北海道
北海道旅客鉄道 函館本線(はこだてほんせん)
函館
HAKODATE
旭川
ASAHIKAWA
駅一覧へ
山 崎
やまさき
黒岩
鷲ノ巣
駅一覧へ
 HOME駅のある風景北海道函館本線(駅一覧) > 函館本線 G
山 越
やまこし
野田生
八雲
未訪問
黒 岩
くろいわ
山崎
北豊津
201505月撮影
八 雲
やくも
山越
鷲ノ巣
未訪問
鷲ノ巣
わしのす
八雲
山崎
201505月撮影
待合室と、上り1番のりばへの階段を見る。
ホームには方面表示やのりば番号表示はないが、
待合室内の発車時刻表に、手前のホームが1番のりば、
通路を渡った向かい側のホームが2番のりばと書かれている。
待合室前から構内踏切、2番のりばへ向かう通路。
201505月撮影
野田生 行
For  NODAOI
駅名  山越(やまこし)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム11線、
 22線の地上駅。
駅舎
 −
駅前広場  −
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : −。  自動券売機 : −。

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −。 自動販売機 : −。

連絡通路

 構内踏切。(警報機 : −、遮断機 : −)

乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 八雲駅。
発着列車  −
主な歴史

 1903年(明治36年)113
  北海道鉄道の山越内(やまこしない)駅
  として開業。
 1904年(明治37年)1015
  山越(やまこし)駅に改称。
 
1907年(明治40年)71
  北海道鉄道の国有化に伴い、国有鉄道
  (逓信省 帝国鉄道庁)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 1949年(昭和24年)61
  日本国有鉄道(国鉄)に継承。
 1986年(昭和61年)111
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

所在地
 北海道二海郡八雲町山越。
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
すみません! 未訪問です。
その内行ってきます。
駅名  黒岩(くろいわ)
駅構造
 単式ホーム11線、式ホーム11線、
 計22線の地上駅。
 
盛土式ホームを有し、島式ホームの
 駅舎側の
1は廃されている。
駅舎
 木造の地上駅舎。(待合室の機能のみ)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。  自動券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  あり。(待合室に併設。入口はホーム側)
 駅前広場にも公衆トイレあり。
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 構内踏切。(警報機 : あり、遮断機 : あり)

乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 八雲駅。
発着列車  下り旭川・北豊津方面7本/日(1番のりば)、
 上り函館・山崎方面7本/日(2番のりば)
 の発車があり、普通列車と快速アイリス
 (上りのみ1本/日)が停車する。
主な歴史

 1903年(明治36年)113
  北海道鉄道の黒岩駅として開業。
 
1907年(明治40年)71
  北海道鉄道の国有化に伴い、国有鉄道
  (逓信省 帝国鉄道庁)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 1949年(昭和24年)61
  日本国有鉄道(国鉄)に継承。
 1986年(昭和61年)111
  無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

所在地
 北海道二海郡八雲町黒岩。
接続バス  並行する国道5号線の駅入口付近に
 
函館バスの『黒岩駅前』停留所が置かれ、
 函館・長万部線が、函館バスセンターと
 長万部駅を4往復/日運行している。
駅周囲
その他
 線路東側を並行する国道5号線沿いに
 集落が形成されている。
黒岩駅駅舎。
1988年(昭和63年)12月に改築されたようで、
旧駅舎の基礎の一部を利用してに立てられている。。
すみません! 未訪問です。
その内行ってきます。
駅名  鷲ノ巣(わしのす)
駅構造
 相対式ホーム22の地上駅。
 (
盛土式・桁式混合の千鳥配置)
駅舎
 なし。(ホーム脇に木造の待合室を有する)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。  自動券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  あり。(待合室内)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 構内踏切。(警報機 : あり、遮断機 : あり)

乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 八雲駅。
発着列車  下り旭川・山崎方面7本/日、
 上り函館・八雲方面6本/日
 の発車があり、普通列車のみ停車する。
主な歴史

 1944年(昭和19年)91
  国有鉄道(運輸通信省 鉄道総局)
  函館本線の鷲ノ巣信号場として開設。
 1949年(昭和24年)61
  日本国有鉄道(国鉄)に継承。
 1949年(昭和24年)81
  鷲ノ巣仮乗降場となり、旅客扱い開始。
 1962年(昭和37年)930
  鷲ノ巣信号場に戻る。旅客扱い継続。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。
  同時に鷲ノ巣駅として常設駅化。
 2016年(平成28年)3
  利用者減少により、廃止予定。

所在地
 北海道二海郡八雲町花浦。
接続バス  駅から150m程離れた、北海道道1029
 花浦内浦線沿いに、函館バスの
 『鷲ノ巣信号所前』停留所が置かれ、
 函館・長万部線が4往復/日程度
 運行している。
駅周囲
その他
 駅周囲に民家は少なく、
 駅から東へ国道5号線を越えた海沿いに
 小さな集落がが形成されている。
 駅から集落までは500m程である。
鷲ノ巣駅待合室。
質素な造りである。
駅名  山崎(やまさき)
駅構造
 単式ホーム11線、式ホーム12線、
 計23線の地上駅。
 
盛土式ホームを有する。
駅舎
 なし。(ホーム入口脇に待合室を有する)
駅前広場  あり。
管理形態
 無人。
きっぷうりば

 出札窓口 : なし。  自動券売機 : なし。

改札  なし。
トイレ  あり。(別棟)
駅内店舗

 有人店舗 : なし。 自動販売機 : なし。

連絡通路

 構内踏切。(警報機 : あり、遮断機 : あり)

乗車人員  −
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 八雲駅。
発着列車  下り旭川・黒岩方面7本/日(12番のりば)、
 上り函館・鷲ノ巣方面7本/日(3番のりば)
 の発車があり、普通列車と快速アイリス
 (上りのみ1本/日)が停車する。
主な歴史

 1904年(明治37年)105
  北海道鉄道の山崎駅として開業。
 
1907年(明治40年)71
  北海道鉄道の国有化に伴い、国有鉄道
  (逓信省 帝国鉄道庁)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 1949年(昭和24年)61
  日本国有鉄道(国鉄)に継承。
 1986年(昭和61年)111
  簡易委託駅となり、無人駅化。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

 1992年(平成4年)41
  簡易委託廃止、完全無人化。

所在地
 北海道二海郡八雲町山崎。
接続バス  並行する国道5号線の駅入口付近に
 
函館バスの『山崎駅前』停留所が置かれ、
 函館・長万部線が、函館バスセンターと
 長万部駅を4往復/日運行している。
駅周囲
その他
 線路東側に八雲(山崎)漁港があり、
 漁港付近に小さな集落がある。
 ただし、駅の玄関口は国道側の西口で
 あり、東口はない。
山崎駅待合室。
ホーム脇に立てられている。
非舗装の駅前広場。
右手が待合室、左手がトイレ。
下り2番のりば南端(鷲ノ巣寄り)から、下り旭川・黒岩方面を見る。
下り列車は基本的に1番のりばに発着する。
2番乗りばに発着する列車は、7:29発長万部行き1本のみである。
下り1番のりば待合室前付近より、下り旭川・黒岩方面を見る。
ホームには方面表示やのりば番号表示はないが、
待合室内の発車時刻表に、手前のホームが1番のりば、
通路を渡った向かい側のホームが23番のりばと書かれている。
HOME駅のある風景北海道函館本線(駅一覧) > 函館本線 F
待合室内。
駅舎は1987年(昭和62年)1月頃に待合室用に建て替えられたようで、
出改札窓口等はない。
 北海道旅客鉄道 函館本線山越駅八雲駅鷲の巣駅山崎駅黒岩駅
駅名  八雲(やくも)
駅構造
 単式ホーム11線、島式ホーム12線、
 22線の地上駅。
駅舎
 −
駅前広場  −
管理形態
 社員配置。
きっぷうりば

 出札窓口 : −。  自動券売機 : −。

改札  −
トイレ  −
駅内店舗

 有人店舗 : −。 自動販売機 : −。

連絡通路

 構内跨線橋。

乗車人員  275人/日(2010年度平均)。
 296人/日(2009年度平均)。
管轄
 北海道旅客鉄道 函館支社。
管理
 八雲駅。
発着列車  −
主な歴史

 1903年(明治36年)113
  北海道鉄道の八雲駅として開業。
 
1907年(明治40年)71
  北海道鉄道の国有化に伴い、国有鉄道
  (逓信省 帝国鉄道庁)に移管。
 1909年(明治42年)1012
  国有鉄道線路名称制定に伴い、
  函館本線の駅となる。
 1949年(昭和24年)61
  日本国有鉄道(国鉄)に継承。
 1987年(昭和62年)41
  国鉄分割民営化により、JR北海道へ継承。

所在地
 北海道二海郡八雲町本町125番地1
接続バス  −
駅周囲
その他
 −
駅舎は待合室内の機能のみ有する。
壁から駅ノートが下がっている。
島式ホーム中程より、構内踏切と駅舎を見る。
島式ホーム南端(山崎寄り)から、上り函館・山崎方面を見る。
この先、隣の山崎駅までは、複線である。
島式ホーム南端(山崎寄り)から、下り旭川・北豊津方面を見る。
線路が廃されたホームには、のりば番号は付与されていない。
下り1番のりば構内踏切付近より、下り旭川・北豊津方面を見る。
上り2番のりば北端(北豊津寄り)から、下り旭川・北豊津方面を見る。
この先、隣の北豊津駅までは、単線となる。
写真ではわかりにくいが、ホーム北端(蕨岱寄り)には、
駅東側への暗黙の小径が出来ている。
駅舎前より駅前広場を見る。
駐車車両のある当たりを左右(南北)に国道5号線が走っている。
尚、駅前広場左奥には、八雲町の公衆トイレとパークゴルフ場がある。
下り1番のりば北端(北豊津寄り)から、上り函館・山崎方面を見る。
国道5号線にて南側(函館方面)を見る。
信号を右手に入ると駅である。
郵便局や商店、民家が建ち並んでいる。
国道5号線にて北側(函館方面)を見る。
信号を左手に入ると駅である。
駅舎南側(山崎寄り)には、側線が1線残っている。
北海道道1029号花浦内浦線にて駅前通りを見る。
駅入口を示す標識はないが、かろうじてホームの一部が見える。
待合室内の様子。
ロングベンチには枕と毛布、
正面のトイレ脇には、予備のトイレットペーパー、ティッシュペーパー、
目覚まし時計、マグカップ、筆記用具用、その他が置かれている。
誰か生活しているのか?
上り1番のりば南端(八雲寄り)から、上り函館・八雲方面を見る。
当駅より森駅までは複線区間となっている。
構内踏切と2番のりばを見る。
警報機、遮断機が設置されている。
上り1番のりば北端(山崎寄り)から、上り函館・八雲方面を見る。
ホームは短い。
上り1番のりば南端(八雲寄り)から、下り旭川・山崎方面を見る。
当駅ホームの殆どは桁式ホームになっており、
撮影立ち位置部分は盛土式ホームになっている。
仮乗降場当時のホームはこの盛土部分のみで、
桁式部分は後に増設されたものと思われる。
下り2番のりば中程より、上り函館・八雲方面を見る。
上り1番のりば北端(山崎寄り)から、下り旭川・山崎方面を見る。
400m程先で国道5号線が線路をオーバーパスしている。
下り2番のりば北端(山崎寄り)から、下り旭川・山崎方面を見る。
当駅から次の山崎駅まで単線となる。
上り1番のりば昇降階段より、駅前通りを見る。
150m程で北海道道1029号花浦内浦線に突き当たるが、
途中に民家や倉庫等の建物はない。
北海道道1029号花浦内浦線にて南(八雲方面)を見る。
右側の補助柱のある電柱部分が、駅入口である。
たいへんわかりにくい。
北海道道1029号花浦内浦線にて北(山崎方面)を見る。
100m程で国道5号線に合流する。
路傍には函館バスの『鷲ノ巣信号所前』停留所が置かれている。
上り3番のりば南端(鷲ノ巣寄り)から、上り函館・鷲ノ巣方面を見る。
この先、鷲ノ巣駅までは単線となる。
下り1番のりば待合室前付近より、上り函館・鷲ノ巣方面を見る。
下り1番のりば北端(黒岩寄り)から、上り函館・鷲ノ巣方面を見る。
下り2番のりば北端(黒岩寄り)から、下り旭川・黒岩方面を見る。
黒岩駅までは複線となっている。
待合室前より、駅前広場を見る。
正面に黒っぽい車が右(北)へ走っているところが国道5号線である。
左手にある数台の駐車車両は、飲食店『キッチン・アウル』のもの。
国道5号線にて北側(長万部方面)を見る。
道路の横断歩道を右手に入ると山崎駅である。
国道5号線にて南側(函館方面)を見る。
道路の横断歩道を左手に入ると山崎駅。
また、道路左手の茶色い屋根の建物は、
函館バス『山崎駅前』停留所の函館方面の待合所である。
駅名標。
背景に海(内浦湾)が見える。
上り2番のりば中程から、上り函館・山崎方面を見る。