社員旅行便乗ツーリング 】


【奥多摩周遊道路】は久し振りに走ったけど、

相変わらずカッ飛んでくバイクが多いなぁ。 あぶないよ。


奥多摩湖で道を間違えて、小菅(こすげ)村に出てしまった。

まあ別に小菅村経由でもかまわないんでGOGO

お昼は丹波山(たばやま)村の村営【やまびこ庵】で手打ち蕎麦を食す。

本わさびが付いてきてなんかいい感じ。


【やまびこ庵】の周辺には丹波川(多摩川)が流れ、

管理釣場もあって、憩いの場になっている。

静かでいいところだよ。

ここは山梨県なんだけど、

同県のJR塩山(えんざん)駅方面へのバスはない。

その代わりに東京都のJR奥多摩駅行きのバスが出ている。

ここの生活は東京圏なんだろうな。


さあ、お腹も膨れたところで出発。

R411を西(塩山方面)へ向かう。

 


いつもは私が二日酔いで”ガーディアン”には迷惑をかけているので、

こういう時は付き添ってやらねばならない。

ホテルのロビーには横になる場所がないので、

喫茶ルームでコーヒーをたのみ横にならせてもらう。

チェックアウトの時間は過ぎているので、他に客もおらず、

迷惑にはならないだろう。

恥ずかしながら我が社にはいまだに社員旅行なるものが存在する。(私は管理職なので、強制参加です)

観光バスに乗っての団体行動が苦手な私は、身勝手にも別行動。

バイクで参加するのでした。 な〜に、ホテルに直行して夜の大宴会に間に合えばいいのさっ。

JR武蔵五日市駅 ⇒ 【つるつる温泉】 を結ぶバス 『青春号』
石和温泉・【ホテルふじ】に泊まりました。
日程
2004911日(土)〜12日(日)
天候
晴れ
行程
 JR武蔵五日市駅(都道33、奥多摩周遊道路) ⇒ 奥多摩湖(R411) ⇒ 丹波山村/やまびこ庵R411
 ⇒ 柳沢峠(R411) ⇒ 山梨市/ほったらかし温泉(R140) ⇒ 石和温泉/泊
 石和温泉R140 ⇒ 広瀬ダム(R140) ⇒ 雁坂トンネル(R158) ⇒ 大滝村(R140) ⇒ 秩父市(R299
 ⇒ 長老の庵(自宅)

2004 911日(土) 晴れ

JR武蔵五日市駅(都道33、奥多摩周遊道路) ⇒ 奥多摩湖(R411) ⇒ 丹波山村/やまびこ庵R411 ⇒ 柳沢峠(R411
⇒ 山梨市/ほったらかし温泉(R140) ⇒ 石和温泉/泊

2004 9 12日(日) 晴れ

石和温泉R140 ⇒ 広瀬ダム(R140) ⇒ 雁坂トンネル(R158) ⇒ 大滝村(R140) ⇒ 秩父市(R299) ⇒ 長老の庵(自宅)


『バイクで行こう!』 と声をかけたら、T君とH君が賛同してくれた。

ということで、集合場所は 【JR五日市線武蔵五日市駅】 11:00

10:30頃のほぼ同じ時刻に、”長老”とH君着。

少し遅れてT君着。

T君は友達のF君を連れてきた。

F君は我が社の社員ではないので、社員旅行には参加できないが、

日帰りツーをしたかったので、T君についてきたらしい。

まあツー仲間は多い方がいいや。

ってことで、いざ出発。


【柳沢峠】を越え、塩山市(現甲州市)から山梨市へ。

ここで、【笛吹川フルーツ公園】の奥にある

【ほったらかし温泉】に寄って行く。

土曜日だが、それほど激混みではなく、ほどよい人出だ。

この温泉は丘の上にあるので、山梨市や

石和(いさわ)温泉を一望できる素晴らしいロケーションである。

一度、夜に来て夜景を見ながら入浴したいと思うが、

なかなかタイミングが合わない。

さあ、もう17:00近い。 今日の宿泊地である石和温泉に向かおう。

初めて泊まる所なので、ホテルの場所も探さなくてはいけない。

F君とはここでお別れだ。

【栃本関跡】


なんとか昼くらいに”ガーディアン”が回復。

(と言ってもまだ結構つらそうだが・・・)

ゆっくり帰るという”ガーディアン”だが、なんとか運転はできそうだ。 

ってことで、今日はここで解散。 もう昼過ぎである。


帰り道はみんな中央道を使うみたいだが、高速はつまらないので、

私はR140を北上し、【雁坂トンネル】を抜けて秩父へ出ることにする。

日曜だが道は結構空いている。

まあこの【秩父往還】が混むことはないだろう。


宴会の翌朝はつらい。

なんとか起き出し朝食。

今日も良い天気である。

9:00に出発の観光バス組を見送って、バイク組はすこしマッタリ。

 

そうこうしている内に、”ガーディアン”が体調が悪いと言い出す。

”ガーディアン”は長老組とは別コースを使ってバイクで来ている。


有料の【雁坂トンネル】を抜けて【栃本関跡】で一休み。

この【秩父往還】は中山道と甲州街道の間道で

昔はけっこうな交通量があったらしい。

この【栃本関跡】も栃本宿という宿場にあり、

甲斐(山梨)方面へ向かう旅人は皆この宿場に泊まって

翌朝早立ちして雁坂峠を越えたのだという。


関所を作ったのは甲斐の”武田信玄”。

江戸時代になりこのあたりは幕府の天領になったらしい。

関東への『入り鉄砲と出女』を取り締まったと看板にあった。


さあ、もう14:00を過ぎた。

秩父市まではもう一息。

ボチボチと帰ろう。

 

 

【やまびこ庵】の手打ち蕎麦。
丹波山村丹波川周辺
【ほったらかし温泉】からの眺め。
社員旅行・バイク組の一部(みんなバラバラに止めてあるので・・・)
 HOMETouring > 社員旅行便乗ツーリング
HOMETouring > 社員旅行便乗ツーリング
バイク、ツーリング、山梨、埼玉、奥多摩湖、柳沢峠、ほったらかしの湯、石和温泉、広瀬ダム、雁坂トンネル