高ボッチ高原 】


今回の出発地は 『みどり湖』である。

ちょっと聞き慣れない名前の湖は

長野県塩尻市に位置する小さな湖で、

灌漑用に造られた人口のため池である。

信濃川水系田川を堰き止めたアースダム(土堤ダム)で

規模は小さいが、いちおうダム湖の部類に入るそうだ。

水芭蕉の群生地としても知られ、近隣に温泉やレク施設等も

あるため、現在ではちょっとした観光地になっている。

HOME Drive > 高ボッチ高原


みどり湖からR20へ出て上り線を岡谷方面に少し走り、

『←高ボッチ高原』の道路標識に従って左折する。

信号もなく、特に目印もないので、標識だけが頼りだ。


この分岐部にはちょっとしたスペースがあり、曲がり角には

【高ボッチ高原】の大きな看板がある。

更にその奥には東山公民館と東山体育館がある。

ただし、R20からはわかりにくい

日程 : 2011 53日(火) 曇り

行程 : みどり湖(一般道、R20、旧中山道) ⇒ 塩嶺御野立公園(旧中山道、高ボッチスカイライン) ⇒ 高ボッチ高原(鉢伏林道) 
      ⇒ 鉢伏山(鉢伏林道) ⇒ 崖の湯温泉
 


R20を左折してすぐ道はT字路になり、ここを右折する。

高ボッチ高原までは分岐も少なく、標識も完備されているため

迷うことはないだろう。

 


旧中山道は塩尻峠に向かい、ゆるやかに高度を上げていく。

道幅は平均して1.5車線程度あり、割りと走りやすい。


昔は登山道のような細い道だったと思われ、

塩尻宿も近いため旅人の往来も多かったに違いない。


 

R20から、『高ボッチ高原』の標識に従って左折。
高ボッチ高原の看板と東山公民館がある。

【鉢伏山荘】。
周囲には所々雪が残っている。  
【柿沢茶屋本陣】前の旧中山道。 
この先、峠までは急な上りとなる。
展望台からは諏訪湖と岡谷市街を一望できる。
今日は天気がイマイチ。
眺望のきかない林道を進む。


やがて、『これより高ボッチ高原』の道標が現れる。

八ヶ岳中信高原国定公園とある。

山梨県から長野県にかけて、

蓼科高原や美ヶ原高原一体をそう呼ぶらしい。


やがて【鉢伏山荘】が見えて来た。

【林道鉢伏線】もここで行き止まりである。

高ボッチ高原への山岳ドライブの醍醐味は

やはりこの【林道鉢伏線】の魅力によるところが大きい。

湖畔は『水芭蕉公園』になっており
散策する人も多いようだ。
分岐点にある『中山道』の案内看板。
【塩尻峠】へ向かう旧中山道。
【柿沢茶屋本陣】前にある【明治天皇塩尻嶺御膳水】の碑。
奥に古井戸がある。
先ほどの分岐点に戻ってきた。
今度はここを左方面へ進む。
『これより高ボッチ高原』の道標。
木製の古びた案内図が歴史を感じさせる。
『崖の湯温泉』と『鉢伏山』への分岐。
撮影立ち位置後方が『高ボッチ高原』


最終的には左の『崖の湯温泉』方面に向かうが、

その前に『鉢伏山』に寄っていくことにする。

この道は鉢伏山(鉢伏山荘)にて行き止まりの

ピストンコースである。


尚、高ボッチ温泉、崖の湯温泉へはバス等の公共交通機関がなく、

タクシーや自家用車でのアクセスとなる。

 

さあ、今回の旅もここで終了。

松本市内へ出て帰路につくことにする。

HOME Drive > 高ボッチ高原


少し行くと、道は二手に分かれる。

あまり目立たないが、ここにもしっかり標識があった。

左へ【高ボッチ高原 8km 】、直進で【塩尻峠 1km 】とある。

尚、塩尻峠方面は『旧中山道』と書いてある。

ちょっと興味がわき、予定外であるが旧中山道を経由し

塩尻峠に寄っていくことにする。


ほどなく【塩尻峠】に着く。

峠には【富士浅間神社】(ふじせんげんじんじゃ)と

【塩嶺御野立公園】(えんれいおのだちこうえん)があり、

街道歩きの人達がチラホラ見られる。

駐車場もあるが、クルマで訪れる人は少ないようである。


塩尻峠は、四季の花を楽しんだり野鳥観察ができる

自然公園として名所になっている。

また、中央分水嶺でもあり、ここに降る雨は、南は天竜川に

流れて太平洋へ、北は信濃川を流れて日本海へと注ぐ。

『ホテル鳴神』への小径。 宿へのイメージは良い。

長野県塩尻市から松本市へ

山岳ドライブを楽しんで来た。

左へ【高ボッチ高原】、直進で【塩尻峠】
直進方面は『旧中山道』である。
峠への途中に残る【柿沢茶屋本陣】。
大名や旅人の休息所として使われたとある。

途中、【茶屋本陣】と書かれた旧跡があった。

現在は民家で人も住んでいるようである

後から調べると、地名より 【柿沢茶屋本陣】というらしい。

急峻な塩尻峠越えのための休息所とのことだ。

道幅は1車線しかなく見学用の駐車スペースもない。

交通量は少ないが、無余地駐車となるため、写真のみ撮って

そそくさと出発する。


尚、ここから【高ボッチ高原】方面へは、

『林道塩嶺高ボッチ山線』が延びており、高ボッチ高原へ

完抜しているようだが、地図上では途中から点線になっており、

クルマで抜けられる確証がないため、

先ほどの分岐点まで旧中山道を戻ることにする。

 


1kmほど旧中山道を戻り、先ほどの分岐点に到着。

今度は高ボッチ高原方面へ右折する。

(左の写真では左方向になる)


林道(高ボッチスカイライン)は高ボッチ高原へ向けて

高度を上げていく。(正式には塩尻市道片岡線というらしい)

道幅は1.5車線程度で、舗装の状態も良好で走りやすい。


尚、右写真は『五百渡(いおと)』という所らしく、

現塩尻市大宮にある阿禮(あれい)神社旧跡らしい。

石碑があるが、詳細はよくわからない。


途中、崖の湯方面への林道片岡線を分けると、

開けた高原に出る。

『高ボッチ高原』である。


ここは高原の南端にあたり、草競馬場がある。

毎年8月の第一土曜日には観光草競馬大会が

開かれるそうだ。

駐車場もかなり大きなものがあるが、イベント開催時以外は

土産物店や食堂もなく普段はひっそりとしている。

(トイレはあります)

高ボッチ高原の石碑が見えてきた。
高ボッチ高原草競馬場。
馬場はダートであり、内ラチはない。


【高ボッチ牧場】

塩尻市が民間に貸与している高原牧場で、観光牧場ではない。

5月〜10月まで広い高原牧場でホルスタインの放牧を行い、

乳牛がストレスなく過ごせることを目的とするそうだ。

標高1,600mとのこと。

【高ボッチ牧場】。 観光牧場ではない


高ボッチ牧場の北側に第2駐車場(展望駐車場)がある。

1,665mの高ボッチ山頂へはここに駐車して

徒歩10分弱とのことだ。

今日は曇りで眺望がきかないため、

登頂はまたの機会にする。


尚、夜は満天の星空が魅力とのことだ。


ここには電波塔と売店がある。(飲料の自販機あり)

高ボッチスカイライン自体が冬季閉鎖されるらしく、

この売店も冬季は閉鎖されるようだ。

(冬季に訪れるのは雪山ハイカーくらいか)

尚、この2駐車場からは『ひょうたん池』や

『高ボッチ山荘』方面への登山道が延びている。


さらに北進すると、 崖の湯温泉への分岐点に出る。

ここも駐車広場になっており、右手の小高い丘へ

『みはらしコース』の小径が延びている。

ここは既に松本市になるようだ。


道を直進すると、林道鉢伏線経由鉢伏山。

左へ高ボッチスカイライン経由崖の湯温泉である。


【林道鉢伏線】

分岐点からは左の写真のような眺望のきかない道が続くが、

ほどなく眺望の良い高原林道となる。

ただし、路側帯が少なく、対向車には気を遣う。


眺望は良いのだが、「ここでクルマを停めて写真を撮りたい」

というところに駐車帯がないため、ゆっくり写真を撮ることが

出来ないのが残念だ。

まあ交通量はほとんどなく、少しぐらい停めても

問題ないだろうが・・・


【林道鉢伏線】の終点にはUターンスペースがない。

林道終点の突き当たりは道なりに右折するしかなく、

道はそのまま鉢伏山荘の駐車場に導かれるようになっている。

鉢伏山荘の駐車場は有料(普通車500円)である。

まあUターンくらいはさせてくれると思うが、

一応駐車場の手前でなんとかターンする。


前述したが、 【林道鉢伏線】はピストン林道である。

同じ道を戻り、先ほどの分岐点に到着。

今度は崖の湯温泉方面へ右ターンする。

(左の写真では左方向になる)

【鉢伏山荘】入口。
奥が有料駐車場になっている。
先ほどの分岐点に戻ってきた。
今度はここを左方面へ進む。
【崖の湯温泉】入口。


やがて温泉宿の看板が見えてくる。

看板には『ホテル鳴神』とあり、崖の湯温泉ではなく、

高ボッチ温泉と書いてある。

一軒宿のようだ。

源泉はひとつで、泉質は中性低張性冷鉱泉という

あまり聞き慣れない泉質で、泉温は11℃、

効能は神経痛、胃腸病、皮ふ病、婦人病などとのことだ。


【崖の湯温泉】

数軒の温泉旅館、ホテルがある。

明治時代に猟師が傷ついた猿が湯につかっているのを

見つけたのが始まりとされるそうだ。

泉質は硫酸塩泉、

効能は神経痛、婦人病、リウマチなどとのこと。

【林道鉢伏線】
鉢伏山へと高度を上げるに連れ、眺望が開けてくる。
塩尻峠にある 【富士浅間神社】。
明治天皇、昭和天皇が立ち寄られたとのことだ。
尚、直進方面が『林道塩嶺高ボッチ山線』となる。
『熊出没注意』の立て看板がある。
カーブミラーの左手が旧中山道塩尻方面、写真右奥が岡谷方面となる。
2駐車場(展望駐車場)にて撮影。
やはり天気がイマイチ。
『崖の湯温泉』への分岐点から
『鉢伏山』までは【林道鉢伏線】となる。
【崖の湯温泉】を過ぎると
松本の市街地が見えて来る。
崖の湯温泉へは林の中の道を下って行く。 その名の通り ”林道” そのものである。
(まあ林道は林の中の道ではなく、林業用道路の略であるが・・・)
尚、 交通量は非常に少ない。