北海道旅客鉄道 根室本線 I  : 厚内駅、直別駅尺別駅、音別駅、古瀬駅
HOME駅のある風景北海道根室本線(駅一覧)> 根室本線 I
北  海  道
     
滝  川  ⇔  根  室
北海道旅客鉄道 根室本線(ねむろほんせん)

 
駅一覧へ



 

               
       
駅名  厚内(あつない)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12
 計23線の地上駅。
駅舎
 地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −
 券売機 : −

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −。  自動販売機 : −

連絡通路
 構内跨線橋。
乗車人員  2人/日(2012年度)
管轄
 北海道旅客鉄道 釧路支社。
所属路線  根室本線。
管理
 浦幌駅。
発着列車  −
主な歴史

 1903年(明治36年)1225
  北海道官設鉄道の厚内駅として開業。
 1905年(明治38年)41
  国有鉄道(逓信省札幌鉄道作業局出張所)
  に編入。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。

 1992年(平成4年)41
  無人駅化。

所在地
 北海道十勝郡浦幌町字厚内。
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
 
 
   
     
     
     
     
      すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

 

 



               
       
駅名  直別(ちょくべつ)
駅構造
 相対式(盛土式)ホーム22線の地上駅。
駅舎
 木造の地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  あり。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 構内跨線橋。
乗車人員  1人/日(2012年度)
管轄
 北海道旅客鉄道 釧路支社。
所属路線  根室本線。
管理
 音別駅。
発着列車  上り 帯広・新得方面 6本/日 (2番のりば)
 下り 釧路行き 7本/日 (1番のりば)
主な歴史

 1907年(明治40年)1025
  国有鉄道逓信省帝国鉄道庁)根室本線の
  直別駅として開業。
 1971年(昭和46年)102
  貨物・荷物の取扱い廃止。簡易委託化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道へ継承。
 1992年(平成4年)41
  簡易委託廃止、完全無人駅化。

所在地
 北海道釧路市音別町直別。
接続バス  駅周囲5km以内にバス停はない
駅周囲
その他
 駅周囲は数軒の民家があるのみで、
 農地や牧草地が目立つ。
 
 
201611月撮影  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      直別駅舎。
正面に向かって左側が入口、右側にトイレ。
     
       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       
     
     
   
   
   
   
  2003年(平成15年)12月築の駅舎(待合室)内は狭い。
壁面には駅ノートが下げられている。
 
   
     
   
   
   
   
   
    構内跨線橋通路。
跨線橋は屋根のないタイプとなっている。
   
     
   
   
   
   
   
  上り2番のりば東端(尺別寄り)から、下り釧路・根室方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
    上り2番のりば東端(尺別寄り)から、上り帯広・新得方面を見る。
かつてこのホームは島式ホームで、左側に副本線があったとのこと。
   
     
   
   
   
   
   
  構内跨線橋通路より、下り釧路・根室方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
    構内跨線橋通路より、上り帯広・新得方面を見る。
   
     
   
   
   
   
   
  下り1番のりば西端(厚内寄り)から、下り釧路・根室方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
    上り2番のりば西端(厚内寄り)から、上り帯広・新得方面を見る。
   
     
   
   
   
   
   
  駅舎東側(尺別寄り)には、草に埋もれて旧貨物側線が残る。
かつては上屋のある貨物ホームが存在したようだ。
 
   
     
   
   
   
   
   
    駅舎前より、右手(東側)を見る。
正面に見える建物は廃屋となっている。
   
     
     
     
     
     
     
  駅舎前より駅前通り(広場)を見る。
トラックが走っているところが国道38号線(釧路国道)である。
   
     
       







       
路線廃止のご案内
雄別鉄道 尺別鉄道線
尺別 ⇔ 尺別炭山
         
 
         
201611月撮影  
駅名  尺別(しゃくべつ)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム11線、
 計22線の地上駅。
 盛土式ホームを有する。
駅舎
 地上駅舎。
駅前広場  なし。
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : なし。
 券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  あり。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。  自動販売機 : なし。

連絡通路
 構内跨線橋。
乗車人員  0人/日(2012年度)
管轄
 北海道旅客鉄道 釧路支社。
所属路線  根室本線。
管理
 音別駅。
発着列車  上り 帯広・新得方面 6本/日 (1番のりば)
 下り 釧路行き 7本/日 (2番のりば)
主な歴史

 1920年(大正9年)122
  北日本鉱業軽便運炭軌道(雄別炭礦尺別
  鉄道の前身)の尺別駅として開業。
 1920年(大正9年)41
  国有鉄道(内閣鉄道院)の尺別貨物駅開業。
 1930年(昭和5年)41
  旅客・荷物取扱い開始。
 1942年(昭和17年)113
  軽便運炭軌道を廃止、雄別炭礦尺別炭礦
  鉄道運転開始(旅客扱いは炭鉱関係者のみ)
 1961年(昭和36年)63
  尺別炭礦鉄道が尺別鉄道となり、一般旅客
  扱い及び国鉄との貨物連帯輸送開始。
 1970年(昭和45年)416
  雄別炭礦尺別鉄道線廃止。
 1971年(昭和46年)102
  貨物・荷物取扱い廃止。無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。

所在地
 北海道釧路市音別町尺別。
接続バス  駅周囲3km以内にバス停はない
駅周囲
その他
 民家が数軒あるのみで、商店や自販機は
 一切無い。
 1945年(昭和20年)に廃された転車台跡が
 googleマップにて確認できる。(駅西側)
   
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      尺別駅駅舎。
     
           
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
  待合室内はそこそこの広さがある。
壁面には駅ノートが下げられている。
   
     
       
     
     
     
     
     
     
     
       
       
       
   
   
   
  構内跨線橋通路より、上り帯広・新得方面を見る。
写真右手奥には、かつて転車台が存在した。
 
   
     
   
   
   
   
   
   
   
    構内跨線橋通路。
跨線橋は屋根のないタイプとなっている。
銘板には、竣工:昭和461229日とある。
   
   
       
   
   
  上り1番のりば駅舎前より、上り帯広・新得方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
    下り2番のりば跨線橋階段脇より、下り釧路・根室方面を見る。
   
       
   
   
  下り2番のりば中程より、上り帯広・新得方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
    構内跨線橋通路より、下り釧路・根室方面を見る。
   
       
   
   
  下り2番のりば北寄り(音別寄り)から、上り帯広・新得方面を見る。  
   
     
   
   
   
   
   
   
   
   
    3番のりば中程より、下り釧路・根室方面を見る。
既に線路は廃されている。
左手の草地には、かつて雄別炭礦尺別鉄道線が乗り入れていた。
   
   
       
   
     
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    下り2番のりば北寄り(音別寄り)から、下り釧路・根室方面を見る。
   
       
   
  構内跨線橋より駅前北側を見る。 数軒の民家が見える。
電柱の陰になっている小さな青い屋根の家は、映画【ハナミズキ】に
登場する紗枝(新垣結衣さん)の実家として撮影に使用されたとのこと。
現在も残され、案内看板が置かれている。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    駅舎前より南側(左手)を見る。
こちら側にある建物は殆どが廃墟になっている。
   
       
       
       
  駅舎前より北側(右手)を見る。
こちら側に僅かに民家がある。
     
       
         

 






               
       
駅名  音別(おんべつ)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 地上駅舎。
駅前広場  あり。
管理形態
 社員配置。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : みどりの窓口(8:1015:00
 券売機 : −

改札  有人改札。
トイレ  あり(改札外)。
駅内店舗

 有人店舗 : −。  自動販売機 : 飲料。

連絡通路
 構内踏切、南北自由通路(跨線橋)。
乗車人員  53人/日(2014年度)
管轄
 北海道旅客鉄道 釧路支社。
所属路線  根室本線。
管理
 音別駅。
発着列車  −
主な歴史

 1903年(明治36年)31
  北海道官設鉄道釧路線の音別駅として開業。
 1905年(明治38年)41
  国有鉄道(逓信省札幌鉄道作業局出張所)
  に編入。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道の駅となる。

所在地
 北海道釧路市音別町本町1丁目139番地。
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
 
 
   
     
     
     
     
      すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 






               
       
駅名  古瀬(ふるせ)
駅構造
 相対式ホーム22線の地上駅。
駅舎
 −
駅前広場  −
管理形態
 無人。
きっぷ
うりば

 出札窓口 : −
 券売機 : −

改札  なし。
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −。  自動販売機 : −。

連絡通路
 構内踏切。
乗車人員  0人/日(2012年度)
管轄
 北海道旅客鉄道 釧路支社。
所属路線  根室本線。
管理
 音別駅。
発着列車  −
主な歴史

 1954年(昭和29年)71
  日本国有鉄道の古瀬信号場として開設。
  仮乗降場併設にて係員配置。
 1971年(昭和46年)81
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化によりJR北海道に継承と
  同時に古瀬駅として常設駅化。

所在地
 北海道白糠郡白糠町和天別1856
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
 
 
   
     
     
     
     
      すみません! 未訪問です。
その内行って来ます。
     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

 




 

 


白糠駅へ

駅一覧へ

HOME駅のある風景北海道根室本線(駅一覧)> 根室本線 I