関 東 ・ 東 北
東日本旅客鉄道 常磐線(じょうばんせん)
日暮里
NIPPORI
岩沼
IWANUMA
駅一覧へ
磐城太田
いわきおおた
小高
原ノ町
駅一覧へ
 東日本旅客鉄道 常磐線 M : 桃内駅、小高駅、磐城太田駅、原ノ町駅、鹿島駅
未訪問
鹿 島
かしま
日立木
原ノ町
未訪問
桃 内
ももうち
小高
未訪問
小 高
おだか
磐城太田
桃内
未訪問
すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
原ノ町
はらのまち
磐城太田
鹿島
20083月撮影
日立木駅へ
日 立 木  行
For  NITTAKI
HOME駅のある風景関東東北常磐線(駅一覧) > 常磐線 M
駅名  桃内(ももうち)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
駅舎
 −
駅前広場  −
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −
 券売機 :

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −
 自動販売機 : −

連絡通路

 構内跨線橋。

乗車人員  41人/日(2004年度平均)。
 36人/日(2003年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 水戸支社。
管理
 −
発着列車  代替バスが、竜田駅〜原ノ町駅間を
 2往復/日しているが、当駅は経由しない。
主な歴史

 1944年(昭和19年)215
  国有鉄道(運輸通信省鉄道総局)常磐線
  の桃内信号場として開設。
 1948年(昭和23年)810
  常設駅化され、桃内駅として開業。
 1976年(昭和51年)
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR東日本の
  駅となる。
 2011年(平成23年)311
  東日本大震災(福島第一原子力発電所
  事故)で被災。
  以来、営業休止中。

所在地
 福島県南相馬市小高区耳谷字桃内2
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
駅名  小高(おだか)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 地上駅舎。
駅前広場  −
管理形態
 業務委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(5:4019:40)。
 券売機 :
自動券売機。

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −、 自動販売機 : −

連絡通路

 構内跨線橋。

乗車人員  811人/日(2010年度平均)。
 821人/日(2009年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 水戸支社。
管理
 −
発着列車  代替バスが、竜田駅〜原ノ町駅間を
 2往復/日しているが、当駅は経由しない。
主な歴史

 1898年(明治31年)511
  私鉄:日本鉄道(にっぽんてつどう)の
  小高駅として開業。
 1906年(明治39年)111
  日本鉄道が国有化。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道(内閣鉄道院)常磐線の
  所属駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR東日本の
  駅となる。
 2011年(平成23年)311
  東日本大震災(福島第一原子力発電所
  事故)で被災。
  以来、営業休止中。

所在地
 福島県南相馬市小高区東町一丁目140
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
駅名  磐城太田(いわきおおた)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 −
駅前広場  −
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −、   券売機 :
 乗車駅証明書発行機。

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −
 自動販売機 : −

連絡通路

 構内跨線橋。

乗車人員  30人/日(2004年度平均)。
 38人/日(2003年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 水戸支社。
管理
 原ノ町駅。
発着列車  代替バスが、竜田駅〜原ノ町駅間を
 2往復/日しているが、当駅は経由しない。
主な歴史

 1898年(明治31年)511
  私鉄:日本鉄道(にっぽんてつどう)の
  高駅(たかえき)として開業。
 1898年(明治31年)121
  磐城太田駅に改称。
 1906年(明治39年)111
  日本鉄道が国有化。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道(内閣鉄道院)常磐線の
  所属駅となる。
 1976年(昭和51年)
  簡易委託駅化(駅前商店での販売)。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR東日本の
  駅となる。
 1993年(平成5年)
  簡易委託廃止、無人駅化。
 2011年(平成23年)311
  東日本大震災(福島第一原子力発電所
  事故)で被災。
  以来、営業休止中。

所在地
 福島県南相馬市原町区高字金井神1145
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
駅名  原ノ町(はらのまち)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
駅舎
 線路西側に地上駅舎。
駅前広場  西口 : 広場、 東口 : ロータリー
管理形態
 社員配置。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(5:1020:00
 券売機 : 指定席券売機、自動券売機。
 びゅうぷらざ。

改札  自動改札機。
トイレ  あり。
駅内店舗

 有人店舗 : −、  自動販売機 : 飲料。

連絡通路

 構内跨線橋、東西自由通路(歩道橋)。

乗車人員  1,851人/日(2007年度平均)。
 1,906人/日(2006年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 水戸支社。
管理
 原ノ町駅。
発着列車  −
主な歴史

 1898年(明治31年)43
  私鉄:日本鉄道(にっぽんてつどう)
  磐城線の原ノ町駅として開業。
 1906年(明治39年)111
  日本鉄道が国有化。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道(内閣鉄道院)常磐線の
  所属駅となる。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR東日本の
  駅となる。
 2011年(平成23年)311
  東日本大震災(福島第一原子力発電所
  事故)で被災。営業休止。
 2011年(平成23年)523
  当駅への代行バス乗り入れ開始。
 2011年(平成23年)1220
  当駅 - 相馬駅間で代行バスの運転終了。
 2011年(平成23年)1221
  当駅の営業および、当駅 - 相馬駅間で
  運転再開。
 2015年(平成27年)131
  当駅 - 竜田駅間で2往復/日の
  代行バス運行を開始。
  途中駅はすべて通過扱い。

所在地
 福島県南相馬市原町区旭町二丁目27-2
接続バス  <西口>
 ・『原ノ町駅』停留所(運行:東北アクセス)
   高速バス3路線。(福島、仙台方面他)

 ・『原町駅前』停留所
  運行:新常磐交通 路線バス1路線。
  運行:南相馬市(福島交通運行) 2路線。
 ・『原町』停留所
  運行:南相馬市(福島交通運行) 1路線。
 <東口>
 ・『原町駅東口』停留所
  運行:南相馬市(福島交通運行) 1路線。
駅周囲
その他
 駅名は 『はらのまち』 、地名は 『はらまち』。
 南相馬市の中心駅である。
駅名  鹿島(かしま)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 地上駅舎。
駅前広場  −
管理形態
 業務委託。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : あり
 券売機 :

改札  簡易Suica改札機。
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −、 自動販売機 : −

連絡通路

 構内跨線橋。

乗車人員  299人/日(2014年度平均)。
 313人/日(2013年度平均)。
管轄
 東日本旅客鉄道 水戸支社。
管理
 原ノ町駅。
発着列車  −
主な歴史

 1898年(明治31年)43
  私鉄:日本鉄道(にっぽんてつどう)の
  鹿島駅として開業。
 1906年(明治39年)111
  日本鉄道が国有化。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道(内閣鉄道院)常磐線の
  所属駅となる。
 1985年(昭和60年)314
  簡易委託駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR東日本の
  駅となる。
 2011年(平成23年)311
  東日本大震災により営業休止。
 2011年(平成23年)523
  代行バスの乗り入れ開始。
 2011年(平成23年)1220
  原ノ町駅 - 相馬駅間で代行バスの
  運転終了。
 2011年(平成23年)1221
  当駅の営業および
  原ノ町駅 - 相馬駅間で運転再開。

所在地
 福島県南相馬市
      鹿島区鹿島字御前ノ内13-7
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
HOME駅のある風景関東東北常磐線(駅一覧) > 常磐線 M
すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
原ノ町駅駅舎。
浪江
浪  江  行
For  NAMIE
改札前寄り構内を見る。
すみません!
所用のついでに急ぎ駅に立ち寄ったため、
プラットホーム等の写真がありません。
また、その内行って来ます。