関 東 ・ 東 北
東日本旅客鉄道 常磐線(じょうばんせん)
日暮里
NIPPORI
岩沼
IWANUMA
駅一覧へ
東 海
とうかい
佐和
大甕
駅一覧へ
 東日本旅客鉄道 常磐線 G : 勝田駅、佐和駅、東海駅、大甕駅、常陸多賀駅
未訪問
常陸多賀
ひたちたが
日立
大甕
未訪問
勝 田
かつた
佐和
未訪問
佐 和
さ わ
東海
勝田
乗換のご案内
ひたちなか海浜鉄道 湊線
勝田 ⇔ 阿字ヶ浦
未訪問
すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
大 甕
おおみか
東海
常陸多賀
20087月撮影
日 立 行
For  HITACHI
HOME駅のある風景関東東北常磐線(駅一覧) > 常磐線 G
駅名  勝田(かつた)
駅構造
 島式ホーム24線の地上駅。
 ひたちなか海浜鉄道湊線は1番線に発着し、
 ホームは、JR常磐線の2番線ホームの
 一部を切り欠いて設けられている。
 1番のりばと2番のりばとの間は柵で
 仕切られている。
駅舎
 橋上駅舎。
駅前広場  西口、東口共、ロータリーあり。
管理形態
 社員配置。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(5:0021:00
 券売機 :
指定席券売機、自動券売機。

改札  自動改札機設置。
 1番のりばには、ひたちなか海浜鉄道の
 中間改札口が設けられている。
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : KIOSK、コンビニ、飲食店他。
 自動販売機 : −

連絡通路

 東西自由通路、構内コンコース。

乗車人員  12,656人/日(2014年度平均)。
 12,516人/日(2013年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 水戸支社。
管理
 勝田駅。
発着列車  −
主な歴史

 1910年(明治43年)318
  国有鉄道(内閣鉄道院)常磐線の
  勝田駅として開業。
 1913年(大正2年)1225
  湊鉄道(茨城交通の前身)湊線が開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR東日本の
  駅となる。
 2011年(平成23年)311
  東北地方太平洋沖地震により、駅舎の
  天井が崩落、。駅閉鎖。
 2011年(平成23年)331
  JRの駅が営業再開。
 2011年(平成23年)73
  ひたちなか海浜鉄道の駅が営業再開。

所在地
 茨城県ひたちなか市勝田中央1-1
接続バス  −
駅周囲
その他
 ひたちなか市の代表駅で、旧・勝田市の
 中心部に位置する。
 3.11東日本大震災の被災駅である。
駅名  佐和(さわ)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 地上駅舎。
駅前広場  −
管理形態
 業務委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 :
指定席券売機、自動券売機。
 乗車駅証明書発行機。

改札  自動改札機設置。
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −、 自動販売機 : −

連絡通路

 構内跨線橋。

乗車人員  3,816人/日(2013年度平均)。
 3,606人/日(2012年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 水戸支社。
管理
 −
発着列車  −
主な歴史

 1897年(明治30年)225
  私鉄:日本鉄道(にっぽんてつどう)の
  佐和駅として開業。
 1906年(明治39年)111
  日本鉄道が国有化。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道(内閣鉄道院)常磐線の
  所属駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR東日本の
  駅となる。
 2013年(平成25年)71
  業務委託駅化。

所在地
 茨城県ひたちなか市大字高場574
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
駅名  東海(とうかい)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
駅舎
 橋上駅舎。
駅前広場  西口、東口共、ロータリーあり。
管理形態
 業務委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(5:1020:10
 券売機 :
指定席券売機、自動券売機。

改札  自動改札機設置。
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : NEWDAYS、 自動販売機 : −

連絡通路

 東西自由通路、構内コンコース。

乗車人員  4,615人/日(2013年度平均)。
 4,475人/日(2012年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 水戸支社。
管理
 −
発着列車  −
主な歴史

 1898年(明治31年)41
  私鉄:日本鉄道(にっぽんてつどう)の
  石神駅(いしがみえき)として開業。
 1906年(明治39年)111
  日本鉄道が国有化。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道(内閣鉄道院)常磐線の
  所属駅となる。
 1926年(大正15年)424
  村松軌道開業(石神駅 - 阿漕駅)
 1933年(昭和8年)215
  村松軌道廃止。
 1957年(昭和32年)41
  東海駅に改称。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR東日本の
  駅となる。
 2015年(平成27年)41
  業務委託駅化。

所在地
 茨城県那珂郡東海村舟石川駅西1-1-1
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
駅名  大甕(おおみか)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム11線、
 計22線の地上駅。
 (島式ホームの1線は廃され、のりばには
  フェンスが設けられている)
駅舎
 線路東側に地上駅舎。
駅前広場  小さな駅前広場があり、その東側の低い
 位置にロータリーがある。
管理形態
 業務委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(5:0521:15
 券売機 :
指定席券売機、自動券売機。

改札  自動改札機(5通路)、有人改札(1通路)。
トイレ  あり(改札内)
駅内店舗

 有人店舗 : NEWDAYS
 自動販売機 : 飲料。

連絡通路

 構内跨線橋。

乗車人員  9,412人/日(2014年度平均)。
 9,518人/日(2013年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 水戸支社。
管理
 −
発着列車  −
主な歴史

 1897年(明治30年)225
  私鉄:日本鉄道(にっぽんてつどう)
  海岸線の大甕駅として開業。
 1906年(明治39年)111
  日本鉄道が国有化。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道(内閣鉄道院)常磐線の
  所属駅となる。
 1928年(昭和3年)1227
  日立電鉄線開業。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR東日本の
  駅となる。
 2005年(平成17年)41
  日立電鉄線廃止。
 2015年(平成27年)41
  業務委託駅化。

所在地
 茨城県日立市大みか町二丁目23-10
接続バス  駅前ロータリーより
 ・大甕駅前停留所
  日立電鉄交通サービスにて
  各方面へ18系統。
 ・大甕駅停留所
  日立電鉄タクシーみなみ号。
駅周囲
その他
 駅周囲は市街地になっている。
 大甕の通常読みは『おおかめ』と
 思われるが、詳細不明。
 (興味のある方は調べて下さい)
 当サイトにて勝手にプチ難読駅に指定する。
駅名  常陸多賀(ひたちたが)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
駅舎
 線路北側に地上駅舎。
駅前広場  −
管理形態
 社員配置。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(5:1021:10
 券売機 :
指定席券売機、自動券売機。

改札  自動改札機。
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : NEWDAYS、 自動販売機 : −

連絡通路

 構内跨線橋。

乗車人員  6,990人/日(2014年度平均)。
 7,060人/日(2013年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 水戸支社。
管理
 常陸多賀。
発着列車  −
主な歴史

 1897年(明治30年)225
  私鉄:日本鉄道(にっぽんてつどう)の
  下孫駅(しもまごえき)として開業。
 1906年(明治39年)111
  日本鉄道が国有化。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道(内閣鉄道院)常磐線の
  所属駅となる。
 1939年(昭和14年)101
  常陸多賀駅に改称。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR東日本の
  駅となる。

所在地
 茨城県日立市多賀町一丁目1-1
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
HOME駅のある風景関東東北常磐線(駅一覧) > 常磐線 G
すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
大甕駅駅舎。
撮影立ち位置後方の低い位置に駅前ロータリーがあり、
階段とエスカレーターで連絡している。
水戸
路線廃止のご案内
村松軌道 村松軌道線
石神(現:東海) ⇔ 阿漕
路線廃止のご案内
日立電鉄 日立電鉄線
常北太田駅 ⇔ 鮎川
駅舎内、改札口の様子。
水 戸 行
For  MITO
駅南側より、駅全景と下りいわき・常陸多賀方面を見る。
写真左側のグリーンのフェンスの向こう側には
かつて、日立電鉄の島式ホームが存在した。
駅南側より、上り水戸・東海方面を見る。