HOME駅のある風景全国廃線駅 > 手宮線(駅一覧)
北海道
鉄道事業者
日本国有鉄道
路線名
手宮線
区間
南小樽 ⇔ 手宮
営業キロ
2.8km
電化/非電化

全線非電化

単線/複線
全線単線
(一時期全線複線となるも、戦時中の
鉄の供出のため再度単線化)
路線情報

 1880年(明治13年)1128日 開業
 1985
年(昭和60年)115日 廃線。

路線名
駅名
駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
廃線時
管理形態
廃線時 接続路線
単線

複線
電化

非電化
廃線時 所在地
手宮線
 南小樽 - 0 有人  北海道旅客鉄道:函館本線 単線 非電化 北海道  小樽市住吉町10
 色内仮乗降場 1.1 1.1    小樽市色内1丁目9
 手宮 1.7 2.8 有人    小樽市手宮1丁目
北海道炭礦鉄道
 (貨)桟橋 -0.7 -0.7    小樽市手宮1丁目

1880年(明治13年)18日 、手宮から着工した鉄道工事は、同年1128日札幌まで開通。
北海道で最初、日本では新橋・横浜、大阪・神戸に次いで三番目の鉄道がここから始まりました。
北海道の鉄道がこの地から生まれたことを記念して1942年(昭和17年)手宮駅構内に起点標が建てられ、
1966年(昭和17年)、後世にに伝えるべき鉄道文化財として、旧国鉄により準鉄道記念物に指定され、
JR北海道に引き継がれました。
この起点標の中心点が北海道における鉄道起点(ゼロマイル・ポイント)となります。
起点標の左側に設置された案内板の全文。
北海道鉄道開通起点標。  準鉄道記念物 指定第6
(旧手宮駅跡地に建造された小樽市総合博物館にて)
HOME駅のある風景全国廃線駅 > 手宮線(駅一覧)
1985年(昭和60年)115日 路線廃止
 日本国有鉄道 手宮線 : 南小樽駅、色内仮乗降場、手宮駅、桟橋駅