗 : KIOSK、飲食店、土産物店、他。
 自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 構内地下通路。
乗車人員  8,770人/日(2005年度平均)。
 8,910人/日(2004年度平均)。
管轄
 北海道旅客鉄道 本社。
所属路線  函館本線。
管理
 小樽駅。
発着列車  −
主な歴史

 1903年(明治36年)628
  北海道鉄道の小樽中央駅として開業。一般駅。
 1903年(明治36年)71
  稲穂駅に改称。
 1904年(明治37年)1015
  高島駅に改称。
 1905年(明治38年)1215
  中央小樽駅に改称。
 
1907年(明治40年)71
  北海道鉄道の国有化に伴い、
  国有鉄道(逓信省帝国鉄道庁)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 1920年(大正9年)715
  小樽駅に改称。
 1964年(昭和39年)101
  貨物取扱い廃止。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

所在地
 北海道小樽市稲穂2丁目22-15
接続バス  駅前に北海道中央バス、ニセコバスおよび
 ジェイ・アール北海道バスのバスターミナル
 がある。
 また駅前の道路沿いにもバス停があり、
 国道5号沿いは「小樽駅前」、中央通沿いは
 「小樽駅前通」となっている。
 道内各都市および市内に多数の便がある。
駅周囲
その他
 駅は小樽市の中心部に位置し多くの人で
 賑わっている。
 観光客も多く、小樽運河までは駅前を真っ直ぐ
 700m程である。
 北海道新幹線の新小樽駅の建設が予定されて
 おり、現在の小樽駅より4km程山側に設置の
 予定らしい。
 
 
 
 
20069月撮影  
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      小樽駅。
駅前にはバスターミナルやタクシープールがあり混雑している。
     
           
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
         






   
路線廃止のご案内
日本国有鉄道  手宮線
南小樽 ⇔ 手宮
         
 
         
20119月撮影  
駅名  南小樽(みなみおたる)
駅構造
 盛土式島ホーム12線の地上駅。
駅舎
 S造の地上駅舎。
駅前広場  ロータリーあり。
管理形態
 業務委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(5:300:30
 券売機 : ボタン式(2台)

改札  自動改札機(1通路)、有人改札(1通路)。
トイレ  あり。(改札外)
駅内店舗

 有人店舗 : コンビニ。
 自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 構内跨線橋。
乗車人員  1,706人/日(2010年度平均)。
 1,764人/日(2009年度平均)。
管轄
 北海道旅客鉄道 本社。
所属路線  函館本線。
管理
 小樽駅。
発着列車  下り 札幌方面 79本/日 : 2番のりば
 上り 小樽方面 76本/日 : 1番のりば
 の発車があり、快速いしかりライナーと
 快速エアポートおよび普通列車が停車する。
主な歴史

 1880年(明治13年)1128
   官営幌内鉄道の開運町駅として開業。一般駅。
 1881年(明治14年)522
  住吉駅に改称。
 1889年(明治22年)1211
  北海道炭礦鉄道に移管。
 1903年(明治36年)61
  小樽駅に改称。
 
1906年(明治39年)101
  北海道炭礦鉄道の路線国有化に伴い、
  国有鉄道(逓信省鉄道作業局)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線および手宮線の駅となる。
 1920年(大正9年)615
  南小樽駅に改称。
 1965年(昭和40年)101
  貨物扱い廃止。
 1974年(昭和49年)101
  荷物扱い廃止。
 1985年(昭和60年)115
  手宮線廃止。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

所在地
 北海道小樽市住吉町10-7
接続バス  【南小樽駅前】停留所 : 駅前
  運行 : 北海道中央バス
  ・16奥沢線
駅周囲
その他
 かつては当駅より手宮線が分岐しており、
 現在でも駅舎とホームの間には廃線跡が
 見られる。
 駅舎は改修を重ねられた古いものであるが、
 同様に跨線橋もかなり年季の入ったものが
 使用されている。
 尚、駅舎にはコンビニが同居している。
 列車は昼間でも上下線とも1015分間隔で
 発着があり、利用者も多い。
 駅前にはタクシーのりばや一般車の送迎駐車
 スペースがある。
 周囲は小樽の市街地であり、学校や市立病院
 も至近である。
 立地条件や建造物等に歴史を感じる印象的な
 駅である。
   
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      南小樽駅駅舎。
左半分が駅本屋、右半分がコンビニになっている。
尚、駅前広場は駅舎側が低い傾斜地になっている。
     
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  駅舎内の様子。
写真正面にみどりの窓口。左に自動改札機。
右に自動券売機、その右の扉はコンビニへの出入口になっている。
   
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  一般道の量徳橋から函館・小樽方面を見る。
路盤は丘陵部を切り通して開かれており、
駅舎はホームより高い位置に建てられている。
   
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
   
   
   
   
  ホームの札幌寄り(東南端)から、函館・小樽方面を見る。
上り1番のりばに13:42発小樽行き区間快速エアポート125号が到着した。
車両は、JR北海道731系交流電車で、キハ201形気動車と併結し、
電車と気動車の協調運転が可能な車両である。
 
   
   
     
     
   
   
   
   
    跨線橋階段付近より、下り札幌・小樽築港方面を見る。
廃レールを使用した上屋も年代物のようだ。
ホームは1番のりばが上り函館・小樽方面、
駅舎側の2番のりばが下り札幌・新千歳空港方面になっている。
   
   
     
   
   
   
   
   
     
     
   
   
   
   
   
   
    ホーム東南端より、下り札幌・小樽築港方面を見る。
ホーム先の一般踏切のあたりから、左の空きスペースの部分に
旧手宮線が分岐していたと思われる。
   
     
     
     
     
     
  駅前の様子。 写真左奥が駅舎になる。
駅前ロータリーがそれほど広くないため、
路線バスの停留所は道路上に設置されている。
   
     
       

 

 

 

 


小樽築港駅へ

駅一覧へ

HOME駅のある風景北海道函館本線(駅一覧) > 函館本線 L